旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「芝居・新感線関連」の154件の記事

『髑髏城の七人 Season花』 5/21マチネ 短感想

サイド前方は回転強くて酔いそうでした。
とはいえ花髑髏、最高すぎだ。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 5/21マチネ 短感想 " »

『劇団☆新感線髑髏城の七人 Season花 ライブビューイング』5/15ソワレ

『劇団☆新感線髑髏城の七人 Season花 ライブビューイング』5/15ソワレ

会社から一番近い丸の内TOEIを選択したが、完売している映画館も多々ある中、都内では比較的余裕があった模様。
大好きだったアカドクロの、初ゲキシネを見たのは確かこの映画館だった。

続きを読む "『劇団☆新感線髑髏城の七人 Season花 ライブビューイング』5/15ソワレ" »

『髑髏城の七人 Season花』 5/8マチネ

淡島に居た筈なのに、何故か豊洲で回ってた。
どうせGW一日多く休み取ってるし、今日は帰るだけだし、三島からなら新幹線で東京まですぐだしね(言い訳)。

本日は真ん中くらいの列でセンターブロック、ほぼ真ん中。
全体がよく見えて、一番見易かったかも。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 5/8マチネ" »

『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その3

それにしても『髑髏城の七人』という演目は、何故ここまで人を狂わすのか。
正直脚本は荒いと思う。

一人二役設定の方が話に破綻は無いのだけど、今のシングルキャストで3ヶ月公演という形態だと、無理がありすぎる。
その辺りの破綻を役者さんの力量と演出力、とにかく力技で乗り切っている。

今回の花髑髏Verは、蘭兵衛が里を守る長としての強さが出ているだけに、一幕を見ていると段々辛くなっていく。
この後二幕で起こる悲劇を知っているだけに。

何処かに平和が続く無界の里はありませんか…。
いっそんの場面とか、蘭兵衛さんの1人笑ってはいけない状態や、わちゃわちゃしている皆を見ているだけで楽しい。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その3" »

ゲキ×シネ『乱鶯』

ゲキ×シネ『乱鶯』
東劇

東劇での上演が終わりそうだったので、仕事帰りに慌てて見に行く。

『乱鶯』は1回しか見ていないので、ゲキ×シネ版はどうしても見たかった。
実際に舞台を見た時に抱えていた消化不良な思いと、もう一度向き合いたかったので。

ゲキ×シネ、観に行って良かったです。面白かった。
でも東劇、結構空いてたな。
舞台の映像作品、集客はなかなか難しそう。

『乱鶯』新橋演舞場の感想

続きを読む "ゲキ×シネ『乱鶯』" »

『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その2

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 
IHIステージアラウンド東京 

4/28ソワレ観劇の続き。

演劇界の豊洲問題言われているステージアラウンド。
(何処で読んだか忘れたが、名付けた方、上手いな~。)
観劇に行く人もすでに対策バッチリのようですが、前列は舞台からの雨風でちょっと寒いというのを加える。
ええ、霧雨背負って出てくる方や、風纏って出てくる方がいるので。
4、5列間が通路なので、4列目以内が寒いと思われます。
膝掛けの貸出があるそうなので、冷え症の方は一応参考に。
ステージアラウンド、係の方はみなとても親切です。

あと席によっては音響が悪い。
今回、冒頭の髑髏党と兵庫のやり取りはほぼ全滅。(前回11列目は問題無し)
途中から改善されて、問題無く聞こえた。
歌有りの鳥、心配。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その2" »

『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その1

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 
IHIステージアラウンド東京 

4/28ソワレ観劇。
都内なのに帰宅したら日付変更線超えてたよ。
今も頭が煮えたぎっていて、舞台を反芻して、全く眠くならないヤバい状態。
4列目は破壊力がありすぎた。
花髑髏が好きすぎて、思い入れすぎて、本当に辛い。

こんな自分で良いのかと思うが、久し振りに昔の髑髏城の感想読み返したら、頭のおかしい人っぷりが自分で笑えたのでもういいか。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』4/28ソワレ 感想その1" »

『「髑髏城の七人」Season鳥』制作発表

『「髑髏城の七人」Season鳥』制作発表

ようやく製作発表の映像を見る。
朝から雨だったのが、すっかり晴れ!
お天気も味方してくれている。

花のイメージカラーが赤だったが、
鳥は青緑?
公式サイトはモロにマリナーズカラー。

赤の舞台はモノトーンというか、墨絵のようでしたが、
鳥は相当変えてきそう。
今までのイメージを覆す、サダヲ捨之助。楽しみだわ。

ただ自分的には、松雪さんの歌が苦手なのよ…。
松雪さんは芝居だけの方が好きです。

ここ数年、新感線への熱も落ち着いたなと思っていたが、
『Vamp Bamboo Burn』~『髑髏城』で一気にぶり返した。

数年前の年末観劇まとめで「芝居をリピートしようと思わなくなってきた」と書いたが、
ホントどの口が言ってるのだ状態。
昔と違って体力無いのだから、ほどほどにしよう。

「風」か「月」で一人二役Ver復活と聞き、狂喜乱舞したものだが、
実際に360℃シアターを体験してみると、
「シングルキャストで捨天二役、体が持つのか」という心配の方が大きい。

今後はどんなキャストが来るのだろう。

鳥制作の映像みて、早乙女太一くんと山本耕史くんが、
2人で殺陣やりまくる舞台が、突然見たくなってしまった。
(数日前に殺陣はそれ程とか言ってた気が)

ああ、演劇オタの血が滾ってるわ~。

IHIステージアラウンド東京へ行ってきた

20170409_132935

色々言われているステージアラウンドですが、休日のマチネという事で都バスで行ってみました。

都バス05-2 ビックサイト行き
東京駅丸の内~有楽町~銀座~築地~勝どき橋~新豊洲駅~というルート。

築地で待ち合わせてランチを食べたので、そのまま築地からバスで。
遅れる事も予想しましたが、スムーズに到着。
大体15分くらい?
隅田川や街並みを見ながらのバスの旅、ちょっとだけ観光気分になります。

(バスは何があるか判らないのでその点は注意で)

新豊洲駅に着くと、見事に何もない。
何もない荒野に劇場がポツンと立っている状態。
まさに関東の荒野。髑髏城の七人。

駅からは360度ぐるりと見渡せば、自然と劇場が目に入るので、迷いません。
ゆりかもめの市場前に比べて5分弱余分に歩くかな?

過酷過酷言われているステージアラウンド、
どうせ行くなら楽しんだもの勝ちで。

但し飲み物は絶対持参で。
二幕が長い&休憩はトイレで潰れるので、一口で食べられるカロリーメイト的な簡単な食べ物も持参が望ましい。

客席の段差があまり無いのが一番辛いかな。
自分ではどうにも出来ないし。

入口にもう少し大きな屋根つけてくれると嬉しい。
梅雨・台風の季節になるし。
仮設的なもので良いので。

01 02

オマケ。築地テラスのランチ。
生憎の雨でしたが、窓から桜が見えて綺麗でした。

『髑髏城の七人 Season花』 一回目追記

少しだけ書き残した事を追記。
ネタバレ有。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 一回目追記" »

より以前の記事一覧