リンク

無料ブログはココログ

« 「栄冠は君に輝く」 | トップページ | 2020年11月の観劇予定 »

『NO STAGE NO LIFE!ミュージカルを止めるな!』

No_1

『NO STAGE NO LIFE!ミュージカルを止めるな!』
シアターオーブ

出演(50音順)
石丸幹二 桜井玲香 サラ・オレイン ジョン・健・ヌッツォ 鈴木玲奈 田代万里生 森崎ウィン 山本耕史 渡辺謙
青木エマ 佐山陽規 Josh Campbell 遠山裕介 
足立悠道 伊藤千紘 今井学 栗山美佑 豊岡咲貴 林大熙 増田桜美 RYO

『キャンディード』より「序曲」
『キャンディード』より「Oh Happy We」
『キャンディード』より「Glitter & Be Gay」
『ウェスト・サイド・ストーリー』より「Symphonic Dances」から「Prologue」
『ウェスト・サイド・ストーリー』より「Maria」
『ウェスト・サイド・ストーリー』より「One Hand, One Heart」
『ウェスト・サイド・ストーリー』より「Tonight」
『オン・ザ・タウン』より「New York, New York」
『キャンディード』より「Make Our Garden Grow」

休憩(25分)

『RENT』より「Seasons of love」
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』より「The Origin of Love」
『レベッカ』より「永遠の瞬間」
『マリー・アントワネット』より「マリー・アントワネット」
『オケピ!』より「パーカッションの理想と現実」
『オペラ座の怪人』より「Think of me」
『トゥーランドット』より「Nessun Dorma」
『レ・ミゼラブル』より「On my own」
『ジキルとハイド』より「時は来た」
『ファインディング・ネヴァー・ランド』より「Neverland」
『ラ・マンチャの男』より「Man of la Mancha」
『雨に唄えば』より「雨に唄えば」

公式HPより


3月の『アナスタシア』以来のシアターオーブ。
自分の観劇中断は山本さん出演の『アナスタシア』だったので、再びオーブで見られるのは。

久し振りに左右に人いる、ぎっしりの客席。
ちょっと緊張しましたが、出演者の方々もたくさんのお客さんのいる客席に感無量のようでした。

第1部バーンスタイン特集。

渡辺謙さんがMC。緊張しているようで、初日は結構噛んでいた。

『キャンディード』より「序曲」でスタート。

『キャンディード』、良い曲が多いのですが、難解ですよね。(特に女性パート)
中川さん版はDVDで、井上くん版はライブで見てます。
「序曲」格好良い!

『ウェスト・サイド・ストーリー』
こちらも残念ながら豊洲のステージアラウンド版は、Season2は途中で中止、Season3は幻の公演となりました。
S2から森崎ウィンさん、S3から桜井玲香井さん。
2人とも若くてキラキラだった。
森崎さんは確か「New York, New York」も歌いましが、英語の方が歌いやすそう。

1部ラストは『キャンディード』から。

正直バーンスタインなら『ウェスト・サイド・ストーリー』の「クインテッド」が聞きたかった。

休憩中、ヒアノが練習している曲が聞こえてくるのてすが、この曲は!
期待が高まる中、第2部は「Seasons of Love」から。

幕開けの曲として本当にベスト。
まずはマークを探すが、山本耕史さんではない。隣りの黒Tシャツでロジャーっぽいのが山本さんでした。
男性ソロも山本さん。

曲が終わり照明が暗くなると、実際のRENTの舞台のように左右に人がはけ、山本さん・遠山さん2人が舞台上に残る。

「The Origin of Love」。
鳥肌もののバーフォーマンス!凄かった、泣いた。

2部は司会なしで、それぞれがMCをして歌うという形式。
皆さん中止になった舞台や、これからの舞台への思いなどを話されていました。

山本さん、『オケピ!』を歌う時に『大地』を60公演やり切った話をしてくれたのが嬉しい。
大規模プロダクションの舞台で、(おそらく)再開は最初だったのが『大地』。
自分も開幕してすぐにパルコに行きましたが、あの緊張感は忘れられない。
劇場の方、スタッフ、役者さんの努力はいかほどだったのか。
この状況下の演劇界で、とても意義のある事だったと思う。

オペラは全然馴染みが無いが、ジョン・健・ヌッツォさん『トゥーランドット』良かったー。

石丸さんの「Neverland」圧巻。上演見たかった!

そして最後に渡辺謙さん登場。
この時世だからこそ歌いたい曲があると「Man of La Mancha」。

山本耕史くんに手伝って貰いますとのことで、山本さん再登場。
もうフィナーレまで出番無いと思ったので、完全に不意を突かれた!

謙さんのセルバンテスと耕史さんサンチョでラマンチャ。最高でした。
2人ともそれらしい衣装で、剣さげて、振付けもありで楽しそうに歌ってくれた。
テンション上がったー
本気で2人のラマンチャ見たい。

最後は「雨に唄えば」。

発表もギリギリで行かれないかと思っていたのが、何とかいかれる事にもなり、とても楽しかった。

自分一人分のチケット代だけだが、パルコやオーブに少しでも還元出来れば…!

« 「栄冠は君に輝く」 | トップページ | 2020年11月の観劇予定 »

芝居以外・ライブ関連」カテゴリの記事

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「栄冠は君に輝く」 | トップページ | 2020年11月の観劇予定 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31