リンク

無料ブログはココログ

« 令和三年一月の美術展まとめ | トップページ | 新たな「鬼平」新たな「梅安」 »

読売演劇大賞

大賞・最優秀女優賞 鈴木杏さん

鈴木杏さんおめでとうございます!
出演舞台を全部見ているわけではないれど、好きな女優さんなので嬉しい。
アオドクロの時に制服でお稽古に来ていたエピソードを思い出し、何だか親戚のおばちゃんのような心境です。
タイムリーにも「真夏の夜の夢」が3/7にBSブレミアムで放送です。

最優秀男優賞の山崎一さんも、おめでとうこざいます。

選考委員特別賞の「現代能楽集X『幸福論』~『道成寺』『隅田川』」は、長田育恵さんが関わっている事もあり見たかった芝居(だが諦めた)なので、観劇していないのが悔しい。
衛星劇場で放送があるので、そちらを楽しみにします。

最優秀演出家賞 藤田俊太郎さん

最優秀演出家賞は藤田俊太郎さん。おめでとうございます。
ただ受賞の対象作品が『天保』『NINE』というのが微妙。
もちろん悪くはなかったのだけど、かつての演出版の方が全然面白かった。

『NINE』はお稽古がかなり制限された中での芝居(歌舞伎家話で城田くんが詳しく語ってた)というハンデはありましたが、ルヴォー演出版に比べると微妙な出来でした。(細川俊之さんの日生版も良かった)

藤田さんだったら、もっと良い演出作品があると思うが、受賞はタイミングもありますね。

『VIOLET』は未見、評判も良かったようなので、再演があると良いですが。

毎年選考を見ると「何故この芝居が無い?」というものがありますが、2020年は「ヘンリー八世」が無いのが不思議。

とはいえこのコロナ禍での2020年も、良い芝居が何本もあった事は演劇ファンとして喜ばしい限りです。

 

« 令和三年一月の美術展まとめ | トップページ | 新たな「鬼平」新たな「梅安」 »

芝居・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和三年一月の美術展まとめ | トップページ | 新たな「鬼平」新たな「梅安」 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30