« 令和二年の古田さん | トップページ | 令和二年1月の美術展まとめ »

『初春歌舞伎公演 夜の部』

006_20200201030601

『初春歌舞伎公演 夜の部』 新橋演舞場

神明恵和合取組 め組の喧嘩

新歌舞伎十八番の内 雪月花三景 仲国

25日の追加公演を三階席から鑑賞。
昼は太田記念美術館の浮世絵講座に行き、そのまま演舞場だったので、体力が心配でしたが、案外大丈夫でした。

「め組の喧嘩」

休憩なし2時間強。
通しでじっくりと筋を終えたのが、楽しめた大きい要因。

菊五郎さん辰五郎に比べると、当たり前だが海老蔵さんは若い。
若さゆえの勢いが見られるのが良い所でもあるが、物足りなさもある。

ただとにかく物語が面白い。

相撲取りと鳶の喧嘩。
相撲取りというのは、身分も保証されていることを思い知る。(寺社奉行の管轄か…)

梅玉さんが素敵。この人が喧嘩を仲裁するというのに、とても説得力がある。

息子役は勸玄くん。久しぶりに舞台で見たが、達者さにびっくり。子供の成長は早い。
おもちゃで遊んでいる場面など、台詞のない部分の芝居も良い。
将来どんな役者になるのか。

最後は相撲取りと鳶の派手な立ち回り。

見に来て良かった一幕だった。

「雪月花三景 仲国」

うってかわって幻想的な踊り。
くんの凛した佇まいが綺麗。
ぼたんちゃん、折り目正しい踊り手。

楽なのでカーテンコールのサービス有り。

1回目は海老蔵さん&ぼたんちゃん。
2回目からは出番を終えてスーツ姿の勸玄くんも!めちゃめちゃ手振ってくれた。
3回目は姉弟で、最後に海老蔵さんが二人を連れて退場。

この子たちが立派な役者になるまで、自分も頑張らねば。

« 令和二年の古田さん | トップページ | 令和二年1月の美術展まとめ »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和二年の古田さん | トップページ | 令和二年1月の美術展まとめ »

リンク

無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30