カテゴリー「芝居・一般」の431件の記事

2017年12月27日 (水)

『欲望という名の電車』

『欲望という名の電車』
シアターコクーン
 

脚本 テネシー・ウィリアムズ  
演出 フィリップ・ブリーン
出演 大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏、藤岡正明 他

何度か見ている戯曲ですが、何故だか新しい発見をたくさんした。

主人公であるブランチの内面に、より深く踏み込んでいた印象。
スタンリーとステラは、ブランチにとっては傍観者のようで、むしろブランチとミッチの物語だったと思った。

藤岡くんのミッチ、凄く良かった。
帰りの電車で買ったパンフを読んでいて、この物語の中の「不細工な王子様」という藤岡くんの言葉に涙を我慢するのが大変だった。

ブランチにとっても、ミッチにとっても悲劇でしかない、
スタンリーだって、あんな義姉に居座られたら、迷惑以外の何者でも無いし。

改めて何処にも救いの無い物語だな…。

自分の心が痛くて悲しくなる芝居だった。

今年の観劇おさめの芝居。
辛い辛い内容だけど、とても良い芝居を最後に観られたのは嬉しい。

2017年12月23日 (土)

『The Beauty Queen of Leenane』

風姿花伝プロデュース『The Beauty Queen of Leenane』
シアター風姿花伝

作 マーティン・マクドナー
翻訳・演出 小川絵梨子
出演 那須佐代子、吉原光夫、内藤栄一、鷲尾真知子

心臓を抉られるような芝居だった。
演劇好きな方にはぜひ見て欲しい芝居だが、かなりの覚悟がいる芝居でもある。

続きを読む "『The Beauty Queen of Leenane』" »

2017年12月19日 (火)

『アテネのタイモン』

彩の国シェイクスピア・シリーズ第33弾
『アテネのタイモン』
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 一階席より

作 W. シェイクスピア
翻訳 松岡和子
演出 吉田鋼太郎
出演
吉田鋼太郎 藤原竜也 柿澤勇人 横田栄司
大石継太 間宮啓行 谷田歩 河内大和 他

AUNの芝居を観ていて、吉田鋼太郎さんの演出をもっと見たいと思っていたが、それがこんな形で叶うとは。

オープニングから惹きつけられた。

続きを読む "『アテネのタイモン』 " »

2017年12月13日 (水)

太陽のかわりに音楽を。

オールナイトニッポン50周年記念舞台
『太陽のかわりに音楽を。 』 博品館劇場

君が踊り 僕が歌うとき 新しい時代の夜が生まれる。
太陽の代わりに音楽を、青空の代わりに夢を。
フレッシュな夜明けをリードする オールナイトニッポン

演出:ノゾエ征爾
脚本:正岡謙一郎
企画:小西マサテル

出演:
別所哲也
宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)
高田翔(ジャニーズJr.)
小松利昌 西原亜希 
成清正紀(KAKUTA) 川上友里(はえぎわ)
蒼乃菜月


別所さん出てるからの軽い気持ちで観劇。
開演前、客席の平均年齢が余りに若くて居たたまれなくなるが、老いも若きもほっこりと幸せな気持ちで帰れる舞台だった。

続きを読む "太陽のかわりに音楽を。" »

2017年11月28日 (火)

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
世田谷パブリックシアター 一階後方

原作トム・ストッパード
演出小川絵梨子
出演生田斗真、菅田将暉、林遣都、半海一晃、安西慎太郎、田川隼嗣、林田航平、本多遼、章平、長友郁真、松澤一之、立石涼子、小野武彦

ロズギルを見るのは今回で5回目。

続きを読む "『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』" »

2017年11月17日 (金)

てがみ座『風紋 ~青のはて 2017~』

てがみ座 第14回公演『風紋 ~青のはて 2017~
赤坂RED/THEATER

作:長田育恵
演出:田中圭介
出演:福田温子、箱田暁史、石村みか、岸野健太、佐藤誓、山田百次、瀬戸さおり、実近順次、峰崎亮介、神保有輝美

3度目のてがみ座。長田育恵さんの脚本に惹かれて観劇。

宮沢賢治が主人公の舞台だか、その生涯を辿るといった物語ではなく、ほんの数日間の物語。
それは賢治が死ぬ、数か月前の出来事。

長田さんの脚本は、登場人物全てに優しい視点が注がれていて、主張をしすぎないのが私は好きです。

続きを読む "てがみ座『風紋 ~青のはて 2017~』" »

2017年10月27日 (金)

『オーランドー』 2回目

『オーランドー』
新国立劇場 一階最後列

作:ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本:サラ・ルール
翻訳:小田島恒志/小田島則子
演出:白井晃
出演:
多部未華子/小芝風花/戸次重幸/池田鉄洋/野間口徹/小日向文世
演奏:
林正樹/鈴木広志/相川瞳

16世紀のイングランドに生を受けた少年貴族オーランドーは、エリザベス女王をはじめ、あらゆる女性を虜にする美貌の持ち主。しかし初めて恋に落ちたロシアの美姫サーシャには手ひどくフラれてしまう。傷心のオーランドーはトルコに渡る。その地で30歳を迎えた彼は、なんと一夜にして艶やかな女性に変身!
オーランドーは18世紀、19世紀と時を超えて生き続け、またもや運命の人に会い、それから、、、

KAATで観劇して、これは再観劇しなければと新国立劇場へ。
チケットが残っていなくて一階の最後列でしたが、再観劇して良かったです。

出演者6人+生演奏3人。
なのに非常に密度の濃い舞台。

何度見ても素敵な時間でした。

続きを読む "『オーランドー』 2回目" »

2017年10月 1日 (日)

『オーランドー』

『オーランドー』
神奈川芸術劇場

作:ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本:サラ・ルール
翻訳:小田島恒志/小田島則子
演出:白井晃
出演:
多部未華子/小芝風花/戸次重幸/池田鉄洋/野間口徹/小日向文世
演奏:
林正樹/鈴木広志/相川瞳

事前情報ほぼ入れずに観劇。
多部さんは白井さんの演出合いそう、くらいの感覚しか無かった。

開始してすぐに引き込まれる。
めちゃめちゃ面白い。

出演者はたった6人。
当然多部さん以外は何役も演じる。セットの転換も行う。
だけど舞台がまったくスカスカしない。

そして音楽が本当に素敵。
舞台上の空間も、耳に聞こえて来る台詞も音も、何もかもが心地よく五感を刺激する。

演劇らしい演劇。
出演者がみな上手い!

凄く満足度の高い芝居だった。
今の所、私的2017年後半観劇の1位か2位。

再観劇決定です。

続きを読む "『オーランドー』" »

2017年9月29日 (金)

『人間風車』

『人間風車』
東京芸術劇場 プレイハウス

作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦

成河、ミムラ、加藤諒、矢崎広、松田凌、今野浩喜、菊池明明、川村紗也、
山本圭祐、小松利昌、佐藤真弓、堀部圭亮、良知真次

最近は自分も年を取って、あと何年元気に芝居見られるかなと思うと、マイナスな思考で大好きなお芝居を見たくないと思っているのですが、今回の『人間風車』はちょっと…。

決して良くなかった訳では無いです。むしろ面白い。
何度見ても脚本素晴らしいし。

今回は辛口になりますので、読みたくない方はスルーでお願いします。

続きを読む "『人間風車』" »

2017年8月 1日 (火)

『子どもの事情』

『子どもの事情』
新国立劇場中劇場 17列下手

作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、
林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭


余りのチケット争奪戦の過熱っぷりに腰が引けてた演目ですが、
追加公演にエントリーしたら無事当選。
現金なもので、上機嫌で観劇して来ました。

続きを読む "『子どもの事情』" »

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31