旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー「芝居・雑感」の214件の記事

IHIステージアラウンド東京への道まとめ

いよいよ鳥髑髏開幕!
グッズにボールペンとシャーペンが無いよ。
全種類揃えて、会社の机に飾って、にやにやするつもりだったのに。

花髑髏公演期間中に、遠征してきた人とお話しする機会があったので、改めて髑髏城への行き方まとめ。公式の方が詳しいと思いますが。

続きを読む "IHIステージアラウンド東京への道まとめ" »

2017年6月の観劇予定

Aji

現在庭がジャングル…。お手入れしている時間が全然無い。
大好きな紫陽花の季節になるというのに。
全て花髑髏のせい。

今月の観劇予定は以下の通り。
髑髏城のチケットがまた増えた。

『髑髏城の七人 Season花』 ×3回 IHIステージアラウンド東京

『パレード』 東京芸術劇場

『六月大歌舞伎』夜の部 歌舞伎座

アマヤドリ『非常の階段』シアター風姿花

六月花形新派公演『黒蜥蜴』 三越劇場

前半は豊洲行きラストスパート。
だが6月から少し仕事が忙しくなるかもしれない状況。
なので午後休取って行こうとしていた黒蜥蜴が、ちょっと厳しくなっていた。
髑髏城で一日お休み取っているし。

他にも見たい舞台の映像作品

蜷川幸雄シアター『ベニスの商人』
6/3(土)~6/9(金) 新宿バルト9

『ミス・サイゴン 25周年公演 in ロンドン』
6/17(土)~6/30(金) 立川シネマシティ

NTLive『三文オペラ』
TOHOシネマズ日本橋 6/16(金)~6/22(木)

今月は温泉旅行は無しだが、日帰り温泉くらいは行きたい。
秩父に新しく出来た祭の湯に行きたかったが、営業中止してた…。

5月の観劇は以下の通りでした。

『髑髏城の七人 Season花』 ×3回
『レ・ミゼラブル』
『マリアの首』

芝居の映像作品

ゲキ×シネ『乱鶯』
ライブビューイング『髑髏城の七人 Season花』
蜷川幸雄シアターの第2弾『身毒丸 復活』

感想が書けてない…。

写真は白山神社の紫陽花。

日下武史さんの訃報

私は幸いにも祖母、母が、「劇場へ行く」という行為が日常の人だったので、
中学生の頃から、少しづづ色々なお芝居を見ていた。

その当時にライブで見て、その演技に感動させられた俳優さんが、また一人旅立ってしまった。

劇団四季の『エクウス』は多分おこずかいためて、はじめて自分でチケット買った芝居かも。
市村正親さんがアランだった時代。
日下さんと市村さんの芝居に、鳥肌がたつ程感銘を受けた。

2007年再観劇した『エクウス』、素晴しかったです。
『赤毛のアン』のマシュー、大好きだった。

良い芝居をみせてくれて、本当にありがとうございました。

岩隈投手、4~6週間離脱

20170514_142418_2

岩隈 前半戦絶望も マ軍が右肩炎症4~6週間離脱を発表

何とことだ。前半戦の復帰も微妙とか。朝からショック大きすぎ。
クマちゃんのピッチング見られないのは、寂しいです。
でもゆっくり治して下さい。

「大丈夫」と言っていたのに…。

さて明日は新感線ライブビューイング。
休演日挟んでどう変わっているか。めちゃめちゃ楽しみだ。

『春のめざめ』はここまでチケット無いとは思わなかった。甘かったわ、自分。
白井さん演出で、久し振りに見られない芝居になりそう。
残念だが自分が悪い。

写真は横浜。父の墓参りに行く途中。
花があちこちで綺麗に咲いていた。

2017年5月の観劇予定

0506

GW突入!
映画や芝居や季節の花鑑賞に行きたいけど、GWは温泉行って来ます。
髑髏城でやられている頭が、少しでもクールダウンすると良いのですが…。

今月は少ないです。

『髑髏城の七人 Season花』 ×2回 IHIステージアラウンド東京

『春のめざめ』 KAAT神奈川芸術劇場

『レ・ミゼラブル』 帝国劇場

『マリアの首』 新国立劇場

決して見たい芝居が無い訳では無いが、出来れば髑髏城の当日券が一回くらい欲しい…。
とはいえ5月の髑髏城は一番良席なので、体調整えて挑みます。

『レ・ミゼラブル』はもちろんじゅんさんの日。

あとは芝居の映像作品

ゲキ×シネ『乱鶯』

ライブビューイング『髑髏城の七人 Season花』

新感線ばかりだわ…。ライブビューイングは行かれるかどうかですが。→当選した!

ここ数年、新感線も公演中1回の観劇に留めていたのですが、昨年の『Vamp Bamboo Burn』から何か自分がおかしくなっている。
自分の体力が衰えている事、劇団側も年を取っている事を思うと、今頑張って見ておかないとね、という思いが強くなっている。

IHIステージアラウンド東京へ行くと、猿翁さんがお元気な時に、この劇場で歌舞伎を創ったら、という思いが止まりません。
今回の花髑髏は「もしかしてヤマタトタケルオマージュ?」という箇所があるので、重度の三代目演出オタとしてはホント嬉しいです。

【追記】写真は我が家のチューリップ。
二枚目の原種チューリップが好き。

2017年3月の観劇予定

Kimg1159

色々やってしまいました。

『炎 アンサンディ』のチケット、引き取り忘れて流れた…。
取り直そうと思っても、すでにチケットは全日完売。
やってしまいましたわ。

ちらし見て面白そうと思った雷ストレンジャーズの公演も、
チケット取ろうとしたら、行かれる日はチケット無し。
今月は前途多難です。

3月の見たいと思っている芝居は以下の通り。

『白蟻の巣』 新国立劇場

三月大歌舞伎 昼の部 歌舞伎座

『伊賀越道中双六』 国立劇場

オフィスコットーネプロデュース『The Dark』 吉祥寺シアター

ベッド&メイキングス『あたらしいエクスプロージョン』 浅草九劇

KAKUSHINHAN POCKET05 『夏の夜の夢』 シアター風姿花伝

NTLive『戦火の馬』

BTLive『ロミオとジュリエット』

『ミス・サイゴン 25周年ロンドン公演』

何だかんだいっても、他国の試合含めてWBCが楽しみなので、今月は野球優先。
なので見たい芝居を全部見るのは絶対無理。

美術館も行きたいが、どう考えても時間が取れそうもない。
渋谷の暁斎と茨城の東山魁夷、弥生美術館は、今月後半だったら行かれるか?

更に今月も温泉旅行、2泊3日で行く予定。

毎月言っているが、体力が欲しい!

写真はクリスマスローズ。
我が家は幾つかクリスマスローズの株があるのですが、余り手も掛けず、毎年綺麗に咲いてくれるのので、大変有り難いです。

『ナイン THE MUSICAL』が見たい

『ビックフィッシュ』を見終わった後、唐突に『ナイン THE MUSICAL』が見たくなった。

フェリーニの『8 1/2』をモチーフにした『NINE』。
初演は日本では亡き細川俊之氏の主演で上演。
白と黒に彩どられた、煌びやかな舞台だった

その後、デヴィッド・ルヴォー演出でアントニオ・バンデラス主演で上演。
日本では福井貴一さんで上演。別所哲也さんで再演。
私が見たのは別所さんの方。

スタイリッシュで、セクシーで、とてもとても美しい舞台だった。

初日は大阪、シアターBRAVA!のこけら落とし。
もう無い劇場だよ…。見に行って大興奮して帰った。

その後、天王洲アートスフィアでリピート観劇。
一度だけ最前列で見たが、その日はカテーンコールでスタンディング。
大拍手してたら、アンサンプルの女性陣にたくさん手を振って貰った。
今でも思い出すと、幸せな気持ちが蘇る。

本当に素敵なミュージカルだった。

韓国版、G2版と演出を変えているので、演出に対する縛りはなさそうだし、また日本で上演しないかな…。
白井晃さんが演出したら、どんな舞台になるだろうと妄想。
白井さんだと美意識の高い舞台になりそうだが、女性の描き方はどうなのだろう。
G2さんは女性の描き方は良いと思うが、G2演出版の『NINE』はいかんせん黒歴史…。

見たいなぁ、『ナイン THE MUSICAL』。

第24回読売演劇大賞

今朝の読売新聞に載っていました。

大賞に堀尾幸男さん。(最優秀スタッフ賞も)
演劇ファンにはお馴染みの方ですね。
スタッフが大賞に輝くのは初めてだとか。
おめでとうございます!

そして何といっても嬉しいのはこちら。

最優秀作品賞=「ジャージー・ボーイズ」
最優秀男優賞=中川晃教

「ジャージー・ボーイズ」、素晴しかったですものね。
ミュージカルの作品賞も初とか。
本当におめでとうございます。

前回の記事で亡くなった友人の事を少しだけ書きましたが、
彼女がアッキーの大ファンだったのです。
あー、知ったら喜ぶだろうな。

近々お墓に行くつもりだったので、このニュースも報告しなきゃだわ。

「第24回読売演劇大賞」大賞は堀尾幸男 スタッフで初の大賞受賞(シアターガイドHP)

2017年2月の観劇予定

0201年が明けたと思ったら、あっという間に2月です。

1月は一年のはじまりであるけれど、
私にとっては可愛がってくれた祖母の命日が来る月であり、
数年前に逝ってしまった、大切な友人の命日の月でもあります。

祖母がお世話していた庭は、今は私が世話してます。
大したとこはしてないのだけど。

球根凄いね。
祖母が植えてたと思われる水仙、今年も咲いたよ!綺麗だよ。

でも桃の木はついに寿命となりました。
悲しいので、桃の木買ってきました。
来月あたり咲くかな?
咲いたら写真載せるぞ。

続きを読む "2017年2月の観劇予定" »

「壽新春大歌舞伎」雑感

新橋演舞場、右團次・右近襲名公演、千穐楽ですね。おめでとうございます。
私は先週末に行ってきました。

右團次さんも右近ちゃんも大奮闘!
右近ちゃん、ホント達者で驚かされた。
昼夜とも充実していて、面白かったです。

今月は襲名のおふたりが、もちろん素晴らしかったのは言うまでも無いが
昼夜通して普通に歌舞伎の舞台に馴染んでいる、中車さんに驚かされた月でもありました。
歌舞伎の舞台に立つようになってから、まだ5年たっていないというのに。

夜の部の「黒塚」は、まさかの讃岐坊!

澤瀉屋にとって宝物のような演目である「黒塚」に、こんなに早く中車さんが出演されるとは。
そして昼の部「雙生隅田川」の最後の場面。舞台上にいるのは、右團次・右近・中車の3人。

昼夜通して、色々と感慨の深い演舞場となりました。

先日観劇した新派『華岡青洲の妻』も良かっただけに、一抹の寂しさも。
もし近々『ヤマトタケル』が再演されたら、大幅に配役は変わるのだろうと、ふと思ったり。
猿之助襲名の時の『ヤマトタケル』の映像が残っているのは、今となってはとても貴重。

團子ちゃんのヘタルベは早々に実現しそう。(これは早くみたい)
團子ちゃんは『黒塚』が好きらしいが、彼が踊る頃、私はこの世にいるかしら。
右近ちゃんの舞台も幾つまで見られるか。
長く舞台を見られるように、自分も元気でいなくては。

将来、團子ちゃんのタケルとかあるのかなと言ってたら、その前にルフィじゃないの?と返された。
確かにルフィはありそうだ。

より以前の記事一覧