カテゴリー「食事・酒・旅」の233件の記事

日帰り街歩きツアー(日本橋編)

1月の終わりに旅行会社の日帰り街歩きツアーに参加して来ました。
広重の名所江戸百景に描かれた場所を巡る、浮世絵の旅です。

第1回は日本橋。
天気予報が雪でどうなる事かと思いましたが、何とか集合時間に雨もあがりスタートです。

以下の絵と描かれた場所を巡ります。

1 日本橋 日本橋雪晴 日本橋江戸ばし
2 駿河町 する賀てふ
3 貨幣博物館 
4 一石橋八ツ見のはし 
5 小津和紙 大伝馬町こふく店 大てんま町木綿店
6 鎧橋 鎧の渡し 小網町

最初は日本橋。すべての旅の出発地点です。

Nihon1 Nihon2
「日本橋雪晴」「日本橋江戸ばし」

01_20200229235001

よく言われている事ですが高速道路が景観を損ねていますよね。

当初の予定とコースを変え、午前中はなるべく屋内、お天気がよくなる午後に外を回るとのこと。

02_20200229235001

朝はかなり寒かったので地下へ。地下にある『熈代勝覧』鑑賞。解説付きだと判りやすい。

Suruga 03_20200229235001

その後「する賀てふ」の場所へ。三井越後屋呉服店、今の三越ですね。実際は富士山はこの角度では見えず、もう少し左端になるそう。この絵は宣伝効果凄かったらしい。

04_20200229235001

さくら通りを歩く。
十二代團十郎さんの書いた「さくら通り」の碑もある。

休憩兼ねて貨幣博物館に立ち寄り。40分くらい。
寒かったので屋内に入れたのは有難い。
入場に荷物チェック有。展示は無料。

Ikkokubashi 06_20200229235001

外へ出て、一石橋へ。
かつて八ツ見のはしと呼ばれた。
鍛冶橋、銭亀橋、常盤橋、日本橋、江戸橋、道三橋、自らの一石橋が見えることから名付けられた。
もちろん今はたくさんの橋も富士山も見えない。
一石橋迷子しらせ石標が当時の面影を残す。

日本橋に戻ってコレド室町でお昼休憩。
お昼は自由食なのが有難い。
歩いている時に広重と川瀬巴水のシャッター発見。

Oodenma Oodenma2

 

07_20200229235001

午後はまず大伝馬町へ。
小津和紙さんの辺りが浮世絵に描かれた場所。
かつて大丸があった場所。呉服問屋がたくさんあり、今でいう原宿のような賑わいだったとか。

最後は人形町方面へ。商人の町日本橋の隣り。昔は芝居小屋や元吉原があり、江戸の中心的な歓楽街。
堀留町、小網町などその名の通り、当時は堀や水路が張り巡らされていた。
強運厄除けで有名な小網神社は、人気すぎて30分は並ぶらしく眺めただけ。

Yoroi 08_20200229235001

鎧橋 鎧の渡し 小網町

ここから日本橋に戻ってこの日の旅は終わり。
10:00から15:45くらいまで(お昼休憩1:30)。大体16500歩でした。

次回も参加予定です。

令和二年冬の旅、越後湯沢へ

年明け早々に越後湯沢で温泉に浸かってきました。
泊まったのは、雪の花というお宿。

昨年OPENしたばかり。2018年に出雲で止まった月夜のうさぎさんと同じ共立リゾートです。
月夜のうさぎが良かったので、DM頂いていた事もあり行ってきました。

01_20200118040001

駅からは5分もかからず、素敵な和風の門がお出迎え。

アーリーチェックインのプランだったので、早々にお部屋へ。

06_20200118040001 05_20200118040001
和モダンの可愛い内装でテンション上がる。部屋でコーヒーも煎れて飲めます。

02_20200118040001 03_20200118040001

お風呂は貸し切り3つ。空いていれば自由に入れるので、早々に貸し切りふたつ制覇。

その後大浴場へ。
雪眺めながらの露天風呂はは最高でした。

04_20200118040001

部屋のお風呂も素敵!

帰りに卓上カレンダーを頂いたので、仕事のデスクに飾ることに。

伊豆や草津のホテルに行ってみたい。
一番行きたいのは秋田の秋の宮温泉郷 湯けむりの宿 稲住温泉だが、交通手段が。

2019年の旅行まとめ

   00_20200105015801

年が明けてしまいましたが、2019年の旅行まとめです。

2019年は一泊温泉や美術館旅メイン。
母親が体調をくずす事が多くなり、なかなか長期の温泉に行かれなかった。
なかでも10月に3泊4日で予定していた函館(海峡の風)をキャンセルしたのは悲しかったが、こればかりは仕方ないですね。

以下、日帰り含めた2019年の旅。

清水日帰り
秋保(2泊3日)
清水~恵那~名古屋(泊2日)
松本(2泊3日)
長野~小布施(1泊2日)
恵那~京都(2泊3日)
箱根(1泊2日)
鋸南日帰り
妙高高原(2泊3日)
豊橋日帰り
水上(1泊2日)
恵那~京都(2泊3日)
北川(1泊2日)

以下、それぞれの簡単な感想です。

続きを読む "2019年の旅行まとめ" »

2019年9月の恵那・京都旅その2

二日目は京都国立博物館と南座。
ゆっくり眠って京阪で一本。アクセスも良し。

03_20191231034101

04_20191231034101

「京博寄託の名宝~美を守り、美を伝える」
京都国立博物館

さすが京都、良い展示がたくさん。二階の仏画、中世絵画、近世絵画にうっとり。

午後ホテルに戻ってひとやすみ。ロビーでコーヒー飲んで南座へ。

05_20191231034101

「九月花形歌舞伎 通し狂言 東海道四谷怪談」
南座

感想は別記事にてUP済です。

3日目 京都の細見美術館と大阪市美術館へ行き帰京予定。

ホテルのパンの種類が昨日と一部変わってた。
無料なのにサービス良い。
バスでロームシアター方面に向かい、細見美術館へ。

06_20191231034101

「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」
細見美術館

10時のOPENと同時に入館したので、人も少なく快適。
今年一番といって良いくらい素晴らしかった。
刷りがホント綺麗。

図録買いたかったが荷物になるので我慢。

ゆっくり楽しみ、京阪で大阪へ。

07_20191231034101

「メアリーエインズワース浮世絵コレクション」
大阪市美術館

千葉でもみたが、やはりもう一度みたくなった。

大阪市美術館は何度か来た事あるが、こんなにベンチが無かったっけ?
そこそこ混んでいることもあり、かなり疲れた。

「浮世絵のいろいろ~きいろ編」
上方浮世絵館

新幹線まで時間があったので、難波で上方浮世絵美術館に寄り、新大阪へ。

新大阪で土産を買いたかったが、金曜だからか人多すぎ
ビールとお弁当を買って、東京へ。

一人旅、満喫しました。

2019年9月の恵那・京都旅その1

今更ながら9月の旅行振り返り。

9月は2泊3日で美術館・歌舞伎旅へ行きました。
交通手段とか、自分の備忘録の為に残します。

01_20191231034101

1日目 新宿~恵那(中山道広重美術館)~京都
移動ばかりの1日目。

恵那へは初・高速バス。中央道を通る名古屋行きです。

新宿6:50~恵那IC11:40くらい。
体力持つかが不安でしたが、案外大丈夫でした。

一番の不安だったのは恵那インターから美術館までのルート。
事前に地図を確認していたが、こればかりは歩いてみないと判らない。

こちらもインターがわかりやすい場所にあり問題なし。美術館まで徒歩20分弱。
途中にかわいい喫茶店発見。コーヒーとパンを頂く。
良いお店見つけた。美術館行く前にまた寄ろう。

02_20191231034101

特別展観「木曽海道六拾九次之内」
中山道広重美術館

これがずっと見たかったのですよね。
図録も持っているので、事前に見ておいて準備もバッチリ。

美術館出たら雨!着いたときは青空だったのに。
急いで駅まで行き、中央本線で名古屋へ。
名古屋駅のラーメンストリートでラーメンを食べるのがいつもの習慣

名古屋~京都はぷらっとこだまを利用。
新幹線以外だと時間がかなりかかる。

京都も雨。満員の市バスで河原町四条のホテルへ。

一人旅なので気軽にビジネスホテル。
小さいけど、綺麗だし、パンとコーヒーの簡単な朝ご飯も付いている。
南座まで10分弱。一人の時はまたここに泊まろう。

鋸南町

01_20190926040001

台風被害のニュースで取り上げられた鋸南町。
7月に行ったばかりでした。

浮世絵の祖と言われる菱川師宣の記念館があり、7月末で館内工事で暫く休館になるとのことで、行って来ました。
その時の写真です。

02_20190926041201

東京~千葉は高速バスが多数出ていて、自分もバスタ新宿からバスで君津まで。君津から電車でというルート
駅前には観光案内所があり、自転車の貸し出しも。
漁港を見たり、道の駅を見たりして、菱川師宣の記念館に到着。
帰りも漁港で海鮮丼食べたり、鋸南のビール飲んだり、楽しい一日だった。

下の写真はニュースにも出てる道の駅。

03_20190926041201

東京に居ながら、隣りの県である千葉の事がいまひとつ伝わって来ないが情けない。
また必ず行きます、鋸南町。

その前に水田美術館と千葉市美術館に行って、お金使ってくるぞ。

8月の美術展まとめ

インスタには簡単な感想を書いているが、BLOGはすっかりご無沙汰なので纏めてみました。

001_20190910232601  002

「2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2 楊洲周延《時代かゞみ》全点展示」
城西大学水田美術館

大学の美術家で無料ですが、施設も充実。帰りに川越で下車し小江戸も楽しんだ。

「錦絵などでみる江戸東京の今昔展」
地下鉄博物館

03_20190910232601

「世界への誘い 妖怪・霊界・異国」
太田記念美術館

伊勢半本店 紅ミュージアム

05_20190910232601

「三原順カラー原画展 ~札幌からようこそ~」
米沢嘉博記念図書館

1日で上記4箇所、メトロの一日切符で回ってみた。ヘトヘトになった。
伊勢半本店 紅ミュージアム、数日後から改装で休館。
米沢嘉博記念図書館、同世代なら忘れられない三原順さんの「はみだしっ子」の原画の数々。
帰宅してから20年振りくらいに漫画読み返した。めちゃめちゃ面白かった。

「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸東京博物館

06

「夏の企画展 浮世絵展 ~物語と風景とこわーい絵~」
田原市博物館

07_20190910232601

「水と共に生きる」
中山道広重美術館

田原~中山道は日帰り美術館旅行。JR東海ツアーズの1day豊橋が11400円なので急に行く事に。
田原市は城下町の趣きが素敵な街。美術館はお城の跡に。何と200円。
豊橋~恵那の移動はかなり時間的にも無謀だったが、金山間は土日の往復割引があり、予定より交通費が節約できた。
帰りの新幹線まで時間があったので、豊橋で市電乗ったり、一杯飲んだりぶらぶら。一人旅の醍醐味。

「今昔東海道ステヰシヨンPart1:東海道(蔦屋版東海道)」
静岡市東海道広重美術館

「浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来」
藤澤浮世絵館

由比の東海道広重美術館。由比宿のあとにある素敵な空間。だが駅から25分歩くしかない。
平日はコミニティバスがあるので、その時間に合わせたが、まさかの東海道線遅延で改札潜っている目の前でバスは行ってしまった…。夏の25分は辛い。
帰りは辻堂で下車して大好きな藤澤浮世絵館。二代広重たくさん見られた。嬉しい。

「幽霊画展」
全生庵

「松方コレクション浮世絵版画展 第3期」
東京国立博物館

一度行ってみたかった谷中の全生庵。会期終わりの方だったので、結構混んでいた。
間近で幽霊画がたくさん見られる有り難み。
谷中から歩いてトーハク。鳥居派の役者が多いので嬉しい。

「新形三十六怪撰」他
群馬県立歴史博物館へ。

「江戸の遊び絵づくし」
高崎市タワー美術館

高崎の美術館ふたつ。歴史博物館、めちゃめちゃ広かった。テーマ展示の芳年の「新形三十六怪撰」、まとめて見られた。
高崎市タワー美術館、綺麗な施設だった。判じ絵難しい…。

「井上円了没後100年展」
中野歴史民俗資料館

8月最後。中野歴史民俗資料館も8月いっぱいで休館。

8月は全部で15箇所。
太田記念美術館、藤澤浮世絵館、米沢嘉博記念図書館は2回づつ行ったので、計18回の美術展訪問
暑い、暑いといいつつ、8月もよく歩いた。

恵那へ行く その2(2泊3日恵那・京都の旅)

004

せっかく恵那まで来たら温泉も行きたい、という事で、恵那峡を眺められる「かんぽの宿」に宿泊。

かんぽの宿、良いですね。恵那は温泉も広くてのんびり。部屋からの眺めも最高。
お値段もそんなに高くない。コスパ抜群です。

平日だと一人泊のプランも有り。一人旅の方もちらほら。
温泉に一人泊はややハードル高いですが、かんぽの宿なら泊まれそう。

別の地域のかんぽの宿も行ってみたい。

005

006

翌日は大井宿をぶらぶら。
道が直角に曲がる「桝形(ますがた)」をチェック。
暑い日てしたが楽しかった。

午後から京都へ移動。
名古屋駅で食べたラーメンが美味しくてヒット。

翌日は京都でNARUTO歌舞伎見て、 京都文化博物館に行きましたが、余り好みの展覧会ではなく、疲れただけでした。
詰め込みすぎのスケジュールはいけないと反省。

NARUTO歌舞伎は、もちろんめちゃめちゃ楽しかったです。感想は別記事にてUP済。演舞場の時よりかなり面白くなってましたよ。

小布施巡り(一泊二日長野の旅)

何度か訪れている小布施。今回は季節も良く、街中が花で溢れてました。
時期が良かったのか、それ程混んでもなく、のんびり小布施を回りました。

05_14

まずは岩松院。北斎の天井画で有名。
天井画の説明をたっぷり聞いて、お庭を鑑賞。

しかし80歳を超えた北斎は、徒歩で江戸から小布施まで来たのよね。驚異的なバイタリティ。

05_15

中心部まで戻って小布施堂のえんとつカフェでモンブラン朱雀を食べて休憩。
美味しいけど、一人で食べるにはちょっと量が多い。

05_16

その後北斎館へ。小布施といえば北斎館。「面白すぎる!!北斎漫画の世界Ⅲ」を開催中。

05_18

05_17

 

 

 

 

 

 

写真スポットも色々。肉筆画も揃っている。
何といっても常設の祭屋台が素晴らしい。特に男波・女波と称される『怒濤』の二枚の天井のある上町祭屋台、何度見ても飽きない。

10時には小布施にいたのに、気が付けば14時。長野に戻って新幹線で帰京。
温泉は無しの旅でしたが、楽しかった!

水野美術館へ行く(一泊二日長野の旅)

5月終わりに長野に行きました。旅行記書きかけでBLOG放置。
今回は温泉ではなく、美術館と街歩きです。

1日目 水野美術館
2日目 小布施北斎館と小布施観光

小布施は何度か来てますが、水野美術館は初めて。長野駅からバスですぐでした。

05_10

特別企画展「浮世絵師 歌川国芳展」

名古屋でも国芳展見たばかりだし、6月は恵那の中山道広重美術館の国芳展も見る予定なのに、何で長野も行く気になったのか。でもこれが大当たりでした。展覧会もですが美術館そのものが素敵で。

まず長野駅からのアクセスが便利。長野駅からのバス、本数も多い。

建物の外観が素敵
入り口を潜ると日本庭園が広がり美術館があります。

05_11

展示が見易い作り。空調管理も完璧。

展示途中でカフェで休憩可能。しかもカフェ、美味しい。

丁度お昼時に行ったのですが、ランチ混んでました。美味しいのでしょうね。
自分は展示を半分見て、丁度ティータイムでケーキとコーヒーを頂きましたが、お洒落で値段も高くない。

05_13

05_12

展示の案内、カフェの案内も親切で、また来たいと思わせてくれる美術館でした。
(6月に行った京都の美術館とか、不親切だわ愛想無いわ…。もう行く事も無いだろうからどうでも良いが)

今回は国芳展でしたが、日本画の所蔵が有名な美術館らしく、最初に素敵な日本画。

国芳展は全部で152展。

まず3階に武者絵をたっぷり。その後は妖怪・怨霊・ヒーローなど。

2階に移動し、忠臣蔵など。それからユーモア系、役者、美人画。

国芳の絵は多岐に渡るが、今回の展示のように、各章でテーマを絞ってくれると、見やすいし判り易い。

最後に洋風の実験をした絵が少し。

休憩取りつつ見たので、かなりじっくり見られました。

今、国芳は人気あるので、東京だと非常に混む。(3月に行った名古屋の国芳展も混んでいた)
久し振りにゆっくり国芳を楽しみました。

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30