カテゴリー「食事・酒・旅」の217件の記事

フェルケール博物館@清水

Simizu

このBLOGでも行きたい行きたい書いてました、清水のフェルケール博物館へ行ってきました。高速バスなら安く行かれるので日帰りで。
連休中に敢行した日帰り静岡旅行、疲れたけど楽しかった。

最初の写真は清水マリンパークに咲いていた、土肥桜。

7:15 バスタ新宿発。高速バスは満員です。

01_2 02
10:40くらいに新静岡着。静岡鉄道の駅に行くと、ちびまる子ちゃんがお出迎え。
新清水駅まで電車、そこからバスで博物館へ。

03

「フェルケール」というのは、ドイツ語で「交通」を意味し、清水港の歴史を紹介する博物館になります。
中庭に大きな池があり、入り口にも碇が飾ってある素敵な博物館です。

お目当ての企画展「歌川芳幾 よしいく ―忘れられた巨人―」は2階でした。

最初に開化物。横浜開港資料館所蔵。KAATの近くなのに行った事が無い。行かねば!
英名二十八衆句からは3点。静岡県立図書館からかなりの数の提供。

仮名手本忠臣蔵、歌舞伎新報等、歌舞伎関連の絵も多い。しかも個人蔵。色も綺麗。
源氏物語もとても良かった。

東京日々新聞も多数。ただ解説が無い。

出品リストを見ると、前期後期でかなり入れ替わる。後期も見たい。

東京の美術展は混んでいて、時間とお金かけても遠征した方が楽しめる。
(でも馬頭広重美術館はさすがにハードル高い。土日はバスの本数が少なくて…)

04 05

一階に降りて常設展示も見る。清水港の歴史の部屋、清水港貿易の部屋、和船の部屋など。
中でも明治の輸出品であった日本茶の茶箱、工夫をこらしたラベルが面白い。
缶詰博物館という建物もあった。

2時間くらい美術館を楽しみ、お寿司を食べたかったが何処も混んでて断念。

午後は草薙にある、静岡県立美術館へ。
丁度1時間に1本のバスの時間に当たり、楽々美術館に着く。

敷地がもの凄い広くて驚いた。
残念ながら雨が降ってきたので、お散歩は断念。

企画展「1968年 激動の時代の芸術」、ロダン館を鑑賞。
ロダン館、入り口でアプリをスマホにダウンロードすると、簡単に解説が見られます。wi-fiも有り。

閉館まで美術館にいて、バスで草薙駅へ。
買い物して18:24発の高速バスで帰京。

以上で日帰り静岡旅行終了。海鮮食べられなかったのが心残り。

さて清水の芳幾、後期も行くかどうしようか検討しよう。行くなら名古屋市博物館も一緒に見たい。
何たって芳幾・芳年の傑作「英名二十八衆句」の全シリーズが一挙に公開ですからね。

東海道広重美術館へ行く

06

07

旅行2日目は由比へ。
目的は東海道広重美術館。
東京からだと二の足踏みますが、三島からなら東海道線でそれ程時間も要しません。

由比に着いて唖然。
コインロッカーが無い。
仕方なく荷物を引きずって行くことに。

徒歩20分くらい。荷物無ければ楽勝なのですが、行きはタクシーとしました。

由比本陣があった所に建てられた美術館。
東海道に広重美術館があるって、ロケーションも素敵。

今回のテーマは「お城で旅する東海道」。

東海道を下りながら、お城がテーマの浮世絵を見るという趣向。
広重だけではなく、河鍋暁斎などの絵も有り。

展示もおもろしかったが、初刷と後摺を比較したりの映像も面白い。
那珂川の広重美術館提供のスライドもあり、こちらも行ってみたくなる。

08

お向かいは由比正雪の生家だったかもしれない、紺屋さん。せっかくなので手ぬぐい購入。
途中でさくら海老の定食を頂き、徒歩で駅へ。

帰りは小田原に寄って買い物。駅前のひもの屋さんが無くなっててショック。
小田原の駅ビルの一階、安くてつい買いすぎる。

以上、1月の旅でした。

御殿場高原時之栖に一泊二日

01

1月の旅行は紆余曲折ありました。
北海道・十勝→山形・小野川温泉と変更して、結局近場に行くことに。

時之栖は最近ではイルミネーションが有名ですが、私の中では地ビールです。
昔から定期的に行ってましたが、ここ数年はご無沙汰。大体日帰りでしたが、たまには泊まってみる事にしました。

行きはロマンスカー。
あさぎり号→ふじさん号に名称が変わった事をはじめて知る。
ロマンスカー空いてました。高速バスが人気なのでしょう。

12:50御殿場駅発の送迎バスで時之栖へ。

13:15頃着。チェックインが14:00と早めなのは有難い。
ワインを軽く飲みつつお昼を食べて、チェックイン。すぐにお風呂へ。

宿泊とセットなのは気楽坊なのですが、茶目湯殿が好きなのでそちらへ。宿泊者は500円引きです。

02

茶目湯殿好きーーーーーーーーーー。
18歳未満は入場出来ないので、落ち着いて寛げます。
お風呂も広いし、何といっても休憩室が広い。コーヒー等飲み物もある。

男女問わず一人で来ている人も多い。一人でも一日寛げる。

露店は階段のぼって、富士山見ながらの絶景スポット。

17:00くらいまでお風呂で寛ぐ。

部屋でちょっと休憩してから食事。
御殿場高原ビール美味しい。
ただ大昔を知ってると、レストランの内容は少々寂しい。

以前多摩にあった地ビールのお店、こちらも美味しかった事を思い出す。
いつの間にか無くなってしまい、一回しか行かれなかったが。

持ち帰り用の2リットル瓶ビールはちゃんと売っていた。車が無ければ買えないが。

04

05

03

その後イルミネーション。
宿泊者用の割引券を頂いていたので、王宮の丘から噴水ショーを見る。
噴水ショーは確かに有料でも見る価値はある。

翌日朝は気楽坊へ。
朝は宿泊客だけなので空いている。さすがに露天は寒いが、色々な風呂があって楽しめる。
死海の風呂より、炭酸風呂が良い。

パンやチョコレート、たっぷり買い物をして、時之栖を後にする。
桜の季節も綺麗なので再訪したい、混んでいるだろうな。

帰りは三島行きのバス。三島から由比へ向かいます。

2日目に続く。

2018年の旅行まとめ

1524282521364

長野県・高山村の五大しだれ桜のひとつ。黒部のエドヒガン。

2018年の旅の記録。
インスタグラムの方に旅行の記録は載せているので、ブログではサボりがちでしたが、自分の記録でもあるので、後半は頑張ってみた。

1月 長泉ガーデン 3泊4日(個人)
日帰り房総旅行(バスツアー)
2月 六日町温泉 龍言 2泊3日(阪急交通社)
3月 長泉ガーデン 2泊3日(個人)
4月 高山村・小布施 桜旅 1泊2日(びゅう+個人)
5月 長泉ガーデン 2泊3日(個人)
6月 箱根・仙石原温泉 虎屋 1泊2日(宿のみ厳選いい宿)
7月 山梨・下部温泉 下部ホテル 3泊4日(1泊+飛行機のみ阪急交通社、2泊個人)
9月 松江・出雲 月夜のうさぎ 2泊3日(阪急交通社)
10月 山形あつみ温泉 萬国屋・新潟月岡温泉 華鳳 2泊3日(阪急交通社)
11月 猿ヶ京温泉 旅籠屋丸一 1泊2日(宿のみ厳選いい宿)
12月 西伊豆・松崎温泉 伊東園ホテル 2泊3日(個人)
日帰り栃木旅行(個人)

今年は手配手段も載せてます。
旅行会社はほぼ阪急交通社です。The温泉の旅という阪急の冊子を愛読してます。
テレビ東京で放送していた厳選いい宿が終わってしまったのは、温泉好きには非常に痛い。

泊まったお宿で良かったのは、旅籠屋丸一、月夜のうさぎ。

Img_20181118_154731

旅籠屋丸一さん。敷地内が凄く素敵。

逆にお高い割にいまいちだったのは、龍言、萬国屋。

20180212_140057

龍言の正面玄関。

龍言、素敵な作りのお宿なのですけどね…。お高い割には食事のレベルが。接客も何か冷たい。

あつみ温泉は以前行きました。泊まった久遠、温泉だけ行ったたちばな屋は良かったのですが、それよりお高い萬国屋が一番良く無いってどういう事?
10月の旅行は現美新幹線に乗って、あつみと月岡に行くツアーだったのですが、お値段の割には色々駄目なツアーでした。

Img_20181009_065834 Img_20181008_203636 

華鳳さんのプライベートスパ

唯一良かったのは、月岡温泉の華鳳。以前お隣の泉慶に泊まりお風呂だけ行って凄く良かったので、泊まりでゆっくり出来たのは嬉しかったです。念願のプライベートスパも行かれました。素敵だった。

4月に行った高山村。突然思い立ってタクシー観光を決行。

Kimg3050

これは高山村の隣、須坂の弁天桜

Kimg3094
小布施の桜。花桃と共演。

高山村の五大しだれ桜は本当にお勧めです。人少なくて穴場です。但し車無いと行かれません。
翌日行った小布施の桜も綺麗でした。

Img_20180924_140330 Img_20180924_124238

9月の松江・出雲観光。松江が見所多くて楽しかった。また行きたい。

2018年最後の旅は西伊豆の松崎、念願の長八作品をたくさん見られました。

2018年は13回旅してました。今年はどのくらい行かれるかな。

12月2泊3日西伊豆旅行 その2

西伊豆旅行の記録続き。写真多め。

2日目
伊豆の長八美術館
岩科学校
長八記念館
街中散策

10

松崎に来た最大の目的は入江長八の作品を見る事。

入江長八とは「漆喰」(しっくい)芸術・「鏝絵」(こてえ)の名工、「伊豆の長八」(いずのちょうはち)のことです。出身は松崎ですが、活動はほとんど東京。ただ東京に残した作品は関東大震災でかなり失われてしまったとか。

長八美術館は国道沿いにあり、松崎のお宿からもほぼ歩いていける距離。朝から雨が降っていた事もあり、バスで行きました。

10:06 松崎バスターミナル発 5分くらいで美術館です。

11 13_2

入場するとルーペを渡されます。作品の細かい部分を鑑賞する為です。鏝絵というのが信じられないくらい細かい!そして美しい!

1時間くらいじっくり鑑賞。バスの時間を調べたら11:43岩科学校へ行くバスがある。
長八美術館内で流れている映像をゆっくり見る。東京に残されている作品も紹介。非公開が多い。橋戸稲荷の狐が見たい…。

11:43 バスで岩科学校へ。

20

岩科学校は、伊豆地区最古の小学校で重要文化財です。和と洋が取り入れられた素敵な建築です。
長野県松本市にある重要文化財「旧開智学校」とも姉妹館提携。
最大の見所は入江長八が描いた、二階の欄間の千羽鶴。

21 22

帰るバスまで時間があってので敷地内の開化亭へ。元は村役場だった由緒ある建物。長八のお弟子さんの作品もあります。

25

ぜんざいやお抹茶を頂いてのんびりしている内にお天気回復。
バスで戻って長八記念館へ。

長八記念館とは長八の菩提寺でもある浄感寺の事。
タイミング良く私たちだけの貸切で、解説付きでゆっくり見る事が出来ました。

26

27

欄間に描かれた「飛天」は、長八の代表作と言われる作品。「八方睨みの竜」も素晴らしい。
他にも彫師の石田半兵衛の彫刻があり、松崎に来たら絶対に見るべき所でした。

31 30_2

なまこ壁を見ながらホテルへ戻る。
時計塔の数字は13まであります。松崎の浪漫です。

ホテルの最上階のラウンジへ。海が綺麗に見える絶景ポイント。しかも全然人がいない。

16:00より近くの伊豆まつざき荘の温泉へ。
伊東園のお風呂、お湯の質は良いけど地下なのです。せっかく海辺なのにもったいない。

まつざき荘は建物の6Fに展望風呂があり、絶景の夕日鑑賞が可能。生憎夕方から曇りでしたが、海見ながらのお風呂は絶品でした。お風呂で話した地元の人も、フロントの方も親切。

3日目 帰る日。この日はのんびりの出発。

11:00ホテル発

32

なまこ壁を見ながら伊那下神社へ。
天然記念物のイチョウを見ながら、名水「明神水」を頂く。
長八の作品も保管されています。

わさび漬の店を発見。買い物する。帰宅して食べたら絶品だった。

33 34

再度寿司屋で昼ごはん。お寿司を幾つかと海鮮丼を頂く。
本当に本当に美味しかった。ちあいの唐揚げとか、なかなか食べられないものを頂いた。

14:30 ホテル発で帰路。
松崎は時間の流れがちょっと違う感じがして、日常と切り離された素敵な空間でした。
桜の季節にまた行きたいな…。

12月2泊3日西伊豆旅行 その1

01

念願の西伊豆・松崎に行ってきました。
左官の名工と言われた長八に興味があって、以前から行きたかったりですが、西伊豆・とにかく交通手段が無い。

方法その1 下田~路線バス(30分くらい)
方法その2 修善寺~路線バス(1時間くらい)
方法その3 三島~路線バス(2時間くらい)

免許の無い人間にハードルが高すぎる…。
踊り子号使うのが楽なのですが、高い割には車両が古い。

下田辺りに泊まり松崎まで美術館の為に行こうかと、色々思案した結果、伊東園ホテルさんなら宿泊者に往復バスを出している事が判り、直行バスが一番楽だろうと決めました。

ええ、ホテルは値段に相応しい所でしたよ…。でもあの値段なら諦めもつきます。バス付だし。

とはいえ念願の松崎旅行、2泊3日で観光詰め込みました。
ホテル帰っていまいちの夕食食べてお酒飲んだらもう眠くなるという、健康的な生活でした。

松崎1日目
バスは9:00新宿発。土肥を経由して予定より早く13:40頃松崎着。
途中伊豆フルーツパークで休憩。食べるものがアイスくらいしか無く、着いてすぐお昼ご飯探しへ。

寿司屋を見つけたので入るが、これが大当たり。
白子が特に美味しかった。

02 03

中瀬邸で人力車に出会う。

04

松崎の人力車は一度廃止になり、12/1から新たにはじめたとか。早速乗り、町内を案内して貰う。

05

ホテルに戻り足湯浸かりながら、海に沈む夕陽鑑賞。
着いて3時間くらいで満喫しすぎ。

11月猿ヶ京温泉1泊2日

01

11月に群馬県の猿ヶ京温泉に行きました。
テレビ東京で放送されていた厳選いい宿という番組で見たのが切っ掛け。
泊まったお宿は旅籠屋丸一さん。こじんまりした居心地の良いお宿でした。

猿ヶ京温泉は公共交通機関で行こうとすると、路線バスしかありません。関越交通のバスで沼田駅、後閑駅か、上越新幹線の上毛高原駅からのアクセスです。
高速バスだと、草津温泉に行く上州ゆめぐり号で渋川乗り換えで、沼田が後閑まで。
12~3月だとでみなかみ温泉号の運行があるので、上毛高原駅で乗り換えという手段もあります。

我が家は高速バスの乗り場が近いので、電車賃節約もあり高速バスを使いました。乗っている時間は大した事ありませんが、どうしても乗り継ぎで時間をロスしますね。

路線バスで沼田から大体1時間。赤谷湖を見ながら猿ヶ京温泉で下車。旅籠屋丸一さんはバス亭目の前でした。

04

このお宿がとても素敵な造りでした。
日本庭園の中に幾つかの古民家が点在しています。お部屋も古風で素敵。様々な絵や書画が飾られてます。
チェックインの3時より少し早く到着したのですが、チェックインまではお茶室で寛げました。

03

一番大きなお風呂は蔵の湯 林。天井が高くて素敵です。
貸切風呂も幾つか有り。

お食事も野菜をたっぷり使って美味しかった。

02

リピーターの多いお宿のようですが納得。お庭、建物、内装、素敵でずっと眺めていたい。

猿ヶ京温泉、山奥ですが商店もあり、お散歩するのも楽しい。
まんてんの湯という日帰り温泉もあります。
他にも趣きのある温泉施設が色々あるらしいが、さすがに時間切れ。

楽しい一泊二日でした。

12月栃木日帰り旅

突然思い立って栃木に行ってきました。
当初、那珂川町馬頭広重美術館に行く計画をたてたのですが、駅からのバスが土日は極端に少なく、悩んだ末金曜に挫折。
何となくネットで検索して行き当たったのが、栃木市役所ととちぎくらの街美術館でした。
なのでホントに行きの電車以外、ろくに調べずノープラン。

11:30に栃木駅着。喜多川歌麿と蔵の街!東京からは案外近い。バスで数分で品手市内中心部へ。

Tochi_1

Tochi_2

「浮世絵で見る歌舞伎の世界 石川常四郎コレクションの役者絵」
とちぎ蔵の街美術館 

土蔵3棟が並んでおり、中が美術館になつています。
石川常四郎さんという方のコレクションが、市に寄贈されたとか。

展示は50点くらいですが、ちゃんと演目別になっており、その演目の簡単な解説も有り。
歌舞伎に馴染みのない方でも楽しめるように工夫されています。

何よりすている…。都内の美術館、混み混みですからね。

栃木に歌舞伎を呼ぶ事もあったとか。
「花魁草」の説明もあり。「花魁草」の舞台は栃木ですものね。

広場でそば祭りが開催。地元の方で賑わってました。寒かったので美味しい。

その後は栃木市役所へ。
歌麿の3部作「雪月花」の高精細複製画の展示が目的。
街道には可愛い建物がいっぱい。交番も郵便局も可愛い。

市役所は何と東武デパートの中にあった。

4階にあがると、普通にカウンターとかある市役所で、その壁にどーんと「品川の月」「吉原の花」「深川の雪」が!

Tochi_3_2

Tochi_4

Tochi_5

日曜なのでもちろん市役所は休み。人がいない。自分たち入れて5人くらいしかいない中、ゆっくり鑑賞。完全に独り占め状態。複製画とはいえこれは嬉しい。
岡田美術館も行きましたが、絵をみる所ではないくらいの凄い人でした。
市役所にはボランティアガイドの方がいらっしゃってて、詳しく説明もしてくれました。ありがとうございます。

ゆっくりみて「品川の月」が一番好きと気が付く。ガイドさんと同意見でした。(でも本物はワシントンのフリーア美術館で門外不出…)

30分くらい楽しく鑑賞して市役所をあとに。
日帰り温泉にするか、蔵の街散策を続けるか迷い、寒いので温泉へ。

Tochi_6

日光例幣使街道の古い街並みを20分くらい歩く。

日帰り温泉、お湯の質は良いけど、日曜の夕方だったのが悪かったのか激混み…。
大してお風呂を堪能出来ず、早々に食事処でビールと蕎麦。

バスの時間になったので、温泉を後にして駅へ。
大体6時間の滞在でした

後から此処も行きたかったという所が多々出てきた栃木の旅でした。

9月の3泊4日島根旅行 その2

01

02 03

松江から出雲に移動し、2泊を「月のうさぎ」というお宿で過ごしました。
価格もリーズナブルで、内装も可愛くて、サービスも良し。大当たりでした。

04 05

和風でモダンなお部屋。館内にはあちこちにうさぎが。

06

08 07

温泉は自由に入れる貸切が5つ。人気でなかなか入れず。
その分大浴場がすいていた。

12

夕飯はバイキング。飲み放題有り。日本酒付きなので迷わず飲み放題に。
2日目は連泊のお客さんにサービスの前菜有り。
連れのお誕生日が近かったこともあり、ワンドリンクのサービスも有り。
至れり尽くせりでした。

出雲大社までは歩いて8分くらい。

09

ちょっと遠いけど日御碕神社と日御碕灯台も行きました。
天照と素戔嗚を祀っています。

宍道湖の夕日とか見そびれた所も多々あり。

充実した島根旅でした。

9月の3泊4日島根旅行 その1

Img_20180923_134724

9月に遅い夏休みを取って、島根旅行に行きました。
一度足立美術館と出雲の辺りの温泉でのんびりしたくて。
計画たてた後に「NARUTO」読破したので、素戔嗚や天照という単語だけで嬉しくなる旅でした。

1日目 米子鬼太郎空港~足立美術館~松江ビジネスホテル泊
2日目 松江観光~出雲へ移動~月夜のうさぎ泊
3日目 日御碕神社~午後~温泉でのんぴり~月夜のうさぎ2泊
4日目 出雲大社観光~帰京

1泊4日(初日の松江の宿+往復の飛行機)のツアーを旅行会社に依頼。
出雲の2泊は普通に予約。

松江が非常に見所が多くて楽しかったので松江2泊でも良かったかも。
でも温泉は出来れば2泊してのんびりしたい。松江はまた来年来たいな。

松江で巡ったのは以下の通り。

松江城(夜)
堀川めぐり
塩見縄手
堀川地ビール館
八重垣神社

Img_20180923_183421 Img_20180923_185112

松江城は丁度夜のライトップ中。凄く綺麗でした。

Img_20180924_104345

八重垣神社は素盞嗚尊と稲田姫を祀る神社、国立劇場で「日本振袖始」を見ていたのでタイムリーでした。

Img_20180924_124238

何といっても楽しかったのは堀川巡り。
お城の周囲をぐるっと回って約50分。乗船所は三カ所でチケットは一日乗り放題。
ホテルから乗船所が近かったりもあり、乗り降りしまくった。
夜のライトアップも乗りたかった。

Img_20180923_194959 Img_20180923_200400_2

松江はご飯も美味しいですね。
ホテルの近くの居酒屋「隠れみの」に入ったのですが、お刺身も天ぷらも何もかもが美味しかった。しかも安い。刺身も鶏の石焼も日本酒も何もかも美味しかった。

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28