リンク

無料ブログはココログ

« 「紀尾井町家話 第十五夜」【配信】 | トップページ | 劇場に行って来た 4 シアターオーブ編 »

『カチカチ山』

ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style
『カチカチ山』 東京建物Brillia Hall

原作:太宰治「お伽草紙」  
脚色:青木豪  
演出:いのうえひでのり
出演:宮野真守、井上小百合

本来予定されていた『神州無頼街』が延期。
主演2人(福士蒼汰と宮野真守)はそのままで企画された公演。

カチカチ山(劇場)、浦島さん(配信)の順で観劇。
舞台装置が同じなのかと感心。交互上演なので考えれば当たり前なのですが。

原作は太宰治の「御伽草子」
二本通して観ると、七つの大罪が浮かぶ。

カチカチ山 暴食、色欲、怠惰
浦島さん 傲慢、怠惰

他の御伽草子も読むと、もっと深読み出来るかも。

作家志望だが、山に籠ってただ食欲を貪る男。姿は狸に。
ウサギの姿をした少女は、残酷なまでにタヌキを突き放す。

元々カチカチ山っておそしく残酷な童話ですよね。
タヌキはお婆さんを鍋にするし、復讐譚にしても、ウサギはやりすぎだし。
童話は時に残酷なものも多いが(赤い靴とか、子供の頃読んで恐怖しかなかった)、カチカチ山は群を抜いていると思う。

タヌキとウサギ
中年男と少女
そしてストーカー男と無垢な女子高生

物語は二重三重の構造を見せる

2人だけの90分。台詞の量も膨大。
特に宮野さんは出ずっぱりの大奮闘。
さすがというか、あれだけの台詞を、活舌良くかつ淀みなく喋り続けるのは圧巻。
嫌悪感を抱くような男を、時にユーモラスに演じていた。

井上小百合さん、『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』以来。
可愛らしく残酷。
衣装が可愛い。ベースは白地にピンク。
今時の制服だったり、クラシカルなワンピース風だったり、最後はセーラ服。

予想以上に面白かった。

「浦島さん」は配信にて観劇。
脚本の不条理さと粟根さんの飄々さが面白いが、脚本・演出・役者がいまひとつ噛み合ってない印象だった。

« 「紀尾井町家話 第十五夜」【配信】 | トップページ | 劇場に行って来た 4 シアターオーブ編 »

芝居・一般」カテゴリの記事

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「紀尾井町家話 第十五夜」【配信】 | トップページ | 劇場に行って来た 4 シアターオーブ編 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31