リンク

無料ブログはココログ

日めくりカレンダー

  • 日めくりカレンダー

« 2020年8月の観劇予定 | トップページ | 劇場に行って来た 3 歌舞伎座編 »

舞台 『大地(Social Distancing Version) 』

Parco00

『大地(Social Distancing Version) 』

作・演出: 三谷幸喜

大泉洋…チャペック(売れない役者兼スタッフ)
山本耕史…ブロツキー (映画スター)
竜星涼…ツベルチェク(女形の役者)
藤井隆…ピンカス (物真似が得意な大道芸人)
濱田龍臣…ミミンコ (役者を目指す若い学生)
相島一之…ツルハ (演出家兼役者)
浅野和之…プルーハ (パントマイムの芸人)
まりゑ…ズデンガ (ミミンコの恋人)
栗原英雄…ホデク(指導員・演劇好き)
小澤雄太…ドランスキー(管理官)
辻萬長…バチェク(座長)

とある共産主義国家。独裁政権が遂行した文化改革の中、反政府主義のレッテルを貼られた俳優たちが収容された施設があった。
強制的に集められた彼らは、政府の監視下の下、広大な荒野を耕し、農場を作り、家畜の世話をした。
過酷な生活の中で、なにより彼らを苦しめたのは、「演じる」行為を禁じられたことだった。
役者としてしか生きる術を知らない俳優たちが極限状態の中で織りなす、歴史と芸術を巡る群像劇の幕が上がる!

--------------------------------------------------------------

ソーシャルディスタントバージョンと銘打たれだ三谷さんの新作。
山本耕史さんも出演という事で張り切ってチケット確保しましたが、あえなく払い戻し。
その後何とかチケット確保して見に行きました。配信でも観劇。

今のコロナ禍など想定していなかった筈なのに、それが現実とリンクする内容となるとは。

PARCO劇場の感染対策は別記事にてup済。
その後他の劇場へ行きましたが、PARCOが一番徹底していたと思います。(歌舞伎座も徹底)

以下、ネタバレ有。

幕があがると、舞台に9つに仕切られた空間が出没する。
そこは収容所で、演じる事を禁じられた役者たちそれぞれのパーソナルスペースである。

舞台となる国名、時代等は明記されていないが、名前のニュアンスだと旧ソビエト?

収容所といっても、この部屋にいる才能のある彼らは(おそらく)優遇され、演劇好きのホデクが指導員がつく。

だけど事が起これば「谷の向こう」に送られる。
そこはかの抑留地を思い起こさせる。

収容所でも彼らは非常に逞しく、生き抜いている。
(労働等はしているが、余り抑圧されているようには見えない)
罰として食事が抜かれても、パントマイムで豪勢な宴会をはじめる。

この宴会場面は舞台俳優たる彼らの底力を見せつけられた。
暖かい食事からたちのぼる湯気や、美味しそうな匂いが客席にも届いてくるよう。

誰も彼らから「想像力」を奪う事は出来ない。

彼らの絆が深まったように見えるこの一件、何となく以降彼らの間に「緊張感」が無くなった気がするる

やがてホデクの希望でシェイクスピア『ウィンザーの陽気な女房たち』をアレンジした芝居の稽古がはじまる。
演じる事を奪われた彼らが。
囚われの身である事を忘れさせるような陽気さで。

その後若いミミンコを恋人に会わせようと奮闘する、観客から見れば大笑いの場面が展開される。
展開を知ってから見ると、以前ならこんな危険な橋は渡らなかったのでは、とも思う。

彼らにしてみれば「ちょっとしたレクリエーション」は、当然露見し悲劇に繋がっていく。

管理官のドランスキーはツベルチェクを気に入り、その権力で彼の意に染まぬ行為を強いた(何があったかは明確には描かれていない)。
ドランスキーのベッドを使ったのは意趣返しの意味もあったのか。

彼らの罪を背負い、一人が「谷の向こう」に送られる。
誰を選ぶかは、みなで決めるという残酷な選択。

皆は庇い合い「自分が行く」と言う。収集がつかなくなり、ホデクが選んだのはチャペックだった。
誰もチャペックが行く事を止めなかった。

チャペックは如才がなく気の回る男で、物資を調達したり、皆の役に立っていた。
収容所の中で彼は居場所を見付けたかのようだった。
だが役者としての才能は無かった。

三谷さんの「コンフィダント・絆」という舞台を思い出す。
あの芝居では相島一之さん演じるシュフネッケルには、友人たちに比べて「才能が無い」という現実が付きつけられた。

この展開の落差は衝撃だった。
確かに前半は個性豊かな役者陣の芝居に笑い転げていたのに。

三谷さんの芝居は、時に残酷な現実を突きつける。

一度目は劇場で見て、この展開がどうしても腑に落ちたかったのだが、その後配信で見て何となくだけど自分の中に落とし込めた。

この事件の後でも、すぐに前を向いたのはブロツキーで、スター然として時には卑怯な振る舞いもする彼が、諦めない人間だったというのはやはりスターたる所以か。

「観客を失った」という台詞があったが、観客というより、才能だけではない芝居を創る様々にもの、と自分は解釈。

ラストに舞台を更新する幻の一座は、シェイクスピア劇に登場しそうな旅一座だった。

そして観劇後に「ソーシャルディスタンス」を保っていたことに改めて気付いた。
観劇中は接触を極力避ける演出など、まるで感じなかった『大地』って凄いと、改めて感じた次第です。

役者陣が本当に上手いし、三谷さんの演出経験者が多い人揃いというのも大きい。

配信も休憩中の対談が毎回違って面白かった。
浅野さんや相島さんとの昔語り、もっともっと聞きたい。

山本耕史くんがこんなに面白いと思わなかったとの三谷さん談。
レキシアターの時はもっと凄かったのよ。

映像化されたら、ぜひぜひ対談をすべて収録して欲しい。

【追記】感想を書きながら「もう一回見たかった」と思ったが、東京公演は終了。
しかし大阪公演の配信のお知らせが!嬉しい!

三谷幸喜「大地」大阪公演、ライブ配信決定 

« 2020年8月の観劇予定 | トップページ | 劇場に行って来た 3 歌舞伎座編 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年8月の観劇予定 | トップページ | 劇場に行って来た 3 歌舞伎座編 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31