リンク

無料ブログはココログ

« 紀尾井町家話 第二十二夜【配信】 | トップページ | 『INSPIRE 陰陽師』公演直前トークライブ »

令和二年十一月の美術展まとめ

11月の美術展まとめです。
ぐるっとパスの使用期限が迫っていたので、普段なかなか行かない所へ行こうと決意。
はじめて「江戸東京たてもの園」へ。楽しかった!
そのままガスミュージアムへ。バス一本で行かれるので便利。

12月からは美術館行きも控えているので、11月をまとめていると切いです。

01_20201227235701

「岩崎文庫の名品」
11/3 東洋文庫ミュージアム

02_20201227235701

いつ来てもモリソン文庫美しい。
さすが名品展、貴重な初版本や珍しい本の数々。
伊勢物語や義経記や鉢かづき、全然読めないけと凄い。
広重さんの美しい浮世絵!名所江戸百景は初版とか。

所蔵作品展「MOMATコレクション」
11/3 東京国立近代美術館

04_20201227235701

03_20201227235701

日本画ルームが特に好き。
前田青邨「石棺」が良かった。

10_20201227235801

「江戸の土木」
11/7 太田記念美術館

閉幕前に再鑑賞。「東京人」の特集号を読んでから見ると、また面白い。
橋と川の組み合わせは心躍る。埋立地や再開発、とても面白い。
江戸の都市計画や土木工事、凄いです。
太田さんの企画はいつも楽しい。

05_20201227235701

「大津絵展」
11/7 東京駅ステーションギャラリー

大津絵をひたすら鑑賞。

06_20201227235801

08_20201227235801

07_20201227235801

11/14 江戸東京たてもの園

10/31から復元建造物の内部公開が再開という事で行ってきました。
どの建物も素敵。特に子宝湯は良い。
銭湯展によると、東京の銭湯は宮大工さん達が作ったとか。
人数制限、密にならぬよう、係員の方が常に巡回。本当に大変にご苦労。

09_20201227235801

~安治の描いた明治~「東京100景」 展
11/14 ガスミュージアム

たてもの園からバス一本。
小さいながら趣きがあり、素敵なミュージアム。しかも無料。
ガス灯が灯るのがとても綺麗。
ガスミュージアムの明治浮世絵はとても楽しい。

11_20201227235801

「ちひろ美術館コレクション 絵本の世界を飛び出して」
「子どもの心を見つめて いわさきちひろ展」
11/22 ちひろ美術館

16_20201228001201

「ニッポンの浮世絵」展
11/27 太田記念美術館

富士や桜、風呂、相撲といったテーマ別に展示されており、日本の風景や文化を感じられる展覧会です。
富士は北斎ではなく、広重の冨士三十六景メイン。冨士三十六景好き。
国貞の相撲絵、大迫力。

本来はオリンピックの開催に合わせた展覧会。
日本の美しさ強さがわかる展示だった。

12_20201227235801

リニューアルオープン記念展Ⅱ 「日本美術の裏の裏」
11/27 サントリー美術館

金曜と土曜の夜間開催が復活。夜に行くと空いてて良い。

円山応挙の「青楓瀑布図」がお出迎え。
「武蔵野図屏風」、素敵。レイアウトも工夫されていて、武蔵野の大地にいるよう。

13

小さいものコーナーも可愛い。

14_20201227235801
面白かったのはヘタウマ絵のコーナー。
「かるかや」や「鼠草子絵巻」。人も少ないから、写真撮りまくり、絵も見まくり。
4階の展示室から3階へ階段を降りると、やきものが美しくディスプレイされていた。本当に展示が綺麗。

15_20201227235801

Ochiai

最後は日本の風景。隅田川の風景が細かい!最後は広重さんもあった。
次回の展示も行きたい!

12月は全く美術館へ行っていないので、年内は多分これで締めです。
早く何の心配もなく美術館に行かれますように!

« 紀尾井町家話 第二十二夜【配信】 | トップページ | 『INSPIRE 陰陽師』公演直前トークライブ »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀尾井町家話 第二十二夜【配信】 | トップページ | 『INSPIRE 陰陽師』公演直前トークライブ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28