« てがみ座『燦々』再演! | トップページ | 10月の美術展まとめ »

11月歌舞伎座夜の部

11 『吉例顔見世大歌舞伎』夜の部 
歌舞伎座

「菊畑」

梅丸くんではなく莟玉くん。美しい姿で立派な舞台。
お姫様に恋される美少年、ぴったり。
鬼三太役の梅玉さんとのやり取りに力がこもる。

正直「菊畑」だけ見ても、(ある程度筋を把握しても)前後の関係が掴みにくくいまひとつ興味がわかないと思っていたが、二人が良くて後半は見入った。

劇中な口上有り。みなさん「かわいい」の連発で笑った。

「連獅子」

幸四郎さん染五郎くん親子。
染五郎くん必死の子獅子。不安定な部分も見えるが、とにかく一生懸命で気持ちが良い。
観客も息をつめて見守る印象。
1月はおもだか連獅子。こちらも楽しみ。

「市松小僧の女」

夜の部は何といってもこの一幕。
さすが池波脚本という芝居。世間的に見たらちょっと変わった、でも幸せになろうとする男女の物語。

裕福な商家の娘だが、武芸に秀で、家ではもてあまし気味のお千代。
掏摸を生業としていたが、ひょんな事からお千代と恋仲になり、真っ当な道を歩もうとする又吉。

この二人のカップルが実に可愛い。
江戸の片隅で真面目に生きようとする夫婦。だが指に覚えこませた技は忘れられずに…。

お千代の時蔵さんが良いのはもちろんだが、同心であり、お千代の道場の同門であり、2人の理解者でもある芝翫さんが実に良かった。(先月の天竺徳兵衛はいまひとつだったので余計に)

長らく上演されなかったのがもったいない芝居。
おそらく大柄な女性と小柄な男性の組み合わせ(池波小説にはよく出てくるカップル)なのだろうが、何故か「じゃじゃ馬ならし」のキャタリーナを思い出したので、猿之助さんのお千代で見たくなった。

« てがみ座『燦々』再演! | トップページ | 10月の美術展まとめ »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« てがみ座『燦々』再演! | トップページ | 10月の美術展まとめ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30