カテゴリー「芝居・歌舞伎、古典等」の99件の記事

シネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』 

シネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』 
池袋シネリーブル 5/2 19:00~

5月のあたまにシネマ歌舞伎を見に行く。
久し振りに研辰が見たくなったのだが、何度見ても面白いし、今はもういないスクリーンの中にいる役者さんの姿に涙が出る。

以下、芝居のレビューというより自分り思い出語り。

続きを読む "シネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』 " »

『切られの与三』

渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾『切られの与三』

瀬川如皐 作 「与話情浮名横櫛」より
監修:木ノ下裕一 補綴 
演出:美術:串田和美
出演:中村七之助、中村梅枝、中村萬太郎/笹野高史、片岡亀蔵/中村扇雀 

勘九郎さん不在のコクーン歌舞伎。
正直あまり期待せずに観劇したが、これが予想外に面白かった。
意欲作といって良い芝居。コクーン歌舞伎はこうでなきゃ!
お勧め。

女形である七之助さんが美男の与三郎を演じると、妙にエロスが増している気がする。

続きを読む "『切られの与三』" »

木ノ下歌舞伎『勧進帳』

木ノ下歌舞伎『勧進帳』
神奈川芸術劇場・大スタジオ 2列目(自由席)

監修・補綴:木ノ下裕一 演出・美術:杉原邦生
出演:リー5世、坂口涼太郎、高山のえみ、岡野康弘、亀島一徳、
重岡漠、大柿友哉

歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』は、 上演頻度の高さからもその人気が伺える、 歌舞伎の代名詞的演目です。
木ノ下歌舞伎では2010年に杉原邦生[KUNIO]の演出・美術で初演した後、満を持して2016年に完全リクリエーション版として再上演。監修・補綴の木ノ下裕一がその成果に対して平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞するなど、高い評価を得ました。
一般的に「義経一行の関所越えを描いた忠義の物語」とされる勧進帳を、〈関所=境界線〉として読み解き、国境・現在と過去・主と従・観客と舞台…… といった現代社会を取り巻くあらゆる〈境界線〉が交錯する、 多層的なドラマへと再構築したキノカブ版『勧進帳』。
現代演劇の手法で古典の可能性を探る木ノ下歌舞伎の代表作がいよいよ関東初上演です!

初・木ノ下歌舞伎。   
80分ノンストップの舞台。時間のたつのが驚くほど早かった。

続きを読む "木ノ下歌舞伎『勧進帳』 " »

1月の歌舞伎2本

風邪を引きました。多分2年振りくらい。
元々熱が出ない人なので、チケット取った芝居の日までにはほぼ治りましたが、体調維持の為早寝してました。
なので芝居の感想滞りまくり。

観劇した歌舞伎2本、簡易感想です。
歌舞伎座も演舞場も昼のみ。夜も見たかったが体力が絞り出せなかった。

続きを読む "1月の歌舞伎2本" »

新春浅草歌舞伎第二部

新春浅草歌舞伎第二部
浅草公会堂 一階後方

第二部お年玉<年始ご挨拶>
一、操三番叟
双蝶々曲輪日記
二、引窓
銘作左小刀
三、京人形

毎年恒例浅草歌舞伎。

今回一階後方通路際の席だったのですが、寒かった~。
休憩で扉が開くと冷たい風が…。
雨が強く降ってたので着物の予定を止めたのですが、着物だったら足元凍えてたかも。
気温低い日に行く方は、席によっては防寒しっかりしてお出掛けください。

お年玉ご挨拶は梅丸くん。まだ21歳。お肌が綺麗。
昨年の公演時が成人式で、当日の挨拶だった隼人くんが客席に呼びかけ「おめでとう!」のコール。
楽屋で聞いて感激してたら、巳之助くんが舞台袖までダッシュし「ありがとう」と叫んだとか。

『操り三番叟』、難しい舞踊だが 種之助さん丁重に踊っていた。
梅丸くんの後見も堅実。若いのに二人とも凄い。

『京人形』も楽しい。巳之助くんに合っていて良かったが、ちょっと寒さが限界で集中力を欠いてしまった。申し訳無いです。

三演目見た印象は「みな頑張ってる!上手くなった!」というのが一番の感想。
上から目線で済みません。
一部も何とか時間作って行きたい。

『スーパー歌舞伎 ワンピース』千穐楽

新橋演舞場の千穐楽に行ってきました。
凄く楽しかった!
満員のお客さんの歓声が、こんなに心地よく感じる舞台は他に無い。

一生懸命見すぎたのか、楽しみまくったのか、帰宅後9時間くらい爆睡。自分ただの観客なのに…。

大好きなお芝居の楽の日は、寂しかったり、切なかったりするのだけど、『ワンピース』に関しては何だか晴れ晴れとした気持ちになった。

また会おう!『ワンピース歌舞伎』!

以下、長文ですので、気力のある方のみお読みください。

続きを読む "『スーパー歌舞伎 ワンピース』千穐楽" »

『スーパー歌舞伎 ワンピース』4回目

『スーパー歌舞伎 ワンピース』
新橋演舞場 一階前方花道近く

先週観劇。感想が進まないうちに演舞場公演も残り僅かになってしまった。

『ワンピース歌舞伎』、本当に迷いの無い舞台。

舞台から発せるとんでもないパワー。
細かい事はどうでも良い。
面白くて格好良くて、ただただ楽しい。

先日花道近くで見て、衣装の細かさに改めて驚かされた。
「偉大なる世界」を読んだが、色々な試行錯誤があったのですね。
インタビュー等余り読んでなかったので、はじめての話ばかりで興味深い。

サンジの鬘、もう少し髪質がふわふわしている方が綺麗なのにと思ってたら、あの重い前髪にはちゃんと意図があった。

各キャラクターの役者さんの役への作り込みと、衣装が見事にマッチしている。

衣装は劇団☆新感線の竹田団吾さん。
矢絣のメイドちゃんとか、看守の着物とスーツを合わせたような衣装とか、新感線の舞台でも見た造形。

甲冑の上に原作でもおなじみの正義のマントとか、アイデアが面白い。

ルフィの登場場面の衣装、襟元に何色も入っているのは、麦わら一味のイメージカラーとは。
仲間と別れてその色が無くなった衣装のルフィを見ると、改めてこの一味は「疑似家族」だと思う。
初演から、今回の上演時までに原作でサンジくんの出生の話が書かれている事を思うと余計に。

原作を受けてか、サンジくんの名乗りの台詞も変わった。

「美女に弱いが玉に瑕」が無くなったのは残念だが、今の「大恩受けしジジイから教え込まれた足技と 夢を受け継ぐMr.プリンス」は凄くサンジくんらしい。(台詞は間違っていたらごめんなさい)

演出もさらに進化。
基本となる歌舞伎の技法や、猿翁さんがスーパー歌舞伎で作り上げた手法を元に、もっとパワフルで、更にアニメっぽい感も強くなっている。

舞台の使い方が立体的。
シンプルにセリが上がったり、廻り舞台を使ったりするのが、視覚に訴え、とても効果的。

平さんのシャンクスの登場場面とか、ただ廻り舞台に乗って出てくるだけなのに、腰が抜けるほど格好良い。

平さん、体の使い方がとても上手くなった。(上から目線で済みません)
隼人くんも、初演の時より殺陣がキレキレ。

脚本、演出、役者、スタッフ。たくさんの人の知恵と技術と思いが、このとんでもないエンターティメントな舞台を創り上げたのだろう。

観劇が好きという方に、ぜひぜひ見て欲しい舞台だ。

難しい事はどうでも良い。ただ楽しむ!

『霊験亀山鉾』

国立劇場十月歌舞伎公演『霊験亀山鉾
国立劇場 大劇場

作:四世鶴屋南北
監修:奈河彰輔
補綴:国立劇場文芸研究会

出演:片岡仁左衛門、中村歌六、中村又五郎、中村錦之助
片岡孝太郎、中村歌昇、中村橋之助、中村梅花、片岡松之助
上村吉弥、坂東彌十郎、中村雀右衛門、片岡秀太郎 ほか

台風の中、国立劇場へ。
仁左衛門さん出て来た時の客席の沸き方が凄い。

続きを読む "『霊験亀山鉾』" »

スーパー歌舞伎『ワンピース』

スーパー歌舞伎II(セカンド) 『ワンピース 』
新橋演舞場

原作 尾田栄一郎
脚本・演出 横内謙介
演出 市川猿之助
スーパーバイザー 市川猿翁

出演:
尾上右近 市川右團次 坂東巳之助 中村隼人
坂東新悟 市川寿猿 市川右近
市川弘太郎 坂東竹三郎 市川笑三郎 市川猿弥
市川笑也 市川男女蔵 市川門之助
平岳大 嘉島典俊 浅野和之

大変な事になってしまった『ワンピース』ですが、本当に本当に面白かった!
猿之助さん不在でも、変わらぬ感動を与えてくれる。
若手からベテランまで、みなが芝居をしっかり担っている。

素敵な時間が過ごせました。ありがとうスーパー歌舞伎!

スーパー歌舞伎といえば、宙乗りや本水のイメージが強いが、私にとっては旗と大ゼリ。
昔『ヤマトタケル』を観て、震える程格好良かった演出に、今も変わらず魂撃ち抜かれてます。

続きを読む "スーパー歌舞伎『ワンピース』" »

頑張れ、ワンピース歌舞伎

連休で温泉行って帰ってきたら、衝撃的なニュース。

市川猿之助が左腕骨折で歌舞伎「ワンピース」降板、代役に尾上右近

私はまだ今回のスーパー歌舞伎『ワンピース』は見ていないのですが、
漏れ聞こえてくる感想を見ると、本当に良いものを創ろう、お客さんをとことん楽しませようというのが感じられて、自分が見に行く日が凄く楽しみでした。

猿之助さん、あせらずじっくり怪我を治して下さい。

お客である私は、ワンピース歌舞伎を変わらず見に行きます。
そしてとことん楽しむぞ!

しかしスッポン怖い…。
2003年の阿修羅城の時、染五郎さんの履物が挟まれかけたの見たのよ…。
その後裸足で立ち廻りしてました。

どの舞台も事故や怪我、アクシデントが無い事を祈ります。

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30