リンク

無料ブログはココログ

日めくりカレンダー

  • 日めくりカレンダー

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の13件の記事

「栄冠は君に輝く」

NHKの朝ドラ「エール」です。このBLOGはじめて朝ドラの記事書くの初かも。

泣きました。ベタですが涙が止まらないというのはまさにこの事。

ミュージカルの役者さん多数出演、在宅勤務の日もあるという事で、自分にしては珍しく朝ドラ見てました。
中断後は、出勤の日に見逃すのが嫌で、録画してちゃんと毎日。だって面白いのだもの。

野球好きなので「栄冠は君に輝く」 は本当に刺さりました。

本来なら甲子園の真夏の放送だったのかもしれない。

でも甲子園は中止。高校球児だけではなく、吹奏楽部や応援団。
野球部だけではなく、学生スポーツ、文化部も。

中止の決まった日は在宅で、夕方のニュースに別所哲也さんが出てて、高校生たちの映像に泣いてたら、別所さんも泣いてた。

そしてミュージカル界でも、野球大好きな山崎育三郎くんが、この役でこの歌を歌うのが本当に良かった。
陳腐だけど、泣いたしか言葉が出ない。育三郎くん、素晴しかったです。

あと戦後編では北村有起哉さんが良い味出してる。今後の放送も楽しみ。

来年は甲子園が開催されますように。

【配信】「紀尾井町家話 第十六夜」

尾上松緑さんの紀尾井町家話。第十六夜のゲストは河合雪之丞さん、中村芝のぶさん。
深くて面白い話が満載でしたが、平日の夜の配信なので、1回しか聞けず。
記憶が曖昧で申し訳無いのですか、簡単にどんな話が出たかだけメモします。

続きを読む "【配信】「紀尾井町家話 第十六夜」" »

劇場に行って来た 4 シアターオーブ編

10/24(土)18:30~『NO STAGE NO LIFE!ミュージカルを止めるな!』シアターオーブ

3月のアナシタシア以来のシアターオーブに行ってきました。
客席が市松では無く、左右びっしりだったので、開始前は少し緊張しました。
渡辺謙さんが「数々の関所を潜り抜けて…」とお話してましたが、まさに関所!さすがパルコ主催&シアターオーブです。

まずは「TBS コロナ連絡サービス」の登録。
11Fで係の方がQRコードを掲げて登録のお願い。
40分くらい前に劇場に着いていたので、此処は余裕で登録。画面見せて入場。
スマホの操作に慣れない方には、つきっきりで操作を案内してました。

登録画面は2回見せたかな?
足裏の消毒、検温、手指の消毒など。
休憩中も出入口は一方通行。再度足裏消毒という徹底振り。

「TBS コロナ連絡サービス」の登録は、時間が無いとアセると思うので、何にしろ早めに劇場に着くのがこのご時世必須ですね。

自分は一階前方だったのですが、後ろも人びっしりで壮観。
出演者の方々が、たくさんのお客さんに何度も嬉しいと言っていたのが、本当に印象に残りました。

『カチカチ山』

ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style
『カチカチ山』 東京建物Brillia Hall

原作:太宰治「お伽草紙」  
脚色:青木豪  
演出:いのうえひでのり
出演:宮野真守、井上小百合

本来予定されていた『神州無頼街』が延期。
主演2人(福士蒼汰と宮野真守)はそのままで企画された公演。

カチカチ山(劇場)、浦島さん(配信)の順で観劇。
舞台装置が同じなのかと感心。交互上演なので考えれば当たり前なのですが。

続きを読む "『カチカチ山』" »

【配信】「紀尾井町家話 第十五夜」

「紀尾井町家話 第十五夜」
出演:尾上松緑 下村青(ゲスト) 中村隼人(ゲスト)

チケット、忘れずに買いました。
さすがに15回も続いているだけかあって、話題が豊富で内容盛り沢山でめちゃめちゃ面白い。

以下、簡単にですがどんな話が飛び出したか、書いていきます。

続きを読む "【配信】「紀尾井町家話 第十五夜」" »

ありがとう、岩隈投手

岩隈投手、今期限りで引退。

仕事中にスマホで速報が入った。
やっぱりね、と覚悟してたけど、ちょっとトイレで泣いた。

もう一度投げる姿が見られると信じてました。

同い年の青木選手も元気だし、SBの和田さんみたいに復活するかと…。

シアトルの試合って日本時間だとAM11:00くらいから開始なので、昼休みになるとお弁当食べながらスマホで試合見てたな。
近くにシアトルベストコーヒーがあったので、演技担いで買って飲んだり。

日米野球のゲスト解説を聞いていると、(素人考えだが)めちゃめちゃコーチとして有能そうなので、コントロールが良くて、守備の上手い投手をどんどん育てて欲しい。

岩隈投手のピッチング見るのが大好きだったし、日本代表を優勝に導いた投手なので、もうありがとうの言葉しかない。
本当に本当に本当にお疲れさまでした。

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本』

Mita

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本』
新宿ピカデリー

昨年6月に歌舞伎座で上演。
みなもと太郎さんの漫画『風雲児たち』を三谷幸喜さんによる演出・脚本で歌舞伎化した作品、大好きな芝居です。
三谷さん自ら歌舞伎座上演時からをシネマ歌舞伎用にカット。30分くらい短くなっていました。

映像版もとてもとても面白かった。
笑える場面も沢山あるのですが、それ以上に辛い現実を押し付けられる。

遭難してから10年も遠いロシアを旅し、櫛の歯が欠けるように仲間は次々と旅立っていく。
それでも日本に帰る事だけを強く思った彼らの心情に、本当に心が揺さぶられます。

長い旅のあとイルクーツルで、帰国への希望が見てきた時に、ここまで苦楽を共にした九右衛門が文字通りぼっくりと逝ってしまう。
庄蔵と新蔵は葛藤のうえ露西亜に残ることとなる。

そしてようやく3人で根室を目の前にして、小市の命も失われようとしている。
最後に磯吉が小市に語る台詞、何度聞いても号泣。

何て残酷な現実
これが実話が元になっているというのが驚き。

光太夫は間違いなく仲間の魂を連れて帰ったのだう。

最後に画面に満員の観客が映るのですが、これが去年の6月の事だと思うとまた辛い。
客席に大きく波布が被って、それか取り払われると舞台に富士山。
この演出が凄く好きだったのですが、今の世の中では絶対無理ですよね。

映像版で良かったのが、地図が出ること。
広大なロシアの地を文字通り横断したというのが、よく判ります。

冒頭はアニメーションになってましたが、松也さんの解説は残念ながらカット。

芝居の一幕にあたる部分、特に船上の場面は大幅にカットされていました。

白鸚さんの船主の出番も随分短くなってたし、磯吉が役に立たなくて、藤蔵が如才なく立ち回る所があったと記憶してます。
他にも折れた帆を皆で衣服を提供して作るのですが、猿之助さんだけ提供してないとか、
沢庵を愛之助さんが隠し持ってて、でも皆わけないとか、登場人物の性格をあらわすエピソドが無くなってたのは残念。
光太夫の責任をみなが責めた台詞もあったような。

ただカットした分、スッキリと見易くもなっており、半沢で興味を持った人にはとても勧めやすくもある仕上がりです。

令和二年九月の美術展まとめ

またしても10月半ばになってしまいましたが、9月の美術展まとめです。

9月は神奈川県立歴史博物館に行き過ぎですね。自宅から遠いですけど。ホントは8月の終わりも行く筈でした。
「明治錦絵×大正新版画」が素晴らしすぎました。今年一番です。

 

 

博物館は馬車道で、KAATが日大大通りと隣の駅。KAATは見たい芝居も多いので、これからも行く機会が多そうです。
KAAT帰りに川崎浮世絵ギャラリーに寄ったりもしてます。川崎PM6:30までなので、マチネの芝居終わったあとでも行かれます。

『The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション』後期
9/4(土) 東京都美術館(終了)

太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団のコレクションから約450点という、見応え有りすぎの浮世絵展、会期後半。
早め日程を予約していてよかった。土日はあっという間に定員オーバー。

初期浮世絵をまとめてみる機会はないない無いので面白い。
役者絵中心に鑑賞。鳥居派や勝川春章、豊国の役者絵も格好良い。

広重、江戸近郊八景、素敵だ。北斎もだが、広重も花鳥画も良いので、もっと展示して欲しい。

ただとにかく混んでいるのに閉口。日時指定があってこの混み方。もう少し何とかならなかったのか。

平木浮世絵財団、かつて豊洲にあった。復活しないなかな。

『常設展』
東京国立博物館 9/4(土)

都美術館に行った後、東京国立博物館へ。ナイトミュージアム復活。
特別展が無い時のトーハクはホント空いてて良い。

のんびりと本館を見て回った。

【復活開催】明治錦絵×大正新版画『世界が愛した近代の木版画』
9/12(土)&9/22 神奈川県立歴史博物館 (終了)

今年一番楽しみにしていた展覧会。
中止になり、図録だけ購入したら、復活のお知らせ。嬉しかった!

もう素晴らしかったです!

明治錦絵の目玉は大蔵孫兵衛の画帖コレクション。
これが4回展示替えがあるので、全部見たかったがさすがに2回。
芳幾の美しい錦絵、国周の格好良い役者絵、華やかな花鳥画、徳川十五代記などなど。凄い凄い
一生眺めていたい。

大正版画は、川瀬巴水、エルヌエット、土屋光逸が中心。
一言キャプションも面白いし、最高でした。

入場制限しているので、館内も密にならずゆっくり見られました。


『常設展』
9/12(土) 神奈川県立歴史博物館

常設展も鑑賞。お目当ては二代歌川広重「諸国名所百景」、第五弾、最後です。
南から順に北上しながら展示する全五期の展示。

青山、佐渡金山、青山の絵や、奥州。
二代の風景画、好きなんですよね。

2019年12月からの1期から今回の5期まで。
残念ながら3期のみ見られなかったけど(コロナめ)、毎回見るのが楽しみな展示でした。

『北斎の肉筆画』展
9/14(月) 岡田美術館(終了)

箱根の岡田美術館。先日久し振りに行きました。
東京がGo to対象になると混むだろうと思って9月に箱根へ。そこそこ人が多かったですが岡田はすいてました。

猿之助さんが司会をつとめた「浮世絵FIVE」でも話題が出てましたが、北斎の晩年の肉筆画はホント素晴らしい。
第5章 画狂老人卍 の絵は凄い。烏とか好きだ。

風神・雷神の大壁画の作者、福井江太郎さんの「無」も引き込まれた。

2時間くらいぶらぶら見たあとは、足湯てのんびり。岡田美術館の足湯好き。

『歌舞伎の四季』
9/19(土) 伝統芸能情報館(終了)

国立劇場に併設されている伝統芸能情報館。小さいれけどいつも良い展示があります。
今回は日本の四季が歌舞伎の舞台ではどのようにに表現されているかがテーマです。
季節にちなんだ演目の浮世絵、衣装や小道具、舞台写真を見ながら楽しく歌舞伎の演目を知ることが出来ました。
夕方行ったら貸し切りでした。

『月岡芳年 血と妖艶 後期』
9/20(日)太田記念美術館(終了) 

浮世絵の展覧会は年齢層高めなのですが、太田さんは時々若い人が多くなる展覧会がある。何がツボなのだう。
今回の芳年展も若い人が多かった。

余り見た事のない絵もあり。

後醍醐天皇の逃亡劇の絵、凄い迫力。
霊になった西郷さんが建白書持ってくる絵にびっくり。

英名二十八衆句 福岡貢、昨日伝統芸能情報館で貢さんの衣装を見たばかりなのでタイムリー。
英名二十八衆句は、落合芳幾の絵と合わせてまとめて見たい。

『美の競演-静嘉堂の名宝-』
9/21(祝) 静嘉堂文庫美術館(終了)

来年丸の内に移転する静嘉堂文庫美術館。
アクセス良くなるのは有難いですが、あの庭園や銀木犀とはお別れ。
貴重な曜変天目の展示が目玉。油滴天目も素敵。
22日までなので滑り込み鑑賞。同じ事を考える人が多いのか、結構混雑。
12月は「江戸のエナジー 風俗画と浮世」」、行かなければ。


月岡芳年『月百姿』展 後期
9/26(土) 川崎浮世絵ギャラリー 10/18まで

血みどろ絵のイメージが強い芳年だが、晩年の「月百姿」「新形三十六怪』」など、静と動が素晴らしい。

「月百姿」は静謐なる月と、描かれる人物のコントラストがとても良い。
安倍仲麿や秀吉、小林平八郎とか、好き。

川崎浮世絵ギャラリーは「斎藤文夫コレクション」が中心なのだか、状態が良いものが多いですよね。

「月百姿」以外にも、芳流閣や、八百屋お七、五条橋など盛り沢山。
芳年武者无類、凄く良かった。

図録(700円と超お得!)を予約して帰った。

川崎浮世絵ギャラリー、駅直結、夜は6:30まで、500円、去年オープンしたばかりで空いていると、ホントに良い事尽くし。
今のところ月イチくらいで行ってますが、近かったら仕事の帰りとかに寄りまくりだったろうな。

9月も楽しい美術館巡り生活でした。

2020.10月の雑記(10/16の配信)

紀尾井町夜話特別編「紀尾井町家話 第十五夜」
2020/10/16(金)20:00~

「ニコニコ美術館」
2020/10/16(金) 19:00~

配信、重なった。しかもこの日は芝居。
アーカイブがあって良かった…。

「獣道一直線!!!」も10/24にwowowで配信。何となくチケット取らなかったので、配信があるのは有難い…と思ったら旅行中でした。
「銀河鉄道の夜」の楽も予定あるので無理と思ったら、アーカイブ延長してたとは。知らなかった。情報収集を怠るといかんですね。

「浦島さん」もまだ見てないし、来週から猿之助さんの舞踊の配信(10/19~25)もある。忘れないようにしないと。

【配信】音楽劇『Lost Memory Theatre』

32536_1

【配信】音楽劇『Lost Memory Theatre』
KAAT神奈川芸術劇場

原案・音楽:三宅純
構成・演出:白井晃

テキスト:谷賢一
振付:森山開次

出演:山本耕史、美波、森山開次、白井晃、江波杏子
歌手:Lisa Papineau 、勝沼恭子

2014年8月に上演された音楽劇「Lost Memory Theatre」。
何とKAATさんが無料配信してくれました。(9/30まで。公開終了)

白井さん演出、山本さん主演で、当然見に行く予定でしたが、体調を崩し、KAATが自宅から遠い事もあり諦め。
平日、仕事終わった後に間に合わないか、画策した思い出があります。(10分くらい遅れちゃうのですよね)

山本さんがトーク番組に出た時に映像がちらりと映った事もあり、その美しさにとても見たかった舞台でした。

音楽家・三宅純さんのアルバムを舞台化するという試み。
三宅純さんの音楽は、白井さんの舞台が好きな方にはお馴染みですよね。
観念的というか、寓話のような舞台です。
でも訳が分からないけど、理屈抜きでとにかく美しいし惹かれます。

劇場に記憶が流れていく。
劇場のスポットライトのあたらぬ闇、そこに吸い込まれていくよう。
でもそこは奈落ではなく、きらきらした光のような空間。

芝居、歌、ダンスが入り交じり、夢のような世界が繰り広げられます。

配信で強く感じたのは、台詞のある俳優さんたちの「声」。
台詞を担当するのは、迷い込んだ男(山本耕史)、少女(美波)、貴婦人(江波杏子)の三人がほとんどなのですが、みなさん声が良くて、しかもそれぞれ質が違う。音楽的な喋りなのです。
役者の声というのは、ひとつの楽器なのですね。

何度か舞台で拝見している美波さんですが、この舞台が断トツに美しい。
耕史さんの佇まい、歌、全てが素敵。

江波さんのお姿を見られたのも貴重でした。

行きたい美術展まとめ(2020年10月)

Inshot_20201003_122124737

先日ぐるっとパスを買いました。今年初です。
今は夜間開催を行っている美術館が少なくて、週1~2回の訪問ですが頑張ります。

金曜夜の美術館、好きなんですよ。
今は夜間開催の時間は大抵空いているので、翌日は休みだし、時間気にしないでぼーっと館内を回るのが。
トーハク、近代美術館、西洋美術館は夜間開催再開してて有り難いです。

西洋美術館は長期お休みに入るので、その前に常設展行きたい。

大蘇芳年『月百姿』 発行135年記念展
2020年8月22日~2020年9月13日【前期】
2020年9月19日~2020年10月18日【後期】
 川崎浮世絵ミュージアム

江戸の風景 — 町絵図を中心に(後期)
2020年08月25日~2020年10月10日
 千秋文庫

見て楽し 遊んで楽し 江戸のおもちゃ絵 Part1
2020年09月12日~2020年10月18日
 たばこと塩の博物館

ショーン・タンの世界展
2020年09月05日~2020年10月18日
 そごう美術館

藝大コレクション展2020―藝大年代記―
2020年09月26日~2020年10月25日
 東京藝術大学大学美術館

もうひとつの江戸絵画 大津絵
2020年09月19日~2020年11月08日
 東京ステーションギャラリー

江戸の土木
2020年10月10日~2020年11月8日
 太田記念美術館

和の匠 浮世絵に生きる馬の風景
2020年09月05日~2020年11月15日
馬の博物館

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス
2020年09月19日~2020年11月15日
 山種美術館(予約制)

大東京の華—都市を彩るモダン文化(企画展)
2020年08月25日~2020年11月23日
 江戸東京博物館

国立公園 -その自然には、物語がある-
2020年8月25日~2020年11月29日
 国立科学博物館

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏
2020年09月30日~2020年11月29日
 サントリー美術館

企画展「寺社名所ー失われた景観とすみだの寺社ー」
2020年9月19日~2020年12月6日
特集展示「すみだの情景-秋・冬-」
2020年9月11日~2021年1月24日
 すみだ郷土文化資料館

没後10年 井上ひさし展
2020年10月10日~2020年12月06日
 世田谷文学館

世界の藍
2020年10月02日~2020年12月18日
 文化学園服飾博物館

※自分の趣味でセレクトしています。
こんな状況なのでお出掛けの前には、美術館の公式を必ずチェックで。

『ゲルニカ』 

0919

『ゲルニカ』 
9/19(土)マチネ PARCO劇場後方センター
9/24(木)ソワレ 配信

作:長田育恵
演出:栗山民也
出演:上白石萌歌 中山優馬 勝地涼 早霧せいな
玉置玲央 松島庄汰 林田一高 後藤剛範
谷川昭一朗 石村みか 谷田歩 キムラ緑子

パルコ劇場での観劇に続き、約一週間あけて配信でも視聴。
劇場ではかなり後ろの席だったので、見えなかった細かい役者さんの表情、小道具等がよく見えた。
よりよく理解でした部分もあり、余り心が動かなかった部分もあり…。

続きを読む "『ゲルニカ』 " »

2020年10月の観劇予定

2010_3

ようやく秋らしくなりました。
7月から再開した観劇生活ですが、前述したKAATの記事にも書いた通り、ちょっと自分自身慣れて甘くなってきている部分が。

各劇場の対策を前日までに確認
劇場には早めに着く

上記を改めて心掛けます。

以下、10月の観劇予定です。
一応芝居は月4本以内に押さえようかと。

先日発表になった『NO STAGE NO LIFE!』
行きたかったのですが、とっくに旅行の予定手配済。
GoToの前に、以前泊まったホテルの関連施設から都民限定お得プランの案内が来てたのです。
結局GoTo適用に。(お値段は一緒)
耕史くんの歌、聞きたかった。

チケット確保済の芝居

『十月大歌舞伎』 歌舞伎座
『リチャード二世』新国立劇場 中劇場
『浦島さん』東京建物 Brillia HALL
『人類史』神奈川芸術劇場

芝居の映像作品

シネマ歌舞伎『月光露針路日本 風雲児たち』
ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』

TV放送

『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』 wowow 10/10(土)19:00
『映画音楽はすばらしい!』BSプレミアム  10/10(土)21:00
『大地』wowow 10/24(土)17:00
『42ndストリート』wowow 10/28(水)20:30
『劇場の灯を消すな! 』wowwow 10/31(土)19:00

あとは新国立劇場演劇研修所の『尺には尺を』を悩み中。
今月は三谷歌舞伎が公開になるのが、凄く楽しみ。

配信は全然チェックしてません。藤岡正明くんのライブ「Konnekt20201003」は見ます。

9月に見た芝居。全然感想書けてない。

Live
『ゲルニカ』 PARCO劇場
『ボクの穴、彼の穴。』 東京芸術劇場 プレイハウス
『九月大歌舞伎』 歌舞伎座
『銀河鉄道の夜』KAAT

配信
『僕らこそミュージック』
『Lost Memory Theatre』
『ゲルニカ』

『ボクの穴、彼の穴。』はとても良かった。
「豊饒の海」でとても印象に残った若手の2人、宮沢氷魚さん、大鶴佐助さんの2人芝居。2人とも上手い。これからも楽しみです。

10月ものんびり楽しみます。その前に書き掛けの感想、完成させなければ!

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30