リンク

無料ブログはココログ

カテゴリー「芝居・一般」の504件の記事

『フェードル』【配信】

『フェードル』【配信】
作 ジャン・ラシーヌ
翻訳 岩切正一郎
演出 栗山民也
出演 大竹しのぶ 林遣都 瀬戸さおり 谷田歩 酒向芳 西岡未央 岡崎さつき キムラ緑子

配信にて観劇。

舞台は、ギリシャ・ペロポンネソス半島の町トレゼーヌ。
行方不明となったアテネ王テゼ(谷田歩)を探すため息子イッポリット(林遣都)は国を出ようとしていた。
一方、テゼの妻フェードル(大竹しのぶ)は病に陥っていた。
心配した乳母のエノーヌ(キムラ緑子)が原因をききだすと、夫の面影を残しつつ、夫には失われた若さと高潔さに輝くイッポリットへの想いに身を焦がしていると白状する。
苦しみの末、フェードルは義理の息子に自分の恋心を打ち明ける。しかし、イッポリットの心にあるのはテゼに反逆したアテネ王族の娘アリシー(瀬戸さおり)。
イッポリットはフェードルの気持ちを拒絶する。
そんな中、テゼが突然帰還して・・・

緊急事態宣言により観劇を控えた一本。配信があって見る事が出来ました。

続きを読む "『フェードル』【配信】" »

『ローズのジレンマ』

Img_20210211_224643

『ローズのジレンマ』
シアタークリエ

作:ニール・サイモン
翻訳・演出:小山ゆうな
出演:大地真央 神田沙也加 村井良大 別所哲也

4人芝居。
ニール・サイモンの作という事で、お洒落なコメディを想像していたら、後半怒涛の展開が待っていた。
晩年の作らしい。
胸の奥を抉られ、そして最後はほんのり幸せになる芝居だった。大地さんが素晴らしかった。

続きを読む "『ローズのジレンマ』" »

『INSPIRE 陰陽師』

Img_20210106_202229_580

『INSPIRE 陰陽師』 - 晴明、祓う。-

脚本:ブラジリィー・アン・山田 岡本貴也 寺西南都
演出: 山田淳也
振付: 辻本知彦
出演: 
大沢たかお 古川雄大・村井良大(Wキャスト)
松岡広大 鈴木仁 山本千尋 長澤樹
田口トモロヲ 山本耕史

11月あたまというギリギリの発表。
年末年始の予定を慌てて確認しチケット確保。

配信も2回有り。グッズ付き配信チケットが選べたり、事前に出演者によるトークの配信も有りと、短期間の中宣伝も頑張り、お客さんにも楽しい企画をたててくれた芝居でした。

先に12/31の配信を鑑賞。
舞台効果が凄くて、劇場で見るとどうなるのだうと期待。

1/2、5ソワレと日生劇場でLive観劇。

続きを読む "『INSPIRE 陰陽師』" »

LV『両国花錦闘士』

Img_20201215_200206

原作 岡野玲子(小学館クリエイティブ「両国花錦闘士」)
作・演出 青木豪
主題歌 デーモン閣下

ライブビュイングにて観劇。
明治座は職場から徒歩なのですが、12月は観劇本数が多いため自重。
LVも迷ったのですか、都心の映画館は混みそう…と思ったら自宅からバスで行かれる映画館でLVがある。しかもその日は在宅。
お昼に映画館のサイトを見たら、まだ数人しか予約してないので、速攻予約。23区内なのに空いてて快適でした。

続きを読む "LV『両国花錦闘士』" »

『ガールズ・イン・クライシス』【配信】

文学座12月アトリエの会『ガールズ・イン・クライシス 』

作 アンネ・レッパー
翻訳 上演台本 小畑和奏
上演台本 演出 生田みゆき
出演
金沢映子 横田栄司 亀田佳明 吉野実紗 鹿野真央 木場允視

配信にて観劇。
非常に刺激的な舞台。これはぜひ劇場で見たかった一本。

続きを読む "『ガールズ・イン・クライシス』【配信】" »

新国立シェイクスピアシリーズ

ほぼ感想を残さぬまま、シリーズの観劇を終えました。

続きを読む "新国立シェイクスピアシリーズ" »

『カチカチ山』

ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style
『カチカチ山』 東京建物Brillia Hall

原作:太宰治「お伽草紙」  
脚色:青木豪  
演出:いのうえひでのり
出演:宮野真守、井上小百合

本来予定されていた『神州無頼街』が延期。
主演2人(福士蒼汰と宮野真守)はそのままで企画された公演。

カチカチ山(劇場)、浦島さん(配信)の順で観劇。
舞台装置が同じなのかと感心。交互上演なので考えれば当たり前なのですが。

続きを読む "『カチカチ山』" »

音楽劇『Lost Memory Theatre』【配信】

32536_1

【配信】音楽劇『Lost Memory Theatre』
KAAT神奈川芸術劇場

原案・音楽:三宅純
構成・演出:白井晃

テキスト:谷賢一
振付:森山開次

出演:山本耕史、美波、森山開次、白井晃、江波杏子
歌手:Lisa Papineau 、勝沼恭子

2014年8月に上演された音楽劇「Lost Memory Theatre」。
何とKAATさんが無料配信してくれました。(9/30まで。公開終了)

白井さん演出、山本さん主演で、当然見に行く予定でしたが、体調を崩し、KAATが自宅から遠い事もあり諦め。
平日、仕事終わった後に間に合わないか、画策した思い出があります。(10分くらい遅れちゃうのですよね)

山本さんがトーク番組に出た時に映像がちらりと映った事もあり、その美しさにとても見たかった舞台でした。

音楽家・三宅純さんのアルバムを舞台化するという試み。
三宅純さんの音楽は、白井さんの舞台が好きな方にはお馴染みですよね。
観念的というか、寓話のような舞台です。
でも訳が分からないけど、理屈抜きでとにかく美しいし惹かれます。

劇場に記憶が流れていく。
劇場のスポットライトのあたらぬ闇、そこに吸い込まれていくよう。
でもそこは奈落ではなく、きらきらした光のような空間。

芝居、歌、ダンスが入り交じり、夢のような世界が繰り広げられます。

配信で強く感じたのは、台詞のある俳優さんたちの「声」。
台詞を担当するのは、迷い込んだ男(山本耕史)、少女(美波)、貴婦人(江波杏子)の三人がほとんどなのですが、みなさん声が良くて、しかもそれぞれ質が違う。音楽的な喋りなのです。
役者の声というのは、ひとつの楽器なのですね。

何度か舞台で拝見している美波さんですが、この舞台が断トツに美しい。
耕史さんの佇まい、歌、全てが素敵。

江波さんのお姿を見られたのも貴重でした。

『ゲルニカ』 

0919

『ゲルニカ』 
9/19(土)マチネ PARCO劇場後方センター
9/24(木)ソワレ 配信

作:長田育恵
演出:栗山民也
出演:上白石萌歌 中山優馬 勝地涼 早霧せいな
玉置玲央 松島庄汰 林田一高 後藤剛範
谷川昭一朗 石村みか 谷田歩 キムラ緑子

パルコ劇場での観劇に続き、約一週間あけて配信でも視聴。
劇場ではかなり後ろの席だったので、見えなかった細かい役者さんの表情、小道具等がよく見えた。
よりよく理解でした部分もあり、余り心が動かなかった部分もあり…。

続きを読む "『ゲルニカ』 " »

「消えなさいローラ」【配信】

「消えなさいローラ」【配信】

作 別役実
演出 渡辺えり
出演 尾上松也・渡辺えり
演奏 会田桃子(バイオリン)・川本悠自(ベース)

配信苦手と言ってたのに、何となく惹かれてチケット購入。
アーカイブ有りだったので、リアルタイムではなく深夜に見たが、面白くて一気に見てしまった。

この戯曲は、別役実氏がテネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」の続編として書いたものである。
渡辺えりさん曰く、昔から上演したかったが、上演許可がなかなか出ず、今回ようやく実現となったとのこと。

2人芝居で相手役には尾上松也さん。
松也さんの役が非常にミステリアス。

閉鎖的な「家」という空間に、ローラは今も居続け、出て行った弟トムを待ち続ける。
その家にある日、ユニバーサル葬儀社の者と名乗る男が訪ねてくる。

えりさんは母であるアマンダとローラの二役と思わせて、実は…という仕掛けがある。

テーブルでカップにお茶を煎れ、もてなす場面が非常に恐ろしい。
いつ洗ったのか判らない染みのあるカップ。
得体のしれない食べ物か何だかわからないもの。
でも大層機嫌よくローラはもてなすのだ。

ユニバーサル葬儀社の男は、実はユニバーサル探偵社に所属する探偵である。

アマンダは3年前に亡くなっており、ローラがアマンダと一人二役をして、その死を周囲に隠していた。
えりさん二役の声色も変わっていて凄いなと思いながら見ていると、ひっくり返される。一人二役の二重構造だ。

ユニバーサル探偵社の男は、アマンダが死んでいる事に気付き、その死に関してしかるべき手続きを取るようにローラを説得する。
そして実はトムはあっけなく死んでおり、その事実も告げる。

この男は本当に探偵社の人間なのか。
黒い服を着た男は、私には死神に見えた。(マグリットの絵を思い出した)
未練を残したトムの姿なのか

「消えなさいローラ」、ラストの台詞。
ローラもトムも、家やお互いへの感情、それらから開放されたのか。

様々なことを思わせるラスト。
惹きこまれた芝居だった。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31