リンク

無料ブログはココログ

« 2019年観劇総決算 | トップページ | 2020.1.8の雑記(色々発表) »

2019年美術鑑賞まとめ

20_20200108232101

年が明けてしまいましたが、2019年の美術鑑賞まとめです。

2019年に見た展覧会は(たぶん)合計157回。昨年の6倍くらいの増加です

カウントの方法を悩みました。
同じ展示会に複数行っているもの(江戸の凸凹は3回行ってる)もありますが、トーハクとか2日にわけて別の展示見たりなので、展覧会別では無くのべ回数で計算しました。

ベスト10は以下の通り。順位は特につけてませんが、5で区切りました。

「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」細見美術館
「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」千葉市美術館
「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」名古屋市博物館
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 太田記念美術館
「ギュスターヴモロー展 サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館

「ショーン・タンの世界展」 ちひろ美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館   
「三原順カラー原画展 ~札幌からようこそ~」米沢嘉博記念図書館 
「広重たちの情景 初代・二代・三代―江戸から明治へ―」藤澤浮世絵館 
「文化財よ永遠に」泉屋博古館分館

リンクは感想を書いているインスタに貼ってます。見にくかったらごめんなさい。

22_20200108232101 Dekoboko height=

ベスト1は文句無し「レスコヴィッチコレクション」。前期しか行ってないのが残念です。
絵の状態の良さが半端なかった。なんで東京に巡回しないの。南フランスに展示が行っちゃったよ…。

「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」は千葉と大阪で2回鑑賞。ボリュームが凄かった。
「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」は、名古屋-広島-福岡と巡回して、京都へ。東京にも来て。
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 は3回行った。ほぼ広重だがタイトルの勝利。混んでた。

「三原順」展。10代の頃夢中になっていた漫画。今、再読しても面白い。
「広重たちの情景」二代歌川広重の「江戸名所四十八景」が好きで、これが切っ掛けで二代に興味を持った。

以下、ベスト10に入れようかどうか、凄く迷った展覧会。

26_20200108232601

「横浜開港160年 横浜浮世絵」神奈川県立歴史博物館   
「広重が描いた静岡 東海道五十三次を中心に」 MOA美術館
「世紀末ウィーンのグラフィック」 目黒区美術館
「横浜美術館コレクション展  東西交流160年の諸相」横浜美術館
「ピエール セルネ & 春画 前期」シャネル・ネクサス・ホール  
「歌川国芳の時代-木曽街道六十九次之内を中心に-」 中山道広重美術館
「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち―悳俊彦コレクション 前期」太田記念美術館  

地域別としては、地方の美術館が28回。

地方は自分の自宅から2時間半以上かかる事という括りにしました。
自宅から埼玉の城西大学は2時間で行かれますが、千葉の城西国際大学は2時間半なので地方に入れてます。
千葉の茂木本家、歴史博物館はギリキリ2時間半以内なので、地方には入れていません。

温泉目的で一緒に美術館という旅もしてますが、いやいや遠距離も随分行ってますね。

最後は複数行っている美術館。

太田記念美術館  14回
藤澤浮世絵館   7回 
東京国立博物館  6回 
東海道広重美術館 5回
中山道広重美術館 4回

太田記念美術館は一年で14回です。年間パスポート買いましたからね。
6月江戸凸凹は3回、8月異世界は2回行きました。もっと行きたかったけどこれが限界。

次点は藤澤浮世絵館

0415_1_20200108232601
自宅から2時間かかるのですよ、電車賃も片道1000円なのですよ。
ただ藤澤浮世絵館は7時まで開館しているので、KAATで芝居みたあとなど、横浜方面に来た時に足をのばせば行かれるのが大きいです。
美術館もですか、辻堂駅の駅ビルも好き。

次が東京国立博物館

24_20200108232101
6回行きましたが、大抵日本館で力尽きます。

25_20200108232801

笑っちゃったのが、東海道(静岡)と中山道(岐阜)がベスト5に入っていること。広重先生への愛ですね。
江戸博、すみだ等が3回。4回は多分他にはない筈。数え間違いがあったらごめんなさい。

驚いたのは6月。太田の3回含めて26回展覧会に行っています。ぐるっとパスがあったとはいえどう考えてもおかしい。

2020年は芝居関係50、美術関係60で落ち着きたい。

以下、行った美術展リストです。

1月
「浮世絵最強列伝」高島屋日本橋店
「忠臣蔵赤穂忠臣録絵巻と浮世絵」「隅田川七福神と向島の名所」すみだ郷土文化資料館
「城たび! -お城で旅する東海道-」東海道広重美術館
「浮世絵の雅」山/記念 中野区立歴史民俗資料館
「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」太田記念美術館
「フェルメール展」上野の森美術館

2月
「激動の幕末 in 練馬」練馬区立石神井公園ふるさと文化館
「練馬区ゆかりの漫画家ー1970年を中心に」練馬区立石神井公園ふるさと文化館
「歌川芳幾 よしいく忘れられた巨人 前期」フェルケール博物館
「1968年 激動の時代の芸術」静岡県立美術館
「浮世絵の雅」中野区立歴史民俗資料館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館
「新・北斎展」森アーツセンターギャラリー
「酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり」根津美術館
「温泉 ~江戸の湯めぐり~」国立公文書館
「無残絵展」ヴァニラ画廊

3月
「江戸のそら」東海道広重美術館
「歌川芳幾 よしいく忘れられた巨人 後期」フェルケール博物館
「広重とめぐるⅢ 庶民だって旅がしたい!」 中山道広重美術館
「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」名古屋市博物館
「江戸の園芸熱 浮世絵に見る庶民の草花愛」たばこと塩の博物館
「小原古邨」太田記念美術館
「ピエール セルネ & 春画 前期」シャネル・ネクサス・ホール
「桜の美展」出羽桜美術館
「花こよみ」天童広重美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」サントリー美術館

4月
「ピエール セルネ & 春画」シャネル・ネクサス・ホール
「浮世絵でめぐる横浜の名所」横浜開港資料館
「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」川崎市市民ミュージアム
「小栗判官物語と遊行の縁」藤沢市藤澤浮世絵館
「横浜開港160年 横浜浮世絵」神奈川県立歴史博物館
「没後170年記念 北斎 ―富士への道」 太田記念美術館
「女・おんな・オンナ 浮世絵にみる女のくらし」松濤美術館?
「江戸のデザイン-浮世絵を楽しむ遊び心」日本浮世絵博物館

5月
「なぞなぞ絵解き 判じ絵展 - 江戸の庶民と知恵比べ -」八王子夢美術館
「広重たちの情景 初代・二代・三代―江戸から明治へ―」藤澤浮世絵館
「藝大コレクション展 2019」東京藝術大学大学美術館
「明治 東京 名所 うつろいゆく風景と名所」北区飛鳥山博物館
「白石の和紙~紙布・紙衣を中心に~」紙の博物館
「2日間だけの両国橋ワンダーランド?鳥居清長忌展覧会」回向院念仏堂
「ギュスターヴモロー展 サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館
「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」千葉市美術館
「浮世絵師 歌川国芳展」水野美術館
「面白すぎる!!北斎漫画の世界Ⅲ」北斎館
「北斎ー富士への道」展、太田記念美術館
「女おんなオンナ、浮世絵にみる女のくらし展」松濤美術館
「佐賀長崎のやきものめぐり」戸栗美術館
「ゆかた 浴衣 YUKATA-すずしさのデザイン、いまむかし」泉屋博古館分館

6月
「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵」 練馬区立美術館
「北斎のなりわい大図鑑展」 すみだ北斎美術館
「マッチ ~魔法の着火具・モダンなラベル~」たばこと塩の博物館
「歌川国芳の時代-木曽街道六十九次之内を中心に-」 中山道広重美術館
「美を競う 肉筆浮世絵の世界」鑑賞京都文化博物館
「ショーン・タンの世界展」 ちひろ美術館
「近代の日本画展」 五島美術館
「世紀末ウィーンのグラフィック」 目黒区美術館
「青・蒼・碧」 郷さくら美術館
「クリムト展 ウィーンと日本 1900」 東京都美術館
「漢字展ー4000年の旅」東洋文庫ミュージアム
「江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~」東京都江戸東京博物館
「映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事」国立映画アーカイブ
「MOMATコレクション」東京国立近代美術館
「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」庭園美術館
「身近にあったジャポニスムとアール・デコ」アクセサリーミュージアム
「江戸の凸凹 高低差を歩く」 太田記念美術館
「アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~」 日比谷図書文化館
「横浜開港160年 横浜浮世絵」 神奈川県立歴史博物館
「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」 大佛次郎記念館
「広重が描いた静岡 東海道五十三次を中心に」? MOA美術館
「広重たちの情景 初代・二代・三代 -江戸から明治へ-」 藤沢市藤澤浮世絵館
「ニッポン制服百年史」 弥生美術館
「松方コレクション浮世絵版画展 第1期」東京国立博物館

7月
「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館
「生誕125年記念 速水御舟」山種美術館
「浮世絵ガールズ・コレクション」國學院大學博物館
「青のある暮らし 着物・器・雑貨」太田記念美術館
「摩利と新吾 原画展」パンアートギャラリー
「諷刺画にみる幕末から明治の庶民」国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
「近代日本の美人画展」講談社野間記念館
「物語と絵巻物」センチュリーミュージアム
「広重たちの情景 初代・二代・三代―江戸から明治へ―」藤澤浮世絵館
「松方コレクション浮世絵版画展 第2期」東京国立博物館
コラム展「錦絵新聞と明治の風俗」明治大学博物館
「妖怪出たっ」菱川師宣記念館

8月
「2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2 楊洲周延《時代かゞみ》全点展示」城西大学水田美術館
「錦絵などでみる江戸東京の今昔展」 地下鉄博物館
「世界への誘い 妖怪・霊界・異国」太田記念美術館
伊勢半本店 紅ミュージアム
「三原順カラー原画展 ~札幌からようこそ~」米沢嘉博記念図書館
「江戸のスポーツと東京オリンピック」江戸東京博物館
「夏の企画展 浮世絵展 ~物語と風景とこわーい絵~」田原市博物館
「水と共に生きる」中山道広重美術館
「今昔東海道ステヰシヨンPart1:東海道(蔦屋版東海道)」静岡市東海道広重美術館
「浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来」藤澤浮世絵館
「幽霊画展」全生庵
「松方コレクション浮世絵版画展 第3期」他 東京国立博物館
「新形三十六怪撰」他 群馬県立歴史博物館へ。
「江戸の遊び絵づくし」高崎市タワー美術館
「井上円了没後100年展」中野歴史民俗資料館

9月
「もののけの夏 江戸文化の中の幽霊・妖怪」「伝統の朝顔」国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑
「生誕250年記念 歌川豊国 写楽を超えた男」 太田記念美術館
「木曽海道六拾九次之内」 中山道広重美術館
「京博寄託の名宝~美を守り、美を伝える」京都国立博物館
「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」細見美術館
「メアリーエインズワース浮世絵コレクション」大阪市美術館
「浮世絵のいろいろ~きいろ編」上方浮世絵館
「妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ」川崎市市民ミュージアム
「松方コレクション浮世絵版画展 第4期」東京国立博物館
「円山応挙から近代京都画壇へ」 東京藝術大学大学美術館
「江の島を訪れたエトランジェ 描かれた異邦人」藤沢市藤澤浮世絵館
「仏画と柿右衛門様式~いのり いろどり~」黎明アートルーム
「特集展示 両国川開大花火の誕 戦前の隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
「浮世絵展~待乳山と隅田川」待乳山本龍院信徒会館大広間特設会場および境内
「北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展 前期」 すみだ北斎美術館

10月
「ミュシャと日本、日本とオルリク」千葉市美術館
「マルク・シャガール 夢を綴る」ポーラ ミュージアム アネックス
「旗本退屈男 衣裳展」
「歌川国芳 父の画業と娘たち」太田記念美術館
「浮世絵でよむ南総里見八犬伝」城西国際大学水田美術館
「歌川豊国 ―歌川派の役者絵―」国立劇場伝統芸能情報館
「川瀬巴水展 東へ西へ(前期 東日本編)」茂木本家美術館
盆栽美術館
「美人画の時代 春信から歌麿、そして清方へ」町田市立国際版画美術館
「正倉院の世界~皇室がまもり伝えた美」他 東京国立博物館
「文化財よ永遠に」泉屋博古館分館
「桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―」大倉集古館
「由比本陣公園25周年記念 今昔東海道ステヰシヨン」静岡市東海道広重美術館
「能装束と歌舞伎衣裳」文化学園服飾博物館
「北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展 後期」すみだ北斎美術館

11月
「ラスト・ウキ ヨエ 浮世絵を継ぐ者たち―悳俊彦コレクション 前期」太田記念美術館
「日本・東洋 美のたからばこ~和泉市久保惣記念美術館の名品」」松濤美術館
「茜さすモダン東京:明治浮世絵コレクション」慶應義塾図書館
「名勝八景」出光美術館
「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」東京国立近代美術館
「エドワードゴーリの優雅な秘密」展 練馬区美術館

12月
「常設展」神奈川県立歴史博物館
「横浜美術館コレクション展  東西交流160年の諸相」横浜美術館
「ラウル・デュフィ展― 絵画とテキスタイル・デザイン ―」パナソニック汐留美術館
「大浮世絵展 ~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演~」江戸東京博物館
「ミュシャ展~運命の女たち~」横浜・そごう美術館
「パッション20 今みておきたい工芸の想い」東京国立近代美術館 工芸館
「MOMATコレクション」東京国立近代美術館
「伊東深水の光景―戦中から戦後、南方から小諸―」はけの森美術館
「ノエル・ヌエットー濠端の散策者ー」ガスミュージアム
「ラスト・ウキ ヨエ 浮世絵を継ぐ者たち―悳俊彦コレクション 後期」太田記念美術館
「国宝 雪松図と明治天皇への献茶」三井記念美術館
「江戸のまんが」江東区深川江戸資料
「東洋文庫の北斎展」 東洋文庫ミュージアム
スポット展示「川瀬巴水」大田区立郷土博物館
「浮世絵双六と七福神」藤澤浮世絵館
「フィリップ・パレーノ オブジェが語りはじめると」ワタリウム美術館

« 2019年観劇総決算 | トップページ | 2020.1.8の雑記(色々発表) »

一年のまとめ」カテゴリの記事

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年観劇総決算 | トップページ | 2020.1.8の雑記(色々発表) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31