« さらに公演中止続く | トップページ | 中止か再開か »

「美女と野獣」in コンサート 横浜アリーナ

公演中止のニュースばかり見ていると気が滅入るので、今更ですが2月に見たコンサートの感想を。

この公演、2/22、23と開催。かなり微妙な時期で開催を危ぶむ声もありましたが、対策万全で開催するとのこと。

入口でアルコール消毒を吹きかけて頂き入場。マスク率も高い。
横浜アリーナ、15年振りくらいに来たけど、広いですね。


ステージの上にオーケストラ、3つのスクリーン。
そのスクリーンで「美女と野獣」のアニメーションが上映。
映画に合わせてすべての音楽は生で演奏され、台詞はアニメのままですが、歌唱場面になると俳優さんが出てきて、歌います。
その時だけ真ん中のスクリーンは舞台の様子が映し出されます。

こういったコンサートは初めてでしたが、面白いですね!

冒頭はアランメンケンさんがピアノを弾きながらのメドレー歌唱。ペイジ・オハラとのトークも有り。
感動的で涙ぐんでいる方も。うっとりしながら本編へ。

出演者の紹介と皆さんがそれぞれディズニーアニメへの思いを簡単に語るる

萌音ちゃん「美女と野獣」が大好き。ペイジ・オハラさんが冒頭で自分に憧れて歌の世界に進んだという声を聞き嬉しいと言っていたが、まさに自分がそう。涙目で夢が叶ったと。可愛い。
育三郎くん、サンタに野球のグローブをお願いしたら(さすが野球少年)、DVDが枕元に。繰り返し見たとか。
チャンカワイさん。「美女と野獣」が大好きで、結婚記念日に奥さんと来ようとチケットを予約してたら出演オファーか来たとか。一番会場沸いていた。

朝の風景。
アンサンブルさんの間を、歌いながら軽やかに歩く萌音ちゃん。

マイクの前で歌うだけかと思ったら違った。
歌に合わせてパーフォーマンスもあり。なのでアンサンブルさんが大活躍。

ガストンとガストンガールズが最高だった。女の子たちに囲まれてマッスルポーズする耕史さん。

ベルの上白石萌音さん、嫌味の無い可愛らしさ。声が聞きやすくて綺麗。
衣装も青のワンピース→ビンクのドレス→黄色のドレスと本編に合わせてチェンジ。髪のリポンもちゃんと変えてる。

育三郎くんが青、耕史くんが赤に近いワインレッドと男性陣の衣装もバランスを取ってる。

休憩後の、二幕開始前のトーク。
一幕出番が無い人が数名。特に育三郎くん、出番がないことを突っ込まれる。

ポット夫人、クリスタル ケイさん。
はじめて歌を聞きましたが、もう圧巻の歌声。格好良い~。

夜襲の歌。

舞台上で炎が灯され何事かと。
ガストンタオルを握りしめ、アンサンブルさんと力強く歌う耕史さん。
めちゃめちゃ盛り上がった!

今回はアニメ版なので、野獣の歌が少ないと思ったら、育三郎さんの歌15秒だったとのこと。

なので本編終了後に実写版から2曲有り。

開催されたことが奇跡のよう。
何かもう凄く凄く楽しかったです。

キャスト
ベル役:上白石萌音
野獣役:山崎育三郎
ガストン役:山本耕史
ル・フウ役:チャンカワイ(Wエンジン)
ルミエール役:横山だいすけ
ポット夫人役:クリスタル ケイ

スペシャル・ゲスト
アラン・メンケン、ペイジ・オハラ

指揮
リチャード・カーシー

オーケストラ
THE ORCHESTRA JAPAN

ナビゲーター
ささきフランチェスコ

アンサンブル
青山郁代/折井理子/小林風花/柴田実奈/小西のりゆき/神田恭兵/石川剛/後藤光葵

« さらに公演中止続く | トップページ | 中止か再開か »

芝居以外・ライブ関連」カテゴリの記事

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さらに公演中止続く | トップページ | 中止か再開か »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30