リンク

無料ブログはココログ

« 2021年1月の雑記(漫画を読む日々) | トップページ | 『部屋子の部屋』【配信】 »

『INSPIRE 陰陽師』

Img_20210106_202229_580

『INSPIRE 陰陽師』 - 晴明、祓う。-

脚本:ブラジリィー・アン・山田 岡本貴也 寺西南都
演出: 山田淳也
振付: 辻本知彦
出演: 
大沢たかお 古川雄大・村井良大(Wキャスト)
松岡広大 鈴木仁 山本千尋 長澤樹
田口トモロヲ 山本耕史

11月あたまというギリギリの発表。
年末年始の予定を慌てて確認しチケット確保。

配信も2回有り。グッズ付き配信チケットが選べたり、事前に出演者によるトークの配信も有りと、短期間の中宣伝も頑張り、お客さんにも楽しい企画をたててくれた芝居でした。

先に12/31の配信を鑑賞。
舞台効果が凄くて、劇場で見るとどうなるのだうと期待。

1/2、5ソワレと日生劇場でLive観劇。

開場前のアナウンスで、舞台の特殊効果は健康に害はないみたいなアナウンスが流れる。

真面目に感想を書くタイプの芝居では無いのですが(スミマセン)、すっっっっごく楽しかったです。

冒頭が平安→その後現代パートへ。
脚本は突っ込み所満載ですが、そんな事どうでもよくなる振り切った楽しさ。
お正月に観る芝居としては大正解でした。

この舞台、主要キャストはもちろん素晴らしいのだけど、北斗&南斗と式神ダンサーさんたちが凄い。
ダンス、殺陣と舞台上を縦横無尽に大活躍。

やはりライブの良さは「人の肉体」なのだと痛感。
大沢さんも山本さんも、劇場で聞くと改めて声が良いですよね。
配信では絶対に味わえないのが、ライブなのだとも改めて思った。

その上でのレーザー光線やプロジェクションマッピング。

日蝕が続く空、闇と太陽、清明の力。
前方センターだったので、音楽や照明を浴びるようで、陰陽師の世界を体感したという感じ。
大沢さんの素敵すぎる清明様に、厄を祓って頂けた気分になれた。

しかし脚本は色々おかしい(誉めてます)。

兼家の今わの際に、月姫(兼家の婚約者)を完全無視して、2人の世界を作り出す晴明と兼家。
現世でも「どこかで会った事が…」とか言い出す2人。

月姫、闇落ちしますよね。

悪役ポシションは田口さん演じる芦野道隆。
まさに怪演!ダンサーの方の身体表現も凄い。

彼は芦屋道満の地を引くのか、月姫の念と合体したのか、その辺りは想像に任せるといった所。

蝉丸はストーリーを転がしていくポジション。
器用な山本さんにぴったり。
現世では神主兼ロックミューシシャン。
途中本人も強引と言っちゃう展開で、式神ダンサーをバックに一曲披露。

蝉丸ライブ、格好良いけど歌詞が笑える。
日々熱くなっていった蝉丸ライブ、最高でした。

曲紹介や清明さまのお言葉など、日替わりネタも有り。
DVDが出るので、全日替わりネタの収録を期待。
北斗と南斗がホント可愛いので、蝉丸とコントやってる特別映像が欲しい。

初めて見たさん、山本千尋さん、アクションが上手すぎる。
月姫ちゃん、この短期間で上手くなってた!

ダブルキャストの兼家、個性の違いが出て、お二人とも良かったです。
配信でしか見られなかったけと、村井くん、上手いですね。

お正月の祝祭のような芝居で、ただ楽しい90分。
自分は楽は見られなかったけれど、無事に千穐楽まで来られて本当に良かったです。

« 2021年1月の雑記(漫画を読む日々) | トップページ | 『部屋子の部屋』【配信】 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年1月の雑記(漫画を読む日々) | トップページ | 『部屋子の部屋』【配信】 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28