リンク

無料ブログはココログ

カテゴリー「美術展」の52件の記事

行きたい美術展まとめ(2020年7月)

Natsu

都内は不安な状況になりました。

美術館の中は混んでないですし、そもそも会話もしないのですが、ちょっと不安になってきた。
以前のように予定入れすぎず、のんびり見に行きたいです。

ナイトミュージアムの開催がほぼ無いのが地味に辛い。
金曜夜があれば、土日の混雑も緩和されるのでは?というのは素人考えか。

歌舞伎の四季
2020年06月05日~2020年09月22日
  伝統芸能情報館

所蔵資料展 お江戸のなんでもランキング2 めくるめく番付ワールド
2020年06月16日~2020年09月22日
  新宿歴史博物館

名所江戸百景
前期 2020年6月20日~2020年7月12日
後期 2020年7月18日~2020年8月16日
 川崎浮世絵ミュージアム

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 
2020年6月18日~2020年10月18日
 国立西洋美術館

静嘉堂の名宝―『美の競演』
2020年6月27日 ~ 2020年9月22日
 静嘉堂文庫美術館

きもの KIMONO
2020年6月30日~2020年8月23日
 東京国立博物館 平成館

大江戸歳事記
2020年6月30日 ~ 2020年8月30日
 すみだ北斎美術館

太田記念美術館コレクション展
2020年07月01日~2020年07月26日
 太田記念美術館

三菱創業150年 三菱の至宝展
2020年07月08日~2020年09月22日
  三菱一号館美術館

開館記念展Ⅰ 珠玉のコレクション?いのちの輝き・つくる喜び
2020年07月10日~2020年09月04日
  SOMPO美術館

館蔵品展 狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統に学ぼう
2020年07月11日~2020年08月10日
  板橋区立美術館

帰ってきた!どうぶつ大行進
2020年7月11日~2020年9月6日
千葉市美術館

おいしい浮世絵展
~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
2020年07月15日~2020年09月13日
森アーツセンターギャラリー

特別展「The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション」
2020年7月23日~2020年09月22日
 東京都美術館

並べたら凄い多いではないか。
7月はまずは上野に行きたいが、上野は人どのくらいなのだろう。

続けて地方なので見られないど、見たい展覧会。
藤澤浮世絵館も地方の括りとなりました。
同じ神奈川でも川崎は近いが、藤澤はさすがに遠い。

御上洛東海道と幕末の浮世絵
 藤澤浮世絵館

没後70年 吉田博木版画展 自然への憧憬
2020年05月22日~2020年07月6日
 MOA美術館

北斎の肉筆画 ―版画・春画の名作とともに―
2020年04月05日~2020年09月27日
 岡田美術館

江戸東京散歩
前期 2020年07月31日~2020年08月31日
後期 2020年09月04日~2020年09月28日
 天童広重美術館

※自分の趣味でセレクトしています。
こんな状況なのでお出掛けの前には、美術館の公式を必ずチェックで。

太田記念美術館再開!

Tokyo

7月から再開、スケジュールも変更。

7/1~7/26 太田記念美術館コレクション展
8/1~10/4 月岡芳年 血と妖艶
10/10~11/8 江戸の土木展

とんでしまった芳年展と江戸の土木展があるのが嬉しい。

特に江戸の土木展は『東京人7月号』の特集「橋と土木 浮世絵で歩く」と連動企画だったと思われるし、
『東京人』もしっかり読んだので、開催されるの凄く嬉しい。

ただ原宿という場所にある美術館、私のような年配者が行くのは少々心配ではありますが。

山手線、3月後半から乗ってない。
通勤は地元私鉄と地下鉄。JRにそもそも乗っていないので、状況がいまひとつ判らない。
遠回りだけど地下鉄で行く方が良いかも。

行きたい美術展まとめ(2020年6月)

202006

緊急事態制限が解除され、美術館の再開が発表されてます。
安心は出来ませんが、気を付けつつ少しでも行きたい所。

もう少ししたら神奈川方面も出掛けたい。

朗報です。
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」「きもの KIMONO展」「ピーター・ドイグ展」などの会期が変更されています。入場も予約制。
他にも会期途中で終わった展覧会が再開。

以下、行きたい展覧会。ようやく一覧が作れる喜び!

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 
開幕日未定~2020年10月18日
 国立西洋美術館

浮世絵にみる“時”の移り変わり~江戸から東京へ~後期展
2020年6月1日~2020年6月14日
 川崎浮世絵ミュージアル 

奇才 江戸絵画の冒険者たち
2020年06月02日~2020年06月21日
  江戸東京博物館

隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人
2020年06月02日~2020年06月28日
 たばこと塩の博物館

ピーター・ドイグ展
2020年6月12日 ~ 10月11日
 国立近代美術館

きもの KIMONO
2020年6月30日~2020年8月23日
 東京国立博物館 平成館

大江戸歳事記
2020年6月30日 ~ 2020年8月30日
 すみだ北斎美術館→再開は6/2から
 
藤澤浮世絵館も6/16から再開です。

藤澤は完全予約制で定員30人まで。素晴らしい対応。
子供向けの各種教室が同じビル内に入っているからか、かなり気を使っている。
県外なので当分行かれないけど…。
 
太田記念美術館、山種美術館はまだ未定。
太田も山種もは会期終了辺りは大抵混んでるし、慎重になっているのかな。 
この春一番楽しみにしていた平塚市美術館「川瀬巴水展」と神奈川県立歴史博物館「明治錦絵×大正新版画」は中止。
図録の通販有りなので、これはぜひ取り寄せなければ。

※この記事をのんびり書いている内に状況が怪しくなってきました…。
何とか乗り切っていきたい!

東京国立博物館、6月2日に再開決定

20200209_20200526233101

緊急事態宣言が解除された。
都内は人が戻ってきているようだが、まだまだ手放しでは喜べない。

6/1から国立科学博物館、6/2から東京国立博物館は再開予定。→美術手帖

2月くらいからは自分が行く美術館はほぼ空いていたが、再開後はどうなるか。

小規模の美術館はそれ程密になることはないが、それでも企画展によっては混んでいて、びっくりする事もある。
ネットで完全予約制が一番良いと思うが、問題はそのシステム作りで、お金も時間も必要。
小さい美術館だと対応しきれないと思う。

去年鑑賞した150くらいの展示会。
余り混んでる展覧会には行かないのだが、混んでたと思うものをあげてみた。(関東圏のみ)

「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」太田記念美術館(最終日、入場制限有り)
「フェルメール展」上野の森美術館(時間予約制)
「酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり」根津美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館(最終日近く)
「ギュスターヴモロー展 サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館
「ショーン・タンの世界展」 ちひろ美術館
「世紀末ウィーンのグラフィック」 目黒区美術館(最終日近く)
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 太田記念美術館(最終日近く)
「横浜開港160年 横浜浮世絵」 神奈川県立歴史博物館(最終日)
「エドワードゴーリの優雅な秘密」展 練馬区美術館(最終日)
「大浮世絵展 ~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演~」江戸東京博物館

初日近辺と最終日、週末と平日では随分違うが、思いついただけでこのくらい。
太田は毎月行っているが、展示内容によっても全然違った。

楽しみにしていた展覧会が軒並み中止で悲しいが、すぐの再開も余り喜べない。
ロンドンナショナルギャラリー展やピーター・ドイグ展は、再開いても凄く混みそう。
土日は予約も大変だろうし。

再開は本当に嬉しいが、美術館も難しい状況なのは変わりない。

写真は最後に行ったトーハク。2020/2/9です。

 

行きたい美術展まとめ(2020年5月)

202005

未練がましいけど、見たかった美術展並べます。

すっごく楽しみにしていた「川瀬巴水展」中止です。
6月くらいまでに楽しみにしていた浮世絵関係、ほぼ無くなりましたわ。
太田もいつ再開するのか。(年間パスポート、ちゃんと送ってくれた!)
ボストン美術館展も中止。ナショナルギャラリー展はどうなるか。

美術館、再開を考えるというニュースも出てますが、どうなるのでしょうか。
いまいち基準が判らない。

何らかの対策は取ると思うが、ナショナルギャラリー展とか、絶対殺到すると思う。
完全予約制で混まないようにする等の対策は取って欲しい。
今は大好きな広重さんの名所江戸百景見て、心慰める日々です。

散歩好きとしては浮世絵が描かれた場所巡りも、いつかは再開したい。

以下、未練がましいリストです。

月岡芳年 血と妖艶
2020年04月01日~2020年05月27日
太田記念美術館 →休館・期間未定

川瀬巴水展 
2020年4月18日~2020年6月7日
平塚市美術館 →6/30まで休館

いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画
2020年04月04日~2020年05月17日
渋谷区立松濤美術館 →6/1まで休館

歌舞伎の四季
2020年02月8日~5月25日
伝統芸能情報館 →会期終了までまで休館

体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―
2020年03月10日~5月24日
東京国立博物館 表慶館 →休館・期間未定

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵
2020年04月11日~5月31日
静嘉堂文庫美術館 →休館・期間未定

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」
2019年5月3日(金)~2019年6月2日(日)
国立博物館 →休館・期間未定

きもの KIMONO
2020年04月14日~6月7日
国立博物館 →休館・期間未定

おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
~2020年06月07日 →休館・期間未定
森アーツセンターギャラリー

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
2020年03月3日~6月14日
国立西洋美術館 →休館・期間未定

明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-
神奈川県立歴史博物館
2020年4月25日~2020年6月21日 →8/31まで休館

奇才 江戸絵画の冒険者たち
2020年04月25日~2020年06月21日
江戸東京博物館 →休館・期間未定

広重と巡る『名所江戸百景』
2020年04月28日~2020年06月28日
川崎浮世絵ギャラリー →休館・期間未定

浮世絵にみる子ども?名所絵とおもちゃ絵
2020年04月27日~2020年07月07日
すみだ郷土文化資料館 →5/7まで休館

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス
2020年05月16日~2020年07月12日
山種美術館 →休館・期間未定

行きたい美術展まとめ(2020年4月)【追記】

0405_20200407000201

一応まとめたので記事あげます。
4月に美術館に行ける状況になるとは、とても思えないのですが…。

自分が行きたいと思っている展覧会中心なので、ジャンル等偏っています。
休館情報については、随時状況が変わります。
また個人の調べた情報ですので、お出かけの際は必ず公式HP等でお調べ頂けるようお願い致します。

-----------------------------------------

4/5現在開催

三原順原画展
『三原順 All Color Works』出版記念―
2020年03月20日~4月7日
スパンアートギャラリー

※三原順展、2020年9月26日~10月7日に第二弾予定です!

浮世絵にみる“時”の移り変わり
2020年03月1日~2020年04月16日
川崎浮世絵ギャラリー→休館・期間未定

-----------------------------------------

限定開館

国芳のダジャレと謎解き木曽街道
2020年02月12日~2020年05月17日
茂木本家美術館→土・日のみ休館→休館・期間未定

月岡芳年 血と妖艶
2020年04月01日~2020年05月27日
太田記念美術館→土・日のみ休館→休館・期間未定

川瀬巴水展 
2020年4月18日~2020年6月7日
平塚市美術館→土・日のみ休館→5/7まで休館

-----------------------------------------

休館

隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人
2020年2月29日~4月12日
たばこと塩の博物館→休館・期間未定

最強!?相模武士の物語と浮世絵
2020年2月22日~4月12日
藤沢市藤澤浮世絵→4/30まで休館

上村松園・松篁・淳之三代展
2020年02月29日~2020年04月12日
東京富士美術館→休館・期間未定

春爛漫!桜咲く錦絵 日本橋・江戸桜通りへようこそ?2020
2020年03月10日~2020年04月12日
日本銀行金融研究所貨幣博物館→休館・期間未定

桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!
2020年03月14日~5月10日
近代美術館→休館・期間未定

いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画
2020年04月04日~2020年05月17日
渋谷区立松濤美術館→休館・期間未定

歌舞伎の四季
2020年02月8日~5月25日
伝統芸能情報館→4/30まで休館→休館・期間未定

体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―
2020年03月10日~5月24日
東京国立博物館 表慶館→休館・期間未定

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵
2020年04月11日~5月31日
静嘉堂文庫美術館→休館・期間未定

きもの KIMONO
2020年04月14日~6月7日
国立博物館→休館・期間未定

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
2020年03月3日~6月14日
国立西洋美術館→休館・期間未定

明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-
神奈川県立歴史博物館
2020年4月25日~2020年6月21日→休館・期間未定→8/31まで休館

芸術×力 ボストン美術館展
2020年04月16日~7月5日
東京都美術館→休館・期間未定

太田も川崎も行きたいけど、今は我慢。
太田の年間パスポートは現金書留で申し込もう。

5月終わりくらいには美術館行かれると良いなぁ…。
神奈川県立歴史博物館と平塚市美術館がめちゃめちゃ行きたい。

【追記】神奈川県立歴史博物館、何と8/31まで休館です。
楽しみにしていた「明治錦絵×大正新版画」、中止となりました…。

恵那の中山道広重美術館、2020年も素敵なラインナップ。
現在開催の「江戸から東京へ」も良いが、冬の「二代広重-受け継がれた広重イズム-」。
今年の冬、元気に行かれますように。

令和二年二月の美術展まとめ

32

今月あたまは元気にギャラリートークに参加していたが、まさかこんな状況で3月をむかえるとは。

2/10くらいからは、どこの美術展もガラガラでした。
美術館については、空調管理には大変気を使っている場所なので、入場制限する等の規制を設けたうえで、何とか再開出来るとよいのですが。

2月行った美術展で印象に残ったもの。

初代広重 東海道五拾三次の旅(保永堂版) 川崎浮世絵ギャラリー

2度鑑賞。ギャラリートークにも参加。
広重の東海道五拾三次はあちこちで見られるが、今回の展覧会では異版、後摺を並べてあるのが面白い。
川崎浮世絵ギャラリーは現時点で開催中。(3月より展示替え)

北斎と肉筆浮世絵 氏家浮世絵コレクションの至宝 鎌倉国宝館

鎌倉巡りを兼ねて。良い肉筆画が出てた。
それに人少なめでゆっくりじっくり見られたのが嬉しい。

湯島天神宝物館

湯島に梅を見に行き、ふらふらとへ。梅まつり中で500円→300円に。
梅にちなんだ絵の数々。充実しすぎてびっくりでした。

2月行った美術展。

開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展 ~歌麿・北斎・応為
太田記念美術館

初代広重 東海道五拾三次の旅(保永堂版)
川崎浮世絵ギャラリー

上村松園と美人画の世界
山種美術館

常設展
東京国立博物館

北斎と肉筆浮世絵 氏家浮世絵コレクションの至宝
鎌倉国宝館

物語に魅せられて~清方の芝居絵を中心に~
鎌倉市鏑木清方記念美術館

浮世絵双六と七福神
藤沢市藤澤浮世絵館

特別展「あれもこれも 大江戸漫画づくし」
ふるさと文化館

湯島天神宝物館

もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち
弥生美術館

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 朝日智雄コレクション
太田記念美術館

ハマスホイとデンマーク絵画
東京都美術館

リンクはinstagramに貼っています。

2020.3.3の雑記(ありがたい)

03031

ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』
明日へ希望を繋ぐファイナルステージのライブ配信が決定!

公演中止となった藤岡正明さん・木村花代さん主演のミュージカル『HUNDRED DAYS』の配信!
ニュース見た時泣きそうでした。
鬱々とした気持ちにまさに光が差し込んだよう。見られなくなった公演なので、本当に嬉しいです。
関係者の方の努力、有り難く受け止めます。

2020年3月8日(日) 16:00 配信開始予定

そして太田記念美術館から年間パスポートのお客さん向けにハガキが来ました!

太田記念美術館も現在お休み中。
原宿という場所、浮世絵専門なので外国人も多く訪れるという事、休館は止む無しと思っていました。

・休館のお知らせとお詫び
・年間パスポートの受付の延長
・ハガキが1回分の招待券に

太田記念美術館の年パスは4月~翌3月で、従来の受付は3月。4月まで延長で助かりました。
年パスには招待券も数枚ついていて、休館期間がある分をハガキで補てん。有り難い限り。

そして今はTwitterで浮世絵紹介してくれます。楽しい。

4月以降の展覧会は月岡芳年ですよ!芳年おすすめです。
落ち着いたらぜひ行って欲しい。

月岡芳年 血と妖艶
2020年4月1日(水)~5月27日(水)

行きたい美術展まとめ(2020年3月)

Img_20200303_002034

せっかくまとめたので記事あげます。
休館情報も載せました。

自分が行きたいと思っている展覧会中心なので、ジャンル等偏っています。
休館情報については、随時状況が変わります。
また個人の調べた情報ですので、お出かけの際は必ず公式HP等でお調べ頂けるようお願い致します。

-----------------------------------------

2/29現在開催

もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち
2020年01月07日~2020年03月29日
弥生美術館

六世 中村歌右衛門展 ようこそ歌舞伎の国へ
2020年01月18日~2020年04月05日
世田谷文学館

生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和
2020年2月21日~4月12日
練馬区立美術館

最強!?相模武士の物語と浮世絵
2020年2月22日~4月12日
藤沢市藤澤浮世絵館 (3/31まで休館)

浮世絵にみる“時”の移り変わり
2020年03月1日~2020年04月16日
川崎浮世絵ギャラリー

-----------------------------------------

3月前半閉館

隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人
2020年2月29日~4月12日
たばこと塩の博物館(3/5~3/16まで閉館)→閉館延長。期間未定。

初づくし 初にまつわる江戸時代の行事・風習
2020年01月25日~2020年03月08日
国立公文書館(3/15まで閉館)

版画にみる近代事業の風景 ~渋沢栄一の足跡をたどる~展
2020年01月11日~2020年03月22日
ガスミュージアム(3/16まで閉館)→3/31まで延長

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ?朝日智雄コレクション
2020年02月15日~2020年03月22日
太田記念美術館(3/16まで閉館)→3/31まで延長

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年01月21日~2020年03月26日
東京都美術館(3/16まで閉館)→3/31まで延長

奇蹟の芸術都市バルセロナ
2020年02月08日~2020年04月05日
東京ステーションギャラリー(3/16まで閉館)→3/31まで延長

上村松園・松篁・淳之三代展
2020年02月29日~2020年04月12日
東京富士美術館(3/16まで閉館))→3/23まで延長

桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!
2020年03月14日~5月10日
近代美術館(3/15まで閉館)→閉館延長。期間未定。

国芳のダジャレと謎解き木曽街道
2020年02月12日~2020年05月17日
茂木本家美術館(3/17まで閉館)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
2020年03月3日~6月14日
国立西洋美術館(3/16まで閉館)→閉館延長。期間未定。

体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―
2020年03月10日~5月24日
表慶館(3/16まで閉館)→閉館延長。期間未定。

歌舞伎の四季
2020年02月8日~5月25日
伝統芸能情報館(3/16まで閉館)→閉館延長。期間未定。

-----------------------------------------

3月下旬よりスタート

三原順原画展
『三原順 All Color Works』出版記念―
2020年03月20日~4月7日
スパンアートギャラリー

市川團十郎と歌川派の絵師たち
2020年04月21日~5月5日
セントラルミュージアム銀座

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵
2020年04月11日~5月31日
静嘉堂文庫美術館

きもの KIMONO
2020年04月14日~6月7日
国立博物館

芸術×力 ボストン美術館展
2020年04月16日~7月5日
東京都美術館

美味しい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
2020年04月17日~6月7日
森アーツセンターギャラリー

日帰り街歩きツアー(日本橋編)

1月の終わりに旅行会社の日帰り街歩きツアーに参加して来ました。
広重の名所江戸百景に描かれた場所を巡る、浮世絵の旅です。

第1回は日本橋。
天気予報が雪でどうなる事かと思いましたが、何とか集合時間に雨もあがりスタートです。

以下の絵と描かれた場所を巡ります。

1 日本橋 日本橋雪晴 日本橋江戸ばし
2 駿河町 する賀てふ
3 貨幣博物館 
4 一石橋八ツ見のはし 
5 小津和紙 大伝馬町こふく店 大てんま町木綿店
6 鎧橋 鎧の渡し 小網町

最初は日本橋。すべての旅の出発地点です。

Nihon1 Nihon2
「日本橋雪晴」「日本橋江戸ばし」

01_20200229235001

よく言われている事ですが高速道路が景観を損ねていますよね。

当初の予定とコースを変え、午前中はなるべく屋内、お天気がよくなる午後に外を回るとのこと。

02_20200229235001

朝はかなり寒かったので地下へ。地下にある『熈代勝覧』鑑賞。解説付きだと判りやすい。

Suruga 03_20200229235001

その後「する賀てふ」の場所へ。三井越後屋呉服店、今の三越ですね。実際は富士山はこの角度では見えず、もう少し左端になるそう。この絵は宣伝効果凄かったらしい。

04_20200229235001

さくら通りを歩く。
十二代團十郎さんの書いた「さくら通り」の碑もある。

休憩兼ねて貨幣博物館に立ち寄り。40分くらい。
寒かったので屋内に入れたのは有難い。
入場に荷物チェック有。展示は無料。

Ikkokubashi 06_20200229235001

外へ出て、一石橋へ。
かつて八ツ見のはしと呼ばれた。
鍛冶橋、銭亀橋、常盤橋、日本橋、江戸橋、道三橋、自らの一石橋が見えることから名付けられた。
もちろん今はたくさんの橋も富士山も見えない。
一石橋迷子しらせ石標が当時の面影を残す。

日本橋に戻ってコレド室町でお昼休憩。
お昼は自由食なのが有難い。
歩いている時に広重と川瀬巴水のシャッター発見。

Oodenma Oodenma2

 

07_20200229235001

午後はまず大伝馬町へ。
小津和紙さんの辺りが浮世絵に描かれた場所。
かつて大丸があった場所。呉服問屋がたくさんあり、今でいう原宿のような賑わいだったとか。

最後は人形町方面へ。商人の町日本橋の隣り。昔は芝居小屋や元吉原があり、江戸の中心的な歓楽街。
堀留町、小網町などその名の通り、当時は堀や水路が張り巡らされていた。
強運厄除けで有名な小網神社は、人気すぎて30分は並ぶらしく眺めただけ。

Yoroi 08_20200229235001

鎧橋 鎧の渡し 小網町

ここから日本橋に戻ってこの日の旅は終わり。
10:00から15:45くらいまで(お昼休憩1:30)。大体16500歩でした。

次回も参加予定です。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31