リンク

無料ブログはココログ

日めくりカレンダー

  • 日めくりカレンダー

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の12件の記事

藤岡正明ライブ『3・3・7拍子 VOL.2』

0531

5月29日(金)21時から藤岡正明くんの生LIVE配信『3・3・7拍子 VOL.2』が開催されました。

前回同様muserというアプリを使用。鑑賞は無料で投げ銭制。
muserが非常に優秀で、音質も画質も素晴らしい。目の前で歌ってくれるよう。
藤岡くんの美しい歌声を自宅で堪能し放題!

「星ニナル日」でスタート。
オリジナルの曲の他にパプリカのカバー、前回に続きTomorrow(アニー)も。
「雲雀」良かったな。
アンコールも有り。大体1時間半くらい。

配信を聞くようになって、改めて藤岡くんの声が好きだと思う。

muserは投げ銭でコメントを送れるのですが、MCではコメントが早すぎて読めないと。
終了後全部読んでますとの言葉に長文のコメントが増えた気が。

ライブももちろん楽しいけど、色々な人が見ていると感じられるのも嬉しい。

次回は6/21  ライブハウスより有料配信!→6/20 20:30~です。

「12人のおかしな大阪人」

こちらは朗報!

「12人のおかしな大阪人」を読み合わせてみたん会、5月31日に動画を公開

https://www.youtube.com/channel/UCRIkL8xsLbEuey0_QM6Ow_A

上演時見てます。面白かった芝居!
牧野エミさんがいらっしゃらないのは寂しいけれど。
パンフもサインも持っていたけど、見付からない。
山西惇さんが発起人。嬉しいです。

昔のG2さんの演出作品、この時期に見たいと思ったけど、もうDVDの販売も終わっている。映像でも見られないのですね。
12人シリーズもだが「天才脚本家」が見たい。

あと「一郎ちゃんがいく」の初演の映像は無いのかな。
高瀬宮の佐々木蔵之介さんがめちゃめちゃ素敵だった。

明日29日は20:00~幸四郎さんの「歌舞伎家話 第一回」
21:00~ 藤岡正明くんのライブ 「3・3・7拍子」

忙しいな。

PARCO劇場とBunkamuraシアターコクーン

PARCO劇場オープニング・シリーズ
客席数、公演日程を見直して、チケットをいったん払い戻しからの再販売。

「ボーイズ・イン・ザ・バンド」
予定通り公演を催行すべく協議を重ね中。

PARCO劇場の『大地』とシアターコクーンの『ボーイズ・イン・ザ・バンド』。
どちらもチケットを持っている公演なので、対応の違いに混乱中。

演劇の再開は嬉しい。
『大地』は 再販売となるので、自分が新しくチケットを確保出来なくても(それは口惜しいし残念だが)、その気持ちは変わらない。

でも本当に再開して良いのか。再開出来るのか。

とりあえず再チケットは販売ルートを極力絞って、一人一公演になるべく近づけて欲しい。
今の演劇のチケットの販売方法(あちこちで優先の嵐)は、お客に優しくないと思っているので。

一方ピーターパンは中止。客席上のフライングがアウトだったら、歌舞伎の宙乗りもアウトではないか。

『大地』の公演再開にニュースに「演劇界に光!」とタイトルを付けた記事があった。
どうしても光とは思えない。演劇界はまだまだ厳しい。

東京国立博物館、6月2日に再開決定

20200209_20200526233101

緊急事態宣言が解除された。
都内は人が戻ってきているようだが、まだまだ手放しでは喜べない。

6/1から国立科学博物館、6/2から東京国立博物館は再開予定。→美術手帖

2月くらいからは自分が行く美術館はほぼ空いていたが、再開後はどうなるか。

小規模の美術館はそれ程密になることはないが、それでも企画展によっては混んでいて、びっくりする事もある。
ネットで完全予約制が一番良いと思うが、問題はそのシステム作りで、お金も時間も必要。
小さい美術館だと対応しきれないと思う。

去年鑑賞した150くらいの展示会。
余り混んでる展覧会には行かないのだが、混んでたと思うものをあげてみた。(関東圏のみ)

「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」太田記念美術館(最終日、入場制限有り)
「フェルメール展」上野の森美術館(時間予約制)
「酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり」根津美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館(最終日近く)
「ギュスターヴモロー展 サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館
「ショーン・タンの世界展」 ちひろ美術館
「世紀末ウィーンのグラフィック」 目黒区美術館(最終日近く)
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 太田記念美術館(最終日近く)
「横浜開港160年 横浜浮世絵」 神奈川県立歴史博物館(最終日)
「エドワードゴーリの優雅な秘密」展 練馬区美術館(最終日)
「大浮世絵展 ~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演~」江戸東京博物館

初日近辺と最終日、週末と平日では随分違うが、思いついただけでこのくらい。
太田は毎月行っているが、展示内容によっても全然違った。

楽しみにしていた展覧会が軒並み中止で悲しいが、すぐの再開も余り喜べない。
ロンドンナショナルギャラリー展やピーター・ドイグ展は、再開いても凄く混みそう。
土日は予約も大変だろうし。

再開は本当に嬉しいが、美術館も難しい状況なのは変わりない。

写真は最後に行ったトーハク。2020/2/9です。

 

新感線・シンパシー・プロジェクト 開始だが

先日発表された新感線・シンパシー・プロジェクト。
映像化されていない作品の動画公開!
最初は『新感線MMF!』(2015年LIVE)!

ニコニコ動画でした…。

自分のPCが古くなってきたのか、ニコニコ動画を見ていると負荷が非常にかかるらしく、突然シャットダウンしてしまう。
対策して多少は見られるようになったが、長時間の動画は無理。
タブレットは液晶が一部割れて調子が悪い。スマホは画面小さすぎて辛い。
スマホもタブレットもテレビやPCに繋いで映像出力が出来ないタイプらしい。

さてどうするか。
どう考えてもタブレットしか選択肢が無い

現在タブレットにマウスを繋いで凌ぎ中。
凄い使い辛いが、新感線を見る為だけからと我慢。
鋼鉄番長もこの環境で見るのはキツいが。

現在ブルーレイのレコーダーを買う予定なので、お金はそちらに費やす予定。
PCもいつまで頑張ってくれるか判らないし。

しかしレコーダー、jcomと接続確認の取れているもので、どんなタイプが良いのか、門外漢なのでさっぱり判らん。

そんな中でも『新感線MMF!』凄く楽しい。
花の紅天狗「おっぱいこそロマン」、リアルタイムで観劇してましたが、今でもお腹が引きつりそうなくらいおかしい。

嵐の金曜日

GW開けに郵便局へ特定記録でチケットを返送。(郵便局PM3:00までを忘れて危うく二度手間になる所だった)
これで公演中止の返金処理は最後の筈だった。

東宝 「ジャージー・ボーイズ」など4作品の中止発表「十分な準備期間の確保が困難」

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』 開幕延期ならびに7・8月公演中止のお知らせ

たった一週間でまたしても公演中止が…。

もう演劇は駄目かもしれない。
演劇だけではなく、ライブで何かを鑑賞するという行為が、かなり制限を受けるのかもしれない。
7月初日のヤマトタルが中止になった時点で覚悟はしていましたが残念です。

そしてここでまた返金処理が発生。

新たにcubeで取ったチケットが出てきたのですが「郵便振替払出証書」による返金。
また違うやり方だが、これは送られてくるのをまずは待つだけ。

カードにそのまま返金もこれだけ数が多いと、チェックが面倒。
来月あたまは明治座が返ってくる。御園座はまだ。

払い戻し手続きは、別所哲也さんの所が迅速かつ簡単だった。
中止のお知らせメール→必要事項と口座番号等を返信→一週間ちょっとで返金だった。

もちろん関係者の方のダメージや処理の手間の方がいち個人より余程大変なのですか、返金方法がここまで多種多様とは。
夏以降のチケットは、事前に中止だったり買い控えたりしているので、これで返金が最後…だと良いな。

今回演劇ファンが誓ったこと→セブンイレブンの発券は自宅近くの店舗で!

歓喜の舞その2

01_20200520001901

 

在宅の時は朝ラジオ体操してたが、今は歓喜の舞を踊っています。

もちろん全然踊れない。絶望的に踊れないし覚えられない。アラフィフにはハードル高い。
でも出来る所を真似するだけでも、凄い良い運動になる。

笑三郎先生か猿四郎先生に教えて貰いたい。
お2人ともフィニッシュまで格好良い!

めちゃくちゃ上手い笑野さんややわらかな猿紫さん。女形さんチームみな綺麗。
(このパートはハードルが高すぎて何も出来ない)
カイザーくんと門之助さんや、埼玉ポーズの笑也さん。ああ楽しい。
まだまだ目が追いつかない。パーカー隊多いのも嬉しい。

チームオグリに大感謝~歓喜の舞

02_20200520001901

Instagramの埋め込み、はじめてやってみたけど上手く出来てるかな。(一応私IT系の仕事です)

凄い凄い凄いーーー。猿弥さんと笑也さん出て来た辺りで涙止まらなくなった。

ありがとう、四代目。ホントにありがとう、チームオグリ。明日からも仕事頑張ります。

【追記】

youtubeにも動画がUPされたので、そちらを貼ります。
反響大きかったのでしょうね。素晴らしい動画ですもの。

編集は下川真矢さんとのこと。こんな格好良くて手間もかかる動画も作れるなんて敬服。

重ね重ねみなさまありがとうございました。

 

 

「チェーザレ」公式さんに感謝

0511

ここ数日の様々な公演中止のニュース。
やはり辛いですね。

今日は明治座の「チェーザレ」の千穐楽の筈でした。
仕事を休んで見に行くつもりで、チケットも取っていた。

なかなか企画されない、日本オリジナルの大希望の新作ミュージカルという事で、とてもとても楽しみだった公演。

公式HPさんがメッセージと稽古場写真を!嬉しい!

本日は出勤の日。
今の職場から明治座までは徒歩で行かれるので、散歩がてら歩いてきました。

当たり前だけど、ボスター等無くなっていた。

でもでもいつかきっと!

そして藤岡くんの公式youtubeに思いっ切り癒された。凄い…。

 

新感線・シンパシー・プロジェクト開始

演劇好きの間を駆け巡ったニュース。
劇団☆新感線40周年記念公演『神州無頼街』、中止になりましたね。秋公演も駄目なのか。

中止もだが「あ、やっぱり」って思った自分が一番ショック。
感覚が麻痺しているというか、芝居が観られない日常に、慣れてきてしまっている。

新感線は新たに「新感線・シンパシー・プロジェクト」を立ち上げるとのこと。
長年見て来た劇団です。頑張って欲しい。応援してます。

以下、自分用映像で見られる新感線メモ。

WOWOWで見られる新感線

ゲキ×シネ『蜉蝣峠』
5/29(金)午後3:00

『メタルマクベス』disc1
5/31(日)午後2:30

ゲキ×シネ『蒼の乱』
6/15(月)午後11:00

『メタルマクベス』disc2
6/16(火)午後10:15

ゲキ×シネ『乱鶯』
6/17(水)午後10:30

『髑髏城の七人』 Season風
6/18(木)午後10:30

ゲキ×シネ『SHIROH』
6/19(金)午後10:30

TBSチャンネル1 3カ月連続 劇団☆新感線『髑髏城の七人』特集

『髑髏城の七人』 Season花
6/7(日)午後3時00分

『髑髏城の七人』 Season鳥
6/7(日)午後6時10分

『髑髏城の七人』 Season風
6/7(日)午後9時20分

『乱鶯』は衛星劇場でも6/21に放送アリ

有料放送は衛星劇場をずっと契約中で、WOWOWは今は加入止めているのだが、6月から入り直そうと考え中。(「大江戸グレートジャーニー」見たいのが最大の理由…)

行きたい美術展まとめ(2020年5月)

202005

未練がましいけど、見たかった美術展並べます。

すっごく楽しみにしていた「川瀬巴水展」中止です。
6月くらいまでに楽しみにしていた浮世絵関係、ほぼ無くなりましたわ。
太田もいつ再開するのか。(年間パスポート、ちゃんと送ってくれた!)
ボストン美術館展も中止。ナショナルギャラリー展はどうなるか。

美術館、再開を考えるというニュースも出てますが、どうなるのでしょうか。
いまいち基準が判らない。

何らかの対策は取ると思うが、ナショナルギャラリー展とか、絶対殺到すると思う。
完全予約制で混まないようにする等の対策は取って欲しい。
今は大好きな広重さんの名所江戸百景見て、心慰める日々です。

散歩好きとしては浮世絵が描かれた場所巡りも、いつかは再開したい。

以下、未練がましいリストです。

月岡芳年 血と妖艶
2020年04月01日~2020年05月27日
太田記念美術館 →休館・期間未定

川瀬巴水展 
2020年4月18日~2020年6月7日
平塚市美術館 →6/30まで休館

いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画
2020年04月04日~2020年05月17日
渋谷区立松濤美術館 →6/1まで休館

歌舞伎の四季
2020年02月8日~5月25日
伝統芸能情報館 →会期終了までまで休館

体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―
2020年03月10日~5月24日
東京国立博物館 表慶館 →休館・期間未定

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵
2020年04月11日~5月31日
静嘉堂文庫美術館 →休館・期間未定

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」
2019年5月3日(金)~2019年6月2日(日)
国立博物館 →休館・期間未定

きもの KIMONO
2020年04月14日~6月7日
国立博物館 →休館・期間未定

おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
~2020年06月07日 →休館・期間未定
森アーツセンターギャラリー

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
2020年03月3日~6月14日
国立西洋美術館 →休館・期間未定

明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-
神奈川県立歴史博物館
2020年4月25日~2020年6月21日 →8/31まで休館

奇才 江戸絵画の冒険者たち
2020年04月25日~2020年06月21日
江戸東京博物館 →休館・期間未定

広重と巡る『名所江戸百景』
2020年04月28日~2020年06月28日
川崎浮世絵ギャラリー →休館・期間未定

浮世絵にみる子ども?名所絵とおもちゃ絵
2020年04月27日~2020年07月07日
すみだ郷土文化資料館 →5/7まで休館

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス
2020年05月16日~2020年07月12日
山種美術館 →休館・期間未定

2020年5月の観劇予定(全く無し)

0502_20200504021601

毎月恒例なので、このタイトルをあげたが、5月の観劇予定はゼロです。
2005年にBLOGをはじめて、月間観劇本数ゼロなんて初。

生観劇が無いとお洒落しないし、会社行くのもマスクだから、ほぼ化粧せず。駄目人間になっていく。
でも電車がすいているので、満員電車のストレスが無いからか、体調は良い。
通常時でも時差出勤やテレワークがもっと活用されると良いのに。

5/2に『ジャージー・ボーイズ』の一般発売でしたが、売れ行き良いですね。現在の先行き不明な状況で凄い。
夏は他にも楽しみな芝居がある。何とか落ち着いた日常に戻れる事を祈ります。

5月に行く予定だった芝居をあげます。

『チェーザレ 破壊の創造者』 明治座

『赤坂大歌舞伎』 赤坂ACTシアター

『五月大歌舞伎』 歌舞伎座

一ヵ月前はGW明けには芝居見られるかな、と甘い事を思ってました。

歌舞伎座はまだチケット取ってなかったのですが(ゴールド会員の発売日前日に延期)、チケット取れればもちろん行くつもりでした。

一体いつ劇場に、いや普通に買い物したり、出掛けたりが出来るのか。お墓参りにも行かれない。

今はただ我慢。
GWは庭仕事と美術館関係のちらしやハガキの整理、野球のWBCの再放送を楽しむ事にします。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30