カテゴリー「日々雑記」の284件の記事

中止か再開か

まずは19日に上演開始の新感線です。
無事に幕が開きますように!

パルコ、東宝系も20日から開幕予定。良かった…。

そしてアナスタシア。対策万全にして見に行く予定。開幕を祈ります!!!

でも気は抜かない。手洗い等、頑張ろう。
一応マスクの在庫はあるが、手作りマスクもそろそろ考えよう。

一方国立小劇場の義経千本桜は早々に3月すべて中止。
美術館も国立系のところは、期限未定の閉館になっている所が多いですね。

続けて歌舞伎座、演舞場、明治座、南座もすべて3月中は中止。
また力抜けた…。

このご時世なので芝居の自粛はある程度仕方が無いと思いますが、基準が曖昧なのがもやもやする原因です。
各劇場の開幕に向けての対策を読むと涙出ます。

このご時世なので自宅にいることが多くなり、スポーツ中継を見てますが、いや無観客の試合ってほんっっっと面白くないですね。

さらに公演中止続く

31

新感線、発表されたのが遅い時間であり、苦渋の選択だったのだろう。
辛いな…。ホント辛い。
せめて19日のLV見たいが、この日は仕事で無理。
長年新感線見ているけど、東京公演見られないのは初。
博多座からLVもやってほしい

オグリチームも京都入りしたあと、休演期間が延期。
役者さんたちのお詫びのメッセージ見る度に、私ら客より余程大変なのにと思う。

ヘンリー八世の大阪も。ああ、他にも続々。

アナスタシアも再中止…。これで更にチケット消えました。
凄く評判も良いし、20日からの再開を切に切に祈ります。

新感線に限れば、過去も公演中止はあり、大江戸ロケットとか鋼鉄番長とか、何度か当たったこともあるけれど、今回ほど心が折れそうなのは無い。

何といっても先が見えない。
根拠も自粛のラインも明確ではない。
正解が無い。

休演した分チケット買って応援といかないのも辛い。

とりあえず自分は対策徹底するくらいしかやることが無い。

メガネ、マスク、手袋、手洗い、アルコール消毒。
帰宅したらドアノブ、スマホも消毒。

(2月に何本か観劇してるけど、演劇ファンはマスクもアルコール消毒も徹底している人多数だったけどね)

3月下旬くらいには、多少は状況落ち着くことを祈ります。

2020.3.3の雑記(ありがたい)

03031

ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』
明日へ希望を繋ぐファイナルステージのライブ配信が決定!

公演中止となった藤岡正明さん・木村花代さん主演のミュージカル『HUNDRED DAYS』の配信!
ニュース見た時泣きそうでした。
鬱々とした気持ちにまさに光が差し込んだよう。見られなくなった公演なので、本当に嬉しいです。
関係者の方の努力、有り難く受け止めます。

2020年3月8日(日) 16:00 配信開始予定

そして太田記念美術館から年間パスポートのお客さん向けにハガキが来ました!

太田記念美術館も現在お休み中。
原宿という場所、浮世絵専門なので外国人も多く訪れるという事、休館は止む無しと思っていました。

・休館のお知らせとお詫び
・年間パスポートの受付の延長
・ハガキが1回分の招待券に

太田記念美術館の年パスは4月~翌3月で、従来の受付は3月。4月まで延長で助かりました。
年パスには招待券も数枚ついていて、休館期間がある分をハガキで補てん。有り難い限り。

そして今はTwitterで浮世絵紹介してくれます。楽しい。

4月以降の展覧会は月岡芳年ですよ!芳年おすすめです。
落ち着いたらぜひ行って欲しい。

月岡芳年 血と妖艶
2020年4月1日(水)~5月27日(水)

続々と公演中止

05_20200301000601

演劇界も未曾有の危機かもしれない。
職場でも対応をどうするか、日々話し合われてます。

現状、私は5連敗となりました。

「ヘンリー八世」
「劇団☆新感線 偽義経冥界歌」
「HUNDRED DAYS」 
「アナスタシア」
「RENT」

松竹、東宝も軒並み中止。
自粛要請というのが曲者ですよね。

アナスタシアは複数取ってるとはいえ、ダメージ喰らいました。
その後さい芸のニュースが来て追い討ち。チケット追加したヘンリー八世の中止がショックすぎて…。

続々と入る中止のニュースに本当に体の力が抜けてしまった。

仕方の無いことだとは思っているけど、毎日電車通勤している身としては、エンタメ中止にする前に通勤ラッシュをどうにかしてくれと思ってしまう。
そしてここまでの事態になるまでに、出来ることはあったろうに。

観客も辛いが、芝居を創る側はもっと無念だと思う。
関係者の言葉を聞く度に悲しくなる。

一日も早い収束を願います。

写真は庭で育ててる早咲きの桜。おかめ桜です。

公演中止か…

04_20200301000601

毎日の通勤ラッシュを考えると、芝居の中止にどのくらい意味があるのかと思うけど。
トーハクも暫く閉館。悲しいけど仕方無い。

とりあえず週末行く予定の新感線は中止になりました。
振り替えも難しいだろうし、去年松本の公演に行っといて良かったです。

2/26夜の時点で以下が中止。

劇団四季
国立劇場
新国立劇場
新感線

さいたま芸術劇場は2/27は実施。自分の再観劇は出来るのか。

あとは松竹の歌舞伎関係がどうなるか。

美術館関係はどうなるのだろう。
少し前からギャラリートーク系は中止になっている所もある。
たばこと塩と太田が気になる所。

マスク、手洗いは徹底して、日々過ごします。

写真は庭で育ててる早咲きの桜。

2020.2.17の雑記

大河ドラマを見ながら、長谷川博己くんをはじめて舞台で見た時の事を思い出した。

『トーチソング・トリロジー』
2006年、篠井英介さんの主演舞台です。

そのタイトルの通り、ゲイの主人公アーノルドの3つの物語。
長谷川くんは2幕に登場。
1幕で結婚するからと恋人に振られ(ダメ男の元カレは橋本さとしさんでした)、失意のアーノルドの新しい若い恋人、アラン役。
アーノルドに語りかける台詞がとても素敵で、めちゃめちゃ印象に残ってた。
上手い俳優さんだなと思ったので、その後の活躍はうれしい限り。

『トーチソング・トリロジー』、脚本も凄く好きなので、再演して欲しい。かつては鹿賀さんも演じたとか。

今ならアーノルドを誰で見たいか、思い浮かんだのは高橋一生くん。
三世次はマイナスの感想でごめんなさい。でもアーノルドは一生くんでみたいな。

ノムさん…

出掛けようとしいたのだが、ニュース見て何か暫くぼーっとしてた。(結局出掛けたけど)

日曜夜のTBSのスポーツニュース。健在なボヤきが楽しみだったな。
最近はまるくなったと思ったけど、昨年のプレミアの時、中日の大野投手が四球連発の場面で凄い怒ってたので、「ノムさんまだまだ元気だ!」と思ったっけ。

ノムさんが監督時代の楽天戦。選手交代で監督がベンチから出てくると、球場中から凄い歓声だった。
私都民なので、ビジターの西武球場ですよ。

野球界を盛り上げてくれてありがとうございました。安らかに…。

2020.1.8の雑記(色々発表)

仕事が手につかない1/8の午後でした。

新国立劇場2020/2021シーズンラインアップ発表のお知らせ

ついに『リチャード二世』ですね。

2020年版「ジャージー・ボーイズ」

藤岡トミー復活で踊りそうになったあと、尾上の文字を見付け「お、松也くん出るんだ」と思って仕事に戻った私。
その後、帰りの地下鉄でじっくり見て、「尾上右近」だった事に気付いた。びっくりした…。

今回はチーム制ではなくダブルキャスト。組み合わせ悩みそう。

作・三谷幸喜 主演・小栗旬 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

北条義時ですか!今だ私の中では「草燃える」の松平健のイメージだ。
永井路子さんの一連の作品等、この時代は大好きなので、非常に楽しみ。

気になるのは耕史くんが出るかどうか。
大河あると舞台が無くなるのは辛いが、花髑髏オタとしては小栗くんとまた共演して欲しいー。
あの捨之介と蘭兵衛が並んだ瞬間、いかにも旧知の仲といった空気感が醸し出されたのに、本当に感動した。
カテコで手繋いで退場したのも忘れられん。

とにかく他の配役が気になります。

令和二年

200101

令和二年となりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

2019年の総決算は相変わらず纏め途中です。

カウントはしましたが、芝居72本(リピート観劇、映像作品含む)、美術展154回、旅行13回(日帰り含む)となりました。
芝居は減りましたが、美術展がとんでもなく増加…。

そんな訳でカレンダーは趣味全開。歌川広重と川瀬巴水。

このBLOGをはじめたのが2005年7月。
では2006年1月何をしていたかと思ったら、梅田で「レ・ミゼラブル」を見て、別所哲也さんのバルジャンにおちていた。
そしてその後藤岡正明くんのマリウスにも夢中になるという。

全然変わってないですね。

令和二年が希望にみちた年となりますように。

 

久し振りのステアラ

Img_20191023_133234

ブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」を観劇して来ました。
メタルマクベスDisc3楽以来のステージアラウンド東京です。
凄く楽しかったけれど、相変わらず見辛い劇場でした。

暫く行ってなかったので、気が付いた事をメモ。

・キッチンカー健在。
・劇場の外にもロッカーが設置。トランク入る大型ロッカーも有り。
・昨年12月より新橋、森下、東陽町とバス路線が増えていたので、乗ってみた。
・トイレはやはり混雑。

芝居はとても良かったのですが、集客は苦戦してますね。
サイドと25列より後ろは、そもそもチケット販売していないようです。
劇場の環境が劣悪なのにチケ代15000円は高すぎ。後方やサイドを当日限定9000円くらいで売れば良いのに。

期間限定劇場だから、それ程メンテに手間をかけられないのだろうが、来年ヤマトタケルで何回かこの劇場に来るのかと思うと憂鬱です。ホント芝居は面白いのだけどね…。若くないと色々辛い。

今更ながら髑髏城の集客力の高さを思い知りました。
特に花と修羅天魔。3か月近い公演、発売初日にチケット完売は凄すぎ。

マチネだったので、帰りは新橋までバスで。演舞場の辺りを通って新橋へ。
どうしても道路は混みますけど、ゆりかもめより安いのは嬉しい。ただ朝以外は本数が少ないので要注意。

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30