カテゴリー「芝居他・今後の情報」の428件の記事

御園座 新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』全公演中止

0320

御園座 新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』
4月4日(土)~26日(日)全公演を中止

チケット取っていましたが、さすがに行くのを止める予定でした。
御園座行って、名古屋に泊まって、大浮世絵展見て、温泉でもう一泊と計画してましたが、ホテル等、少し前に全てキャンセルしてました。チケットはこんな時期なので諦めるつもりで。

それでも全公演中止という事実がショックでショックで…。

役者さんのSNS見ると、どんなに無念だろうと。
両花道作っていたスタッフさん、関係者の方、どれだけ辛いだろうか。

そして去年の台風でも公演していた御園座さんが、すでに4月全公演中止を決めったって、どれだけ今が不味い状況なのかと思い知った次第です。

自分もマスク手洗い等、出来る限りの自衛はしてたとはいえ、三連休に芝居行っちゃったし。
改めて気を引き締めて、日々過ごさねば。

4月下旬くらいには少しは落ち着かないですかね…。
芝居中止にしても、マスクしない人たちが電車でわいわい話してたり、パチンコ屋はやってたり、立ち飲み屋が繁盛してたりしてますからね。

写真は散歩に行ったご近所の桜。

NINE上演

ミュージカル「NINE」上演決定

大好きなミュージカル!
Overture 聞いただけで泣いちゃう。

モーリー・イェストンの曲が素晴らしく、特に曲から曲の移り方が絶品です。

83年細川俊之グイードを子供の頃に見て、05年別所哲也グイードでこの演目に再会。 
あと韓国で上演したバージョン、G2さん演出版も。(G2さんのはちょっと…でした。)

四十男の苦悩のストーリートなので城田くんだとちょっと若いが、女性ばかりの出演者の中であの高身長は生きると思うな。
女優さん重要なので、他キャストの発表が楽しみ。

ただかつての上演版はお金かかってたのよ。特にルヴォー版…。
リバイバルのルヴォー版が、まさに「神」演出なのです。
今はそこまで舞台に予算かけられないからなぁ。演出家も大変。

05年は初日が大阪のシアターBRABA!のこけら落とし公演。
確かGWで、松竹座がヤマトタケルで、ヤマトタケル→nineと見に行きました。着物でね。

シアターBRABA!の後がアートスフィア(銀河劇場)。
一度だけ最前列取れて、スタンディングのカーテンコールでめちゃめちゃ盛り上がったら、アンサンブルの女性陣からたくさん手を振ってもらって、嬉しかったな。

ほぼ日に05年の写真残ってた。ああ、この美しい舞台…。

https://www.1101.com/nine/index.html

令和二年の古田さん

6、7月 KERA×古田新太 本多劇場ほか

10月 ねずみの三銃士「獣道一直線!!!」 PARCO劇場

これで「劇団☆新感線40周年興行・夏秋公演 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』」に古田さん出演の可能性は、ほぼ無くなったという事か…。

前回の「けむりの軍団」が自分は消化不良だったので(感想も書いてない)、かずきさん脚本の古田さんを久し振りに見たかったな。

制作発表いろいろ

ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」

制作発表もだが、ビジュアルが凄すぎて衝撃。
別所さんはすぐわかったが、藤岡くん真剣にどこか探した。
藤岡くんのこういった扮装は珍しい気が。
4月の明治座、楽しみです。

PARCO劇場お披露目

さすがパルコ劇場というか、三谷さんというか、大きく取り上げられていますね。

自分は2011年3月某日に「国民の映画」のチケットを取っていたので、パルコ劇場に見に行ったのですが、芝居中にかなり大きく揺れて、ちょっとトラウマだったので改装はありがたいです。
(板の上の役者さんは平然と芝居を続けてた。お客さんの中には悲鳴をあげる方もいたのに。凄い。)

三谷さんはパルコ→大河ドラマと大きなお仕事が続いてますが、お体に気を付けて元気で頑張って欲しい。

しかしチケットの算段をするのが、段々と億劫になってきたのは、演劇ファンとしてはいかん。

2020.1.8の雑記(色々発表)

仕事が手につかない1/8の午後でした。

新国立劇場2020/2021シーズンラインアップ発表のお知らせ

ついに『リチャード二世』ですね。

2020年版「ジャージー・ボーイズ」

藤岡トミー復活で踊りそうになったあと、尾上の文字を見付け「お、松也くん出るんだ」と思って仕事に戻った私。
その後、帰りの地下鉄でじっくり見て、「尾上右近」だった事に気付いた。びっくりした…。

今回はチーム制ではなくダブルキャスト。組み合わせ悩みそう。

作・三谷幸喜 主演・小栗旬 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

北条義時ですか!今だ私の中では「草燃える」の松平健のイメージだ。
永井路子さんの一連の作品等、この時代は大好きなので、非常に楽しみ。

気になるのは耕史くんが出るかどうか。
大河あると舞台が無くなるのは辛いが、花髑髏オタとしては小栗くんとまた共演して欲しいー。
あの捨之介と蘭兵衛が並んだ瞬間、いかにも旧知の仲といった空気感が醸し出されたのに、本当に感動した。
カテコで手繋いで退場したのも忘れられん。

とにかく他の配役が気になります。

来年の耕史くん舞台!

来年の耕史くん舞台です。

PARCO劇場オープニング・シリーズ
三谷幸喜三作品三ヶ月公演

『大地』
作・演出 三谷幸喜
出演 大泉洋、山本耕史、竜星涼、栗原英雄、藤井隆、濱田龍臣、小澤雄太、まりゑ、相島一之、浅野和之、辻萬長
東京公演 2020年6月20日(土)~8月8日(土) PARCO劇場
大阪公演 2020年8月12日(水)~8月23日(日) サンケイホールブリーゼ

パルコ劇場のオーブニングシリーズ、三谷さんの舞台の詳細が発表になりました。
これはキャストを見ただけでワクワクが止まらない…!楽しみ!

耕史くん来年はすでに3本目の舞台。忙しいな。嬉しいけど、チケット大変そう。

2019.7.31の雑記(情報解禁!)

A

ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』に山本耕史くん出演!

ミュージカル「アナスタシア」 <オフィシャルHP>

ようやく舞台の情報、そして歌が聞ける。めちゃめちゃ嬉しいー。

映像も良いけど、舞台が見たいのよ。

『アナスタシア』、他のキャストも良さげだし、今からキャストスケジュール見てにやにやしてます。

あーホント楽しみ。出来ればその前にも舞台をひとつ…。

2019.4.25の雑記(ロックオペラ モーツァルト)

0425

本日は色々な情報が解禁。大安だしね。(でも一番待っている情報がいまだ来ない)


昼休みに『ロックオペラ モーツァルト』の名前が賑わってるので、「再演?!」と思ったら宝塚でした。
耕史くんとアッキー版『ロックオペラ モーツァルト』、衣装も舞台装置もお金かかってたから、絶対すぐ再演すると思ってたのに。CDが残っただけ良しとするか。
男子フィギュアの選手がこの曲で滑ってたり、『レキシアター』ロスだったりで、CDめちゃめちゃ聞いてます。

当時、あの中川晃教くんが「高音が大変」と言ってたくらい難曲揃いのミュージカル。モーツァルトもサリエリも良い曲多くて大好き。あとアロイジアお姉さまが好きだった。

宝塚、一度も生で見たことありません。
『ロックオペラ モーツァルト』、ちょっと見たいが、ちょっと程度の情熱ではチケットは入手出来ないのだろうな。

スーパー歌舞伎『オグリ』上演

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』
2019年10月6日(日)~11月25日(月)
東京都 新橋演舞場
原作:梅原猛
スーパーバイザー:市川猿翁
脚本:横内謙介
演出:市川猿之助、杉原邦生
出演
藤原正清後に小栗判官:市川猿之助 / 中村隼人(交互出演)


隼人くん、いずれ「ヤマトタケル」でタケヒコ見られたら嬉しいなと思ってたら、小栗判官とは。驚いた。
もちろん見に行きますよ。
気になるのは演出。鏡を使った舞台装置等、三代目の演出が素晴らしかったので、なるべく踏襲して欲しい。
とはいえ観劇したのがかなり昔なので記憶が薄い。
「猿之助スーパー歌舞伎の楽しみ」(オグリが少し収録されている)を持っているがVHSだ。さてどうするか。

 

GWの舞台映像作品

4月は予定が詰まってる&風邪を完全に治したいで、映画館に足を運べず。
『オーディエンス』『桜の森の満開の下』『鳥髑髏』等、見逃しました。
『桜の森』は25日までなのか。勝手にGWも上映あると思い込んでた。失敗。

→追記 桜の森、延長になってた!

GW見られるのは以下の2作品くらい?
吉祥寺オデヲンの再上映、ホントありがたい。

松竹ブロードウェイシネマ 『シー・ラヴズ・ミー』
4/19(金)~ 5/9(木)東劇

ナショナル・シアター・ライブ『リア王』
4/26(金)~5/2(木) 吉祥寺オデヲン

「午前十時の映画祭」のラインナップも注目。
「アラビアのロレンス」「七人の侍」は、やはり映画館で見たいですよね。

より以前の記事一覧

リンク

無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30