リンク

無料ブログはココログ

« 行きたい美術展まとめ(2021年1月) | トップページ | ミュージカル『イリュージョニスト』一部公演中止 »

図夢歌舞伎『弥次喜多』

図夢歌舞伎『弥次喜多』

原作 前川知大『狭き門より入れ』より
監督・脚本・演出 市川猿之助
構成 杉原 邦生
脚本 戸部 和久
監督 藤森圭太郎

出演
弥次郎兵衛   松本幸四郎
喜多八     市川猿之助
時枝浅之助   市川中車
伊月梵太郎   市川染五郎
五代政之助   市川團子
葉刈五郎    市川猿弥
彼方岸子    市川笑三郎
鳩       市川寿猿
口上人形    市川弘太郎(声の出演)

昨年末に鑑賞。
配信で新作歌舞伎とは、意欲的な試みです。

猿之助さんも出演された前川知大さん脚本の「狭き門より入れ」が原案。
私はイキウメの世界観が余り得意ではなく、「狭き門より入れ」も未見。
それでも興味深く鑑賞しました。

ただ面白かった!絶賛とはならず。
良かった部分と、いまひとつな部分が、混在していた印象です。

舞台はコンビニのような「家族商店」。
疫病が流行する江戸で、あと3日で世界が「更新」される。

何といっても幸四郎さんが素晴らしい。

国立劇場のチャップリンの時も思いましたが、幸四郎さんは少し力の抜けた役の方が上手い。
幸四郎さんを信頼して、この芝居を創ったといっても良いくらいです。

過去の『狭き門より入れ」の感想を探して読む限りでは、原作の翻訳も絶妙だと思う。
世界観もしっかりしている。

久し振りに笑三郎さんをたっぷり見られたのも嬉しい。(上手いわ~)

ただ長くて正直少し飽きる所も。この辺り映像作品の難しい所。
扱っているテーマも良いし、役者もうまい。それだけに惜しい。

おそらく歌舞伎座でこの芝居をかけたら、余り評判は芳しく無いでしょう。
でもそれは詰まらないからではなく、歌舞伎座というハコに向いていないというだけ。
配信という形式には、ぴったりだと思う。

パルコで上演さたのか2009年。今の世の中とのリンクを思うと前川さん凄いです。

歌舞伎夜話でも四代目が語っていたけど、映像としてどう見せるかはこれからの課題なのかも。

「更新」と聞いて、自分は「庚申」を頭に浮かべた。

それにしても猿之助さん、歌舞伎座出演、半沢、数々のバラエティと、とても多忙そうなのに配信の企画まで。
改めて凄いです。

« 行きたい美術展まとめ(2021年1月) | トップページ | ミュージカル『イリュージョニスト』一部公演中止 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

芝居他・配信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行きたい美術展まとめ(2021年1月) | トップページ | ミュージカル『イリュージョニスト』一部公演中止 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28