カテゴリー「温泉」の40件の記事

恵那へ行く その2(2泊3日恵那・京都の旅)

004

せっかく恵那まで来たら温泉も行きたい、という事で、恵那峡を眺められる「かんぽの宿」に宿泊。

かんぽの宿、良いですね。恵那は温泉も広くてのんびり。部屋からの眺めも最高。
お値段もそんなに高くない。コスパ抜群です。

平日だと一人泊のプランも有り。一人旅の方もちらほら。
温泉に一人泊はややハードル高いですが、かんぽの宿なら泊まれそう。

別の地域のかんぽの宿も行ってみたい。

005

006

翌日は大井宿をぶらぶら。
道が直角に曲がる「桝形(ますがた)」をチェック。
暑い日てしたが楽しかった。

午後から京都へ移動。
名古屋駅で食べたラーメンが美味しくてヒット。

翌日は京都でNARUTO歌舞伎見て、 京都文化博物館に行きましたが、余り好みの展覧会ではなく、疲れただけでした。
詰め込みすぎのスケジュールはいけないと反省。

NARUTO歌舞伎は、もちろんめちゃめちゃ楽しかったです。感想は別記事にてUP済。演舞場の時よりかなり面白くなってましたよ。

恵那へ行く その1(2泊3日恵那・京都の旅)

今更ながら6月の旅行記。

03_20190721030601  02_20190721030601

3月に恵那の中山道広重美術館へ行きました。
その時は9:30に恵那に着き、11:30には恵那を後にしたのですが、美術館も良いし、温泉も行きたい、観光もしたい。

南座で『NARUTO -ナルト-』 もあるという事で、恵那→京都の旅を計画。
ようやくゆっくりと再訪出来ました。

初日は新幹線で名古屋、名古屋から中央本線で恵那へ。
ここで連れの眼鏡のレンズが外れるというアクシデント。慌てて眼鏡屋へ飛び込み事なきを得ましたが、美術館の滞在時間が30分くらい短くなりました。

中山道広重美術館「歌川国芳の時代-木曽街道六十九次之内を中心に-」

国芳の木曽街道シリーズ。
中山道の宿場名から連想される説話や歌舞伎の登場人物を武者絵の様式で描いた全72枚の揃物です。

色々な展覧会でバラバラに見る機会はありましたが、まとめて見るのはじめて。
以前平木浮世絵美術館で木曽街道の文庫も買っていたので、予習も万全です。

001

「木曽街道六十九次之内 下諏訪 八重垣姫」

平木浮世絵美術館の本の表紙。
歌舞伎好きな方ならすぐ判る、諏訪といえば八重垣姫の絵。

八犬伝や忠臣蔵、他にも歌舞伎の演目が元になっている絵も多いで、とても楽しいです。
他に忠臣蔵の絵やお弟子さんの絵も。

前後期で半分づつとはいえ、見応えありました。

中山道広重美術館、また秋に来よう。

この日は恵那泊です。

3月 2泊3日秋保温泉旅行 その2 天童へ

201903_6

3日目は帰りの新幹線まで時間があったので天童へ。

秋保から路線バスで愛子駅。
愛子駅~羽前千歳駅。路線バスで天童温泉。

最初の目的地は天童広重美術館。
色々浮世絵見るうちに、結局広重に落ち着いている。

天童は広重り肉筆画がたくさんあるとのことでしたが、そんなに展示されてなかった。

今回のテーマは「花こよみ」。全部で62点+肉筆画5点。
初代だけではなく、二代目広重、三代目広重の絵も豊富。

「四季の花園」シリーズ、余り見た事のない絵で良かったです。

201903_7

広重美術館から出羽桜美術館に移動。途中雪が降って来た。

古くて趣きのある建物で、その中に桜がテーマの展示。

お酒買って、再び路線バスへ。
途中で仙山線に乗り換え、仙台へ。

201903_8
仙台駅のすし通りでお寿司堪能。くじらのお寿司がありました。

夕方の新幹線に乗り東京へ。
2泊3日の温泉旅でした。

3月 2泊3日秋保温泉旅行 その1

201903_1

3月は秋保温泉に行きました。
秋保、近いですね。仙台より車で30分くらい。
篝火の湯 緑水亭というお宿に2泊しました。

201903_2

行きは新幹線で仙台へ。仙台からバス瑞鳳殿(仙台藩租伊達政宗公御廟)へ。
バス亭から結構歩きました。
戦災によって焼失した為、その後再建したそうです。

3:00頃に宿のおむかえで秋保温泉へ。
山間ですが、さすがに賑わってます。

緑水亭さんは、お庭が綺麗。露天風呂には篝火が。幻想的でしたよ。

お湯は茶色がかった有色の湯。ちょっと強めで、初日は疲れていたのもあり、短めの入浴。

 201903_4 201903_5 201903_3

2日目は何もせず温泉街散歩したりしたので、のんびりお湯を楽しみました。

お食事は2泊目の方が美味しかった。当然日本酒飲みまくり。

12月2泊3日西伊豆旅行 その2

西伊豆旅行の記録続き。写真多め。

2日目
伊豆の長八美術館
岩科学校
長八記念館
街中散策

10

松崎に来た最大の目的は入江長八の作品を見る事。

入江長八とは「漆喰」(しっくい)芸術・「鏝絵」(こてえ)の名工、「伊豆の長八」(いずのちょうはち)のことです。出身は松崎ですが、活動はほとんど東京。ただ東京に残した作品は関東大震災でかなり失われてしまったとか。

長八美術館は国道沿いにあり、松崎のお宿からもほぼ歩いていける距離。朝から雨が降っていた事もあり、バスで行きました。

10:06 松崎バスターミナル発 5分くらいで美術館です。

11 13_2

入場するとルーペを渡されます。作品の細かい部分を鑑賞する為です。鏝絵というのが信じられないくらい細かい!そして美しい!

1時間くらいじっくり鑑賞。バスの時間を調べたら11:43岩科学校へ行くバスがある。
長八美術館内で流れている映像をゆっくり見る。東京に残されている作品も紹介。非公開が多い。橋戸稲荷の狐が見たい…。

11:43 バスで岩科学校へ。

20

岩科学校は、伊豆地区最古の小学校で重要文化財です。和と洋が取り入れられた素敵な建築です。
長野県松本市にある重要文化財「旧開智学校」とも姉妹館提携。
最大の見所は入江長八が描いた、二階の欄間の千羽鶴。

21 22

帰るバスまで時間があってので敷地内の開化亭へ。元は村役場だった由緒ある建物。長八のお弟子さんの作品もあります。

25

ぜんざいやお抹茶を頂いてのんびりしている内にお天気回復。
バスで戻って長八記念館へ。

長八記念館とは長八の菩提寺でもある浄感寺の事。
タイミング良く私たちだけの貸切で、解説付きでゆっくり見る事が出来ました。

26

27

欄間に描かれた「飛天」は、長八の代表作と言われる作品。「八方睨みの竜」も素晴らしい。
他にも彫師の石田半兵衛の彫刻があり、松崎に来たら絶対に見るべき所でした。

31 30_2

なまこ壁を見ながらホテルへ戻る。
時計塔の数字は13まであります。松崎の浪漫です。

ホテルの最上階のラウンジへ。海が綺麗に見える絶景ポイント。しかも全然人がいない。

16:00より近くの伊豆まつざき荘の温泉へ。
伊東園のお風呂、お湯の質は良いけど地下なのです。せっかく海辺なのにもったいない。

まつざき荘は建物の6Fに展望風呂があり、絶景の夕日鑑賞が可能。生憎夕方から曇りでしたが、海見ながらのお風呂は絶品でした。お風呂で話した地元の人も、フロントの方も親切。

3日目 帰る日。この日はのんびりの出発。

11:00ホテル発

32

なまこ壁を見ながら伊那下神社へ。
天然記念物のイチョウを見ながら、名水「明神水」を頂く。
長八の作品も保管されています。

わさび漬の店を発見。買い物する。帰宅して食べたら絶品だった。

33 34

再度寿司屋で昼ごはん。お寿司を幾つかと海鮮丼を頂く。
本当に本当に美味しかった。ちあいの唐揚げとか、なかなか食べられないものを頂いた。

14:30 ホテル発で帰路。
松崎は時間の流れがちょっと違う感じがして、日常と切り離された素敵な空間でした。
桜の季節にまた行きたいな…。

12月2泊3日西伊豆旅行 その1

01

念願の西伊豆・松崎に行ってきました。
左官の名工と言われた長八に興味があって、以前から行きたかったりですが、西伊豆・とにかく交通手段が無い。

方法その1 下田~路線バス(30分くらい)
方法その2 修善寺~路線バス(1時間くらい)
方法その3 三島~路線バス(2時間くらい)

免許の無い人間にハードルが高すぎる…。
踊り子号使うのが楽なのですが、高い割には車両が古い。

下田辺りに泊まり松崎まで美術館の為に行こうかと、色々思案した結果、伊東園ホテルさんなら宿泊者に往復バスを出している事が判り、直行バスが一番楽だろうと決めました。

ええ、ホテルは値段に相応しい所でしたよ…。でもあの値段なら諦めもつきます。バス付だし。

とはいえ念願の松崎旅行、2泊3日で観光詰め込みました。
ホテル帰っていまいちの夕食食べてお酒飲んだらもう眠くなるという、健康的な生活でした。

松崎1日目
バスは9:00新宿発。土肥を経由して予定より早く13:40頃松崎着。
途中伊豆フルーツパークで休憩。食べるものがアイスくらいしか無く、着いてすぐお昼ご飯探しへ。

寿司屋を見つけたので入るが、これが大当たり。
白子が特に美味しかった。

02 03

中瀬邸で人力車に出会う。

04

松崎の人力車は一度廃止になり、12/1から新たにはじめたとか。早速乗り、町内を案内して貰う。

05

ホテルに戻り足湯浸かりながら、海に沈む夕陽鑑賞。
着いて3時間くらいで満喫しすぎ。

11月猿ヶ京温泉1泊2日

01

11月に群馬県の猿ヶ京温泉に行きました。
テレビ東京で放送されていた厳選いい宿という番組で見たのが切っ掛け。
泊まったお宿は旅籠屋丸一さん。こじんまりした居心地の良いお宿でした。

猿ヶ京温泉は公共交通機関で行こうとすると、路線バスしかありません。関越交通のバスで沼田駅、後閑駅か、上越新幹線の上毛高原駅からのアクセスです。
高速バスだと、草津温泉に行く上州ゆめぐり号で渋川乗り換えで、沼田が後閑まで。
12~3月だとでみなかみ温泉号の運行があるので、上毛高原駅で乗り換えという手段もあります。

我が家は高速バスの乗り場が近いので、電車賃節約もあり高速バスを使いました。乗っている時間は大した事ありませんが、どうしても乗り継ぎで時間をロスしますね。

路線バスで沼田から大体1時間。赤谷湖を見ながら猿ヶ京温泉で下車。旅籠屋丸一さんはバス亭目の前でした。

04

このお宿がとても素敵な造りでした。
日本庭園の中に幾つかの古民家が点在しています。お部屋も古風で素敵。様々な絵や書画が飾られてます。
チェックインの3時より少し早く到着したのですが、チェックインまではお茶室で寛げました。

03

一番大きなお風呂は蔵の湯 林。天井が高くて素敵です。
貸切風呂も幾つか有り。

お食事も野菜をたっぷり使って美味しかった。

02

リピーターの多いお宿のようですが納得。お庭、建物、内装、素敵でずっと眺めていたい。

猿ヶ京温泉、山奥ですが商店もあり、お散歩するのも楽しい。
まんてんの湯という日帰り温泉もあります。
他にも趣きのある温泉施設が色々あるらしいが、さすがに時間切れ。

楽しい一泊二日でした。

9月の3泊4日島根旅行 その2

01

02 03

松江から出雲に移動し、2泊を「月のうさぎ」というお宿で過ごしました。
価格もリーズナブルで、内装も可愛くて、サービスも良し。大当たりでした。

04 05

和風でモダンなお部屋。館内にはあちこちにうさぎが。

06

08 07

温泉は自由に入れる貸切が5つ。人気でなかなか入れず。
その分大浴場がすいていた。

12

夕飯はバイキング。飲み放題有り。日本酒付きなので迷わず飲み放題に。
2日目は連泊のお客さんにサービスの前菜有り。
連れのお誕生日が近かったこともあり、ワンドリンクのサービスも有り。
至れり尽くせりでした。

出雲大社までは歩いて8分くらい。

09

ちょっと遠いけど日御碕神社と日御碕灯台も行きました。
天照と素戔嗚を祀っています。

宍道湖の夕日とか見そびれた所も多々あり。

充実した島根旅でした。

2017年の旅行まとめ

A01

2017年の旅行もまとめてみました。

1月 桃沢温泉(長泉ガーデン)
2月 那須温泉(那須ビューホテル)
3月 猫魔温泉(裏磐梯レイクリゾート)
5月 桃沢温泉~淡島温泉(長泉ガーデン&淡島温泉)
7月 湯沢温泉(シェラリゾート)
8月 桃沢温泉(長泉ガーデン)
9月 かみのやま温泉(あづま屋)
10月 桃沢温泉(長泉ガーデン)
11月 猫魔温泉(裏磐梯レイクリゾート)
12月 上諏訪温泉(かたくら諏訪湖ホテル)

写真は裏磐梯の五色沼の紅葉。綺麗でした。

今年は11回温泉旅してました。観劇旅行は無し。連休はほぼ温泉行き。

03 06

今年は新規開拓したホテルの当たり外れがありましたが、最後に行ったかたすら諏訪湖ホテルが温泉良いし、お値段は格安だしで良い締めくくりになりました。しかも年賀状まで頂きました。
地酒は美味しいし、駅前のから揚げ定食は美味しいし、駅に足湯はあるし、諏訪最高だった。

今年も温泉旅、計画中です。桜の季節はどこへ行こうか悩み中。

12月の旅行(諏訪)

01

12月の終わりに諏訪温泉へ行って来ました。

何故諏訪に行く事にしたかというと、テレビ東京で放送している「厳選いい宿」 を見たから。「厳選いい宿」大好きなのです。

一泊二日で手軽に行かれる所という事で、かたくら諏訪湖ホテルに決定。
古い旅館ですが、諏訪湖のすぐ側で景観も良い、お風呂も素敵で、サービスも充実。値段を考えるととてもお得なお宿でした。

02 03

露天風呂「びいどろ」めちゃめちゃ気持ち良かった。
片倉館の千人風呂(重要文化財)にも行きましたが、旅館のお風呂の方が好きかな。

そして諏訪は地酒が美味しい!ココ重要!

04 05

翌日は諏訪大社へ。
歩いているとあちこちに温泉が湧いていて、面白い。

諏訪大社は下社のみでしたが、何か凄く好きな空間でした。
自分は此処に来たかったんだな、という不思議な感覚になりました。
何でだろう?

06 07

上諏訪駅にはホームに足湯が!
こんな駅があるのですね。驚いた。
諏訪大社でかなり歩いたので、ゆっくり浸かって疲れがとれました。

最後に上諏訪で食べたから揚げ定食が、信じられないくらい美味しかった。
夜のメニューも美味しそうなので、素泊まりで温泉泊まって、夜はこのお店で飲んだくれたい。

2017年最後の温泉、楽しかったです。

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31