リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「芝居他・今後の情報」の386件の記事

『アテネのタイモン』

キャスト情報が出てた!
谷田歩さん、河内大和さんとか、めちゃめちゃ楽しみだわ。
12月も頑張ろう!

あ、メンフィスと日程がほぼ被ってない。良かったー。

彩の国さいたまシェイクスピア・シリーズ第33弾『アテネのタイモン』

作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:吉田鋼太郎

日程:2017年12月15日(金)~29日(金)
会場:彩の国さいたま芸術劇場大ホール

出演:
吉田鋼太郎 藤原竜也 柿澤勇人 横田栄司
大石継太 間宮啓行 谷田歩 河内大和 他

お芝居情報いろいろ

今日は鳥初日という事だけでソワソワしていたのに、
盆と正月がいっぺんに来たよ!というくらい色々情報来て、胸が苦しい。

鳥の挿入歌が沙也加ちゃんとTAKIくん!
昨日当日券、ずっと売ってたから、初日行くか悩んだのですよ。
でも水曜は別の芝居だし、週末も忙しいし、体力温存と自制。
マイ初日まであと10日くらいあるわ…。

そて本日の演劇関係ニュース。

『HEDWIG AND THE ANGRY INCH
ブロードウェイミュージカル
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」特別公演』
 

東京公演 東急シアターオーブ
大阪公演 NHK大阪ホール
 

作:ジョン・キャメロン・ミッチェル
作詞・作曲:スティーヴン・トラスク
演出:ヨリコジュン
音楽監督:岩崎太整
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル
中村中

ジョン・キャメロン・ミッチェルが来日してヘドウィグだって!
中村中さんも出演。
ニュース見た時、ホント呼吸が苦しくなった。

懐かしいな、中野サンプラザの打ち上げライブ。
もの凄い楽しかった。
あれ2008年か。感慨深い…。

『リチャード三世』 

作・演出作:ウィリアム・シェイクスピア
演出・上演台本:シルヴィウ・プルカレーテ
演出補:谷賢一 
出演:佐々木蔵之介
手塚とおる  今井朋彦  植本純米(植本潤改メ)
長谷川朝晴  山中崇
山口馬木也 河内大和  土屋佑壱 浜田学 櫻井章喜
八十田勇一 阿南健治 有薗芳記 壤晴彦 渡辺美佐子

2017年10月18日 (水) ~2017年10月30日 (月) 

蔵之介さん以外の出演者発表。
山口馬木也さん、河内大和さんとかテンションが上がる。
植本純米さん、もしかしたアン王女???

→よく読んだら手塚とおるさんでした。更に混乱…。

シス・カンパニー公演『近松心中物語』 

作:秋元松代
演出:いのうえひでのり
出演:
堤真一 宮沢りえ
池田成志 小池栄子 市川猿弥
立石涼子中嶋しゅう 銀粉蝶 ほか
 

2018年1月上旬~2月中旬
新国立劇場 中劇場

最後の最後にとんでもないニュースが。
近松はずっと宮沢りえさんで見たいと思っていたので、夢が叶ったわ。
猿弥さんのお名前が!
小池栄子さん、髑髏出演はあるのかないのか。

演出はいのうえさん。蜷川さんがいのうえ演出で見たかったとか。
こちらも胸が痛い。

何か一日演劇オタやってて良かったな、とかしみじみ思ってた。

ワンピース歌舞伎詳細発表!

昨日、日程の詳細と配役発表。
白ひげが右團次さんで嬉しい。
浅野さん、お体大丈夫そうで良かった。
福士誠治さんのエースも見たかったな…。

特別マチネ、土日有りで助かる。
昔、右近さん(右團次さん)がタケルを演じたのは、確か水曜だけだった。

ワンピースは他のエピソードとかの計画はあるのかな。
単にローを喜多村緑郎さんで見たいだけです。

ワンピース面白かった!という人は、ぜひシネ歌舞伎『ヤマトタケル』も見て欲しい。
演出はほぼ初演のままです。
昭和にあの芝居を創った、三代目の凄さに震えて欲しい。
予告編見たら、熊襲の場面が好きすぎて鳥肌立ったわ。

猿翁さんがお元気だったら、史上最高にステアラを使いこなしたと思っているよ…。
(注:私は花髑髏好きすぎて、豊洲に通いまくった人間です。)

スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース
2017年10月6日(金)~11月25日(土)
 

シネ歌舞伎『ヤマトタケル』
2017年10月21日(土)~2017年10月27日(金)

八月納涼歌舞伎の演目

野田秀樹作「桜の森の満開の下」8月歌舞伎座で上演

ニュース見て感無量。
以前から勘三郎さんが歌舞伎で上演したいと言っていた「桜の森の満開の下」、ついに実現するのね…。
堤さんの耳男、好きだったな。

二部は弥次&喜多と「修禅寺物語」。
修禅寺~は猿翁さんが監修だ!

一部は中車さん出演。
猿之助&勘九郎ががっつり踊る。

一部、実はすごい楽しみだわ。

こうして夏も芝居で明け暮れる…。
演劇好きには、財布が安らかな季節は来る気配がない。

藤岡くんストプレ!

しのぶさんの『欲望という名の電車』はもともと行く気でいたけど、まさかまさかの藤岡くん出演。
朝からびっくりした。

『メンフィス』もあるし、『ペール・ギュント』も12月?歌舞伎座もだ。
まだ夏になっていないのに、冬も観劇で忙しくなりそう。

シアターコクーン・オンレパートリー2017
DISCOVER WORLD THEATRE vol.3

『欲望という名の電車』
作:テネシー・ウィリアムズ
演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:小田島恒志
出演:大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏、藤岡正明 他

公演期間(予定):2017年12月Bunkamuraシアターコクーン

秋の芝居

『ロッキー・ホラー・ショー』復活

ロッキーホラーショー再演!
でも倫也くんいないわー。

演出は河原雅彦さん。さすがに髑髏で手一杯であろう、いのうえさんは無いか。

秋はワンピース歌舞伎、髑髏城とあるのに、財布の紐がますます緩くなる。
とりあえずワンピと風髑髏の配役、早く発表してくれ…。

今週から『蜷川幸雄シアター』もはじまる。
芝居たくさん観られる体力が欲しい…。

劇団☆新感線、初のライブビューイング

公演はじまって評判が良いのか、花のチケットが全然無い状態なので
ライブビューイングやれば良いのにと思っていたら、実現した。

ライブビューイング:劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花

あのステージをライブで映像化するのは、かなり大変だと思うが、スタッフさん頑張って下さい。

本日、カードの請求書が来たら、凄い金額でびっくり。
温泉と鳥のチケット代だった。
花のチケット増やしたいとか言っている場合ではない。

でも花、まだまだ見に行きたい。
6月のチケット、抽選外れて持ってないのよ。
此処までハマるなら、チケット取りもっと気合い入れれば良かったと後悔。

『「髑髏城の七人」Season鳥』制作発表

『「髑髏城の七人」Season鳥』制作発表

ようやく製作発表の映像を見る。
朝から雨だったのが、すっかり晴れ!
お天気も味方してくれている。

花のイメージカラーが赤だったが、
鳥は青緑?
公式サイトはモロにマリナーズカラー。

赤の舞台はモノトーンというか、墨絵のようでしたが、
鳥は相当変えてきそう。
今までのイメージを覆す、サダヲ捨之助。楽しみだわ。

ただ自分的には、松雪さんの歌が苦手なのよ…。
松雪さんは芝居だけの方が好きです。

ここ数年、新感線への熱も落ち着いたなと思っていたが、
『Vamp Bamboo Burn』~『髑髏城』で一気にぶり返した。

数年前の年末観劇まとめで「芝居をリピートしようと思わなくなってきた」と書いたが、
ホントどの口が言ってるのだ状態。
昔と違って体力無いのだから、ほどほどにしよう。

「風」か「月」で一人二役Ver復活と聞き、狂喜乱舞したものだが、
実際に360℃シアターを体験してみると、
「シングルキャストで捨天二役、体が持つのか」という心配の方が大きい。

今後はどんなキャストが来るのだろう。

鳥制作の映像みて、早乙女太一くんと山本耕史くんが、
2人で殺陣やりまくる舞台が、突然見たくなってしまった。
(数日前に殺陣はそれ程とか言ってた気が)

ああ、演劇オタの血が滾ってるわ~。

『クレシダ』テレビ放送!!!

『クレシダ』の舞台を見た時、平幹二朗さんは80歳を超えて、新たな代表作を得た!と興奮したものです。
チャーミングで瑞々しい、素晴しい芝居だった。
まさか千秋楽から一ヵ月もたたないうちに、あんな事になってしまうとは…。

映像が残っているのが、本当に有難いです。

『クレシダ』
NHK BSプレミアム「プレミアムステージ」にて、
放送日時:2017年4月10日(月)【9日(日)深夜】0:00~

劇場版『ホロウ・クラウン』

シェイクスピアの歴史劇の完全映像化として話題の『ホロウ・クラウン』。
劇場公開決定!

衛星劇場でも放映していたのですよね。
他の芝居の放送予定とあわせて、加入を迷っているうちに一期の放送が過ぎてしまった…。

自宅で見るより映画館の方が集中出来そうなので、これは楽しみ!

シェイクスピアの歴史劇は、登場人物や相関図がなかなか覚えられないので、頑張らねば。
全作見るのは、かなり大変だ。うーん、今から衛星劇場入るか?

劇場版「嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~」

2017年4月8日(土)~ 大阪府 シネ・リーブル梅田
2017年6月17日(土)~ 東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷

<上映作品>
「リチャード二世」
「ヘンリー四世 Part1
「ヘンリー四世 Part2」
「ヘンリー五世」
「ヘンリー六世 Part1」
「ヘンリー六世 Part2」
「リチャード三世」

より以前の記事一覧