リンク

無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の12件の記事

ミュージカル『イリュージョニスト』

005_20210203004701

ミュージカル『イリュージョニスト』
日生劇場 2021年1月27日 ソワレ

脚本:ピーター・ドゥーシャン
作詞・作曲:マイケル・ブルース
演出:トム・サザーランド
出演:海宝直人 成河 愛希れいか 栗原英雄 濱田めぐみ 他

紆余曲折のあった「イリュージョニスト」、ついに開幕。
世界初演が3日間5公演。幸いにも唯一取っていたチケットが生き残ったのですが、払い戻すか相当迷いました。
でもお稽古映像を見ているうちに行きたくなり、また年度末の年休消化で休みが取れたのもあり、劇場へ。

心地よい緊張感が張り詰める客席。
ここに至るまで関係者の方はどれ程の想いがあったのか。

再演を願ってネタバレはほぼ無しで。(ネタバレ部分は白文字です)

続きを読む "ミュージカル『イリュージョニスト』" »

2021年1月の雑記(展覧会)

Hasui

2020年に延期になった平塚の川瀬巴水展が復活!

巴水は川崎もSOMPO美術館も展示予定があるのですよね。

2021年は明治、大正期に活躍した方の展覧会が多くて楽しみ。
とにかくコロナ何とかおさまって。今のままだと平塚とか行けないし。

その前に3月の高崎の挑む浮世絵に行かれますように!

以下、備忘録を兼ねた春の行きたい展覧会。

挑む浮世絵 国芳から芳年へ
2021年02月06日~2021年03月21日
 高崎市タワー美術館

没後70年 吉田博展
2021年01月26日~2021年03月28日
 東京都美術館

没後30年記念 笠松紫浪 最後の新版画
2021年02月02日~2021年03月28日
 太田記念美術館

電線絵画展-小林清親から山口晃まで-
2021年02月28日~ 2021年04月18日
 練馬区立美術館

渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画-
2021年03月27日 ~ 2021年05月23日
 東京藝術大学大学美術館

企画展「開館30周年記念 荒井寿ーコレクション 川瀬巴水展」
2021年04月24日~2021年06月13日
 平塚市美術館

『部屋子の部屋』【配信】

20210121

不易流行オンライントークイベント『部屋子の部屋』
1/20(水)19時〜

素敵なタイトル!

弘太郎さん主催「不易流行」プロジェクト。
澤瀉屋の先輩たち(笑也さん、猿弥さん、笑三郎さん)を招いてのオンライントーク。

澤瀉屋一門の絆、猿翁さんのお話などたくさん聞けた、素晴らしい企画でした。

猿翁さんの部屋子、七人いらっしゃったのですよね。
今は四人となりました。
猿弥さんが「笑也ちゃん」とちゃん付けで呼ぶのがツボでした。

1回聞いただけなので、かなり記憶が朧気ですか、簡単にどんな話題が出たかメモ。

続きを読む "『部屋子の部屋』【配信】" »

『INSPIRE 陰陽師』

Img_20210106_202229_580

『INSPIRE 陰陽師』 - 晴明、祓う。-

脚本:ブラジリィー・アン・山田 岡本貴也 寺西南都
演出: 山田淳也
振付: 辻本知彦
出演: 
大沢たかお 古川雄大・村井良大(Wキャスト)
松岡広大 鈴木仁 山本千尋 長澤樹
田口トモロヲ 山本耕史

11月あたまというギリギリの発表。
年末年始の予定を慌てて確認しチケット確保。

配信も2回有り。グッズ付き配信チケットが選べたり、事前に出演者によるトークの配信も有りと、短期間の中宣伝も頑張り、お客さんにも楽しい企画をたててくれた芝居でした。

先に12/31の配信を鑑賞。
舞台効果が凄くて、劇場で見るとどうなるのだうと期待。

1/2、5ソワレと日生劇場でLive観劇。

続きを読む "『INSPIRE 陰陽師』" »

2021年1月の雑記(漫画を読む日々)

昨年、白泉社の総合エンタメアプリ・マンガParkで、LaLaの名作全話無料を読破して以来、漫画本をぽちぽち買ってます。
漫画は随分断捨離してたのですが、結局また買っており意味ありません。

大半は昔の漫画です。リアルタイムで読んでいた時より、今の方が何だか楽しめる。

木原敏江さんの『夢の碑』シリーズ、懐かしくて何冊か買ったら、一部押し入れから出てきたりとか。
「雪紅皇子」がとてもとても好き。

成田美名子さんの『NATURAL』を読んで、八村塁くんの出現を予見しているようだと驚いたり。

そろそろ最近の漫画で自分の好きそうな作品を発掘したい。

今、マンガParkで津田雅美さんの「ヒノコ」が全話無料なのですが、無茶苦茶面白い。

右手で書いた文字を操る巫女の物語なのてすが、「これ歌舞伎にしたら面白そう」と思いながら読んでました。
ワンピース、ナルト、ナウシカよりも歌舞伎向きの題材じゃないですか。(私はいずれの歌舞伎も好きですよ。)

23日まで無料公開。あと何回読めるか。
津田さん読むの20年振りくらいだ。もう買っちゃおうかな。

 

「歌舞伎家話」第九回【配信】

歌舞伎夜話特別編「歌舞伎家話」第九回
尾上松也×城田優×藤田俊太郎

1月12日(火) 20:00に配信
1/17までアーカイブ視聴可能だったので、余裕を持って聞けました。
紀尾井町家話もせめてアーカイブ3日欲しい…。

藤田さんから、蜷川さんの話、昨年秋上演の『NINE』の話がたくさん聞けました。
お三方ともしっかりとした演劇トークで、聞きやすかったです。

覚えている事を簡単にメモ。

続きを読む "「歌舞伎家話」第九回【配信】" »

ミュージカル『イリュージョニスト』一部公演中止

演劇界も日々状況が変わってますが、『イリュージョニスト』について発表がありました。

初日が目前なのに、一般発売もまだという異常事態でしたが、
結局1/18(月)~1/25(月)は中止、以降はソワレの時間が早まりました。一般発売も無しです。

自分の持っいてるチケットの日は生き残ったのですが、ソワレで時間繰り上げ。
平日で仕事なので開演に間に合いません。

この状況下で仕事を早退してまで見るのはちょっと…。
見たいのは見たいのですが。

『イリュージョニスト』初演はたった3日5公演。

平和に芝居が楽しめる日はまだ遠い。

図夢歌舞伎『弥次喜多』

図夢歌舞伎『弥次喜多』

原作 前川知大『狭き門より入れ』より
監督・脚本・演出 市川猿之助
構成 杉原 邦生
脚本 戸部 和久
監督 藤森圭太郎

出演
弥次郎兵衛   松本幸四郎
喜多八     市川猿之助
時枝浅之助   市川中車
伊月梵太郎   市川染五郎
五代政之助   市川團子
葉刈五郎    市川猿弥
彼方岸子    市川笑三郎
鳩       市川寿猿
口上人形    市川弘太郎(声の出演)

昨年末に鑑賞。
配信で新作歌舞伎とは、意欲的な試みです。

猿之助さんも出演された前川知大さん脚本の「狭き門より入れ」が原案。
私はイキウメの世界観が余り得意ではなく、「狭き門より入れ」も未見。
それでも興味深く鑑賞しました。

ただ面白かった!絶賛とはならず。
良かった部分と、いまひとつな部分が、混在していた印象です。

続きを読む "図夢歌舞伎『弥次喜多』" »

行きたい美術展まとめ(2021年1月)

毎月恒例の記事です。
この状況なのでほぼ行かれないとは思いますが。

12月から美術館巡りを中断しましたが、状況全く好転せず。
お一人様美術館なので、誰とも話さず、さっと行って帰るだけ。
ここまで都内が酷い状況でなければ、そこそこ行かれると思っていたのですがねぇ…。

すでにチケット持っている展覧会もあるので、すいてそうな時間帯狙って少しだけでも見たいです。
特に太田と静嘉堂。新宿も。

新宿は二代広重の作品が何点か出てる。中山道の二代広重展に行かれないので、ここは見たい所。

開館時間等、変更の発表が出てきたので、美術館のHPを確認するのを忘れないようにしなければ。

実は一番行きたかったのは、中山道広重美術館なのです。

企画展「二代広重-受け継がれた広重イズム-」
2020年12月10日~2021年1月17日
中山道広重美術館

12月から何とか行かれないかと思案してたのてすが、岐阜県に東京からのお客さんが来るのは敬遠されそうだし、移動もよろしくないし、年明けたら緊急事態宣言だし、行かれる訳が無い。
スケジュール発表された時から楽しみだったので、諦めた今でも未練あります。
旅に向けて、民間のPCR検査も受けてました(陰性です)。何もしないよりは良いかと思って。

夜間開催もどんどん中止に。夜間開催なんて、お一人様ばかりだし、基本空いてるのに。
早くたくさん美術館に行けますように。

東山魁夷と四季の日本画
2020年11月21日~2021年01月24日
 山種美術館

GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ
2020年11月25日~2021年01月24日
すみだ北斎美術館

琳派と印象派 東?都市文化が生んだ美術
2020年11月14日~2021年01月24日
 アーティゾン美術館

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
2020年11月18日~2021年1月24日
 うらわ美術館

和装男子 江戸の粋と色気
2021年01月06日~2021年01月28日
太田記念美術館

奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~
2020年10月31日~2021年01月31日
 弥生美術館

河鍋暁斎の底力
2020年11月28日~2021年02月07日
東京ステーションギャラリー

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵
2020年12月19日 ~2021年2月7日
 静嘉堂文庫美術館

「新春を寿(ことほ)ぐ~吉祥(きっしょう)の美~」
2021年1月19日~2021年2月20日
 中野区立歴史民俗資料館

日本のたてもの 自然素材を活かす伝統の技と知恵
2020年12月24日~2021年02月21日
東京国立博物館

眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで
2020年11月25日~2021年02月23日
東京国立近代美術館

美を結ぶ。美をひらく。美の交流が生んだ6つの物語
2020年12月16日~2021年02月28日
サントリー美術館

横浜美術館コレクション展
「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」
2020年11月14日 ~2021年2月28日  
 横浜美術館

「新宿はなざかり」
2021年1月9日~2021年3月14日
 新宿歴史博物館

複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~
2021年1月22日~2021年3月23日
 日比谷図書館

※自分の趣味でセレクトしています。
こんな状況なのでお出掛けの前には、美術館の公式を必ずチェックで。

2021年1月の観劇予定

Hana

2020年のまとめを作成している内に、都内は芝居どころでは無い状況になりましたよ…。

もう少し持ちこたえるられるかと、自分も甘く考えていました。
演劇界もどうなるか判りません。チケット買い控えていたのが良かったのか。

現時点での観劇予定です。『INSPIRE陰陽師』は終わってしまいましたが。

『INSPIRE陰陽師』×2回 日生劇場

『壽 初春大歌舞伎 第一部』 歌舞伎座

『The Illusionist-イリュージョニスト-』 日生劇場

他に『フェードル』『歌舞伎座第三部』『セールマンの死』『アーリントン』『パレート』『東京原子核クラブ』など、見たい芝居は多々ありましたが、躊躇しているうちにチケット追加など出来ない状況に。

配信は歌舞伎夜話と『ポーの一族』くらいしかチェックしていなかったのですが、暫くは配信等で楽しむしかなさそうですね。

以下は12月にみた芝居。

【劇場観劇】

『十二月大歌舞伎』 第二部 歌舞伎座
『十二月大歌舞伎』 第三部 歌舞伎座
『十二月大歌舞伎』 第四部 歌舞伎座
『No.9 ー不滅の旋律ー』赤坂ACTシアター

【LV】
『両国花錦闘士』

【配信】
紀尾井町家話 第二十夜
紀尾井町家話 第二十二夜
文学座『ガールズ・イン・クライシス』
『不易流行』
藤岡正明生配信ライブ「3・3・7拍子 vol.3」
図夢歌舞伎 『弥次喜多』
『INSPIRE陰陽師』

配信苦手と言いつつ、結構見てますね。紀尾井町家話、最高に面白かったです。

12月は何といっても『No.9 ー不滅の旋律ー』が良かったです。
役が乗り移ったという表現は好きじゃないのですが、稲垣さん、乗り移ったような圧巻の芝居。素晴らしかった。

それとこの芝居、きちんと客席はひとつ空けて販売、入場者登録も必須で、感染対策を非常にしっかり行っていました。
30日ソワレだったので、休憩中に草薙くん結婚のニュースも入りましたが、お客さんも騒がず小声でちょっと話す程度。
自分自身もリラックスして芝居世界を楽しめました。
『No.9』、無事に千穐楽をむかえられたようで、何よりです。

12月に観た芝居は、配信含め余り感想書いていないので、1月はのんびり感想を書いていきます。

2020年の美術館鑑賞まとめ

27_20210105124301

ステイホームとなった2020年ですが、都内の美術館は何とか行ってました。
年末はちょっと少なくなりましたが。

合計70ヶ所 ほぼ都内で、4、5、12月は無し。昨年は157回なので半分以下ですね。
県外は神奈川県、主に神奈川県立歴史博物館と川崎浮世絵ミュージアム。

一番変わったのは、遠距離へ行っていない事。
2月に鎌倉・藤澤へ行ったのが、最も遠い美術館です。

昨年何度も行った、中山道、東海道は皆無です。悲しい…。

2020年のベスト10は以下の通り。順不同です。

【復活開催】明治錦絵×大正新版画『世界が愛した近代の木版画』  神奈川県立歴史博物館
「開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展 ~歌麿・北斎・応為」太 田記念美術館
「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち」 弥生美術館
「没後10年 瀬川康男 坦雲亭日乗-絵と物語の間(あわい)」 ちひろ美術館 
「月百姿」川崎浮世絵ミュージアム
「ピーター・ドイグ展」国立近代美術館
「狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統に学ぼう」板橋区立美術館
「江戸のおもちゃ絵」展 タバコと塩の博物館 
「江戸の土木」 太田記念美術館
「日本美術の裏の裏」 サントリー美術館

1位はもうこれしかない【復活開催】明治錦絵×大正新版画『世界が愛した近代の木版画』 神奈川県立歴史博物館

展示替えに全部行きたかったけど、さすがに隣県の神奈川で距離も有り、2回に留めました。
密にならないよう人数制限もあり、気持ちよく鑑賞出来ました。(予約制でも混んでいる展覧会もありましたし)
常設展で二代広重の特集があったのも、嬉しかったです。

川崎浮世絵ギャラリーは企画展全部良かったです。
オープンして一年、難しい状況が続いてますが、2021年のラインナップも実に魅力的です。
コロナが無ければもっと行くのですが…。

日本画以外は余り行っていないのですか、近代美術館の「ピーター・ドイグ展」がとても好きで、2回行きました。
夜間開館をいち早く再開してくれたのも有難かったです。

初めて行った板橋区立美術館も良かったし、リニューアルしたサントリー美術館の展示も素敵でした!
12月に入ってからは、美術館通いを中止したので、2020年最後がサントリー美術館になりました。

ベスト10に入れられなかったのですが、大田区郷土博物館の巴水展、太田記念美術館の「ニッポンの浮世絵」も楽しかったです。

一年後、2021年を纏めた時に、今年より多くの展覧会へ行っていますように。

以下、2020年の一覧です。日付も入れたら時間かかった(汗)

続きを読む "2020年の美術館鑑賞まとめ" »

2020年観劇総決算

20210101

あけましておめでとうございます。

2020年、余りに予想外な1年になりました。
一年間ずっと、来月はもう少し良くなっていますようにと思い続けていましたが、年末になってさらに状況が悪くなるとは。

7月に観劇再開で行ったPARCO劇場の事は、一生忘れられないでしょう。

2020年は配信という形が日常的になりました。
いまだに配信を見るのに慣れません。家族がいると日中部屋に籠って配信を見るのが難しい。
アーカイブがあると、夜中に集中して見られるのですが。

とはいえ東京外の方、仕事で劇場等を禁止されている方のことを考えると、贅沢なのですよね。

ただ集計はどうするか悩みましたが
ざっくりと「劇場」「配信」「映画館」に分けました。

「劇場」34本
「配信」19本+10本くらい?
「映画館」5本

劇場での観劇は著しく減ってますね。
配信は忘れている演目があるかも。
他に「歌舞伎家話」「紀尾井町夜話」「藤岡くんライブ」を複数見てますが、ちゃんとカウントしてなかった(汗)ので、ざっくり+10本としてます。

劇場での観劇今年のベスト3です。

『ヘンリー八世』さいたま芸術劇場
『アナスタシア』 シアターオーブ
『No.9 ー不滅の旋律ー』赤坂ACTシアター

次点は『大地』『ボクの穴、彼の穴。』

配信のベスト1は「オグリ」(南座)
他に意欲作の「Art歌舞伎」、「消えなさい、ローラ」も良かったです。

「オグリ」は南座が全公演中止の中、無観客で収録し、すぐに配信で公開してくれたのが本当に嬉しかった。
最後の歓喜の舞の前、誰もいない客席と配信で見ている私たちに呼び掛けてくれた、高橋洋さんの台詞に大泣きしました。

ミュージカルの俳優さんは定期的にライブを配信してくれましたね。
自分は藤岡正明くんのファンなので、藤岡くんライブが毎回楽しみでした。

そして自分的に特別賞ものは「紀尾井町夜話」。数回しか聞いてなくて申し訳ないのですが、毎回とてもとても良いお話が聞けました。席亭の松緑さんに大喝采です。

2021年も観劇は難しい状況になりつつありますが、1年後に楽しい言葉で締めくれるように祈るばかりです。

以下、演目一覧です。

続きを読む "2020年観劇総決算" »

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28