リンク

無料ブログはココログ

« 新感線・シンパシー・プロジェクト 開始だが | トップページ | PARCO劇場とBunkamuraシアターコクーン »

東京国立博物館、6月2日に再開決定

20200209_20200526233101

緊急事態宣言が解除された。
都内は人が戻ってきているようだが、まだまだ手放しでは喜べない。

6/1から国立科学博物館、6/2から東京国立博物館は再開予定。→美術手帖

2月くらいからは自分が行く美術館はほぼ空いていたが、再開後はどうなるか。

小規模の美術館はそれ程密になることはないが、それでも企画展によっては混んでいて、びっくりする事もある。
ネットで完全予約制が一番良いと思うが、問題はそのシステム作りで、お金も時間も必要。
小さい美術館だと対応しきれないと思う。

去年鑑賞した150くらいの展示会。
余り混んでる展覧会には行かないのだが、混んでたと思うものをあげてみた。(関東圏のみ)

「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」太田記念美術館(最終日、入場制限有り)
「フェルメール展」上野の森美術館(時間予約制)
「酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり」根津美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館(最終日近く)
「ギュスターヴモロー展 サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館
「ショーン・タンの世界展」 ちひろ美術館
「世紀末ウィーンのグラフィック」 目黒区美術館(最終日近く)
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 太田記念美術館(最終日近く)
「横浜開港160年 横浜浮世絵」 神奈川県立歴史博物館(最終日)
「エドワードゴーリの優雅な秘密」展 練馬区美術館(最終日)
「大浮世絵展 ~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演~」江戸東京博物館

初日近辺と最終日、週末と平日では随分違うが、思いついただけでこのくらい。
太田は毎月行っているが、展示内容によっても全然違った。

楽しみにしていた展覧会が軒並み中止で悲しいが、すぐの再開も余り喜べない。
ロンドンナショナルギャラリー展やピーター・ドイグ展は、再開いても凄く混みそう。
土日は予約も大変だろうし。

再開は本当に嬉しいが、美術館も難しい状況なのは変わりない。

写真は最後に行ったトーハク。2020/2/9です。

 

« 新感線・シンパシー・プロジェクト 開始だが | トップページ | PARCO劇場とBunkamuraシアターコクーン »

美術展」カテゴリの記事

2020年予想外の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新感線・シンパシー・プロジェクト 開始だが | トップページ | PARCO劇場とBunkamuraシアターコクーン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31