« 久し振りのステアラ | トップページ | 行きたい美術展まとめ(2019年11月) »

『ウエスト・サイド・ストーリー』(来日版)

ブロードウェイミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』 
IHI ステージアラウンド東京

高校生の時に映画版を見まくったミュージカル。
回る劇場でどうなるか、観に行って来ました。

Wss01

新感線を見た時にこの劇場の音響面が心配だったけど、随分と改善されていた。
メタルマクベスではそれ程音響の悪さを感じなかったので、髑髏城の時が異常だったのか。

名曲の数々。バーンスタイン の曲は素晴らしい。暫くこのミュージカルから離れていても、すぐに音楽が甦る。

WSSはダンスも重要。
ただこの横に間口の広い劇場ては、ダンスシーンの演出はは難しい。ダイナミックさが薄くなる。

二幕「Somewhere」は舞台装置が何もない空間で、逆にダンスを見るには良い。
もう少し迫力があると良いのだが。

リフ役の方がイケメンで目がいく。
アニタ役の方、小柄だがパワフル。

360度演出については、正直物足りない。メタルマクベスの演出が秀逸だったのか。
髑髏城の時は手探り感はあったが、舞台面を広く使った絵作りは迫力あったし、回転の特性を生かしてた。
WSSは作り込んだ舞台装置が使えるというメリット以外、余り良さを感じず。水も使っていたが、意味が無い。
「Tonight(Quintet)」、大好きなので、もっと高揚する何かが欲しい。

一番良かった演出は「Tonight」のときの縦移動。ロマンチックで感動。この世界に恋人たち2人だけという空間。

色々書きましたが、とても楽しかった時間でもありました。
カーテンコールは撮影OK。セットの一部も終演後に見られるという、サービス満載な公演でした。

Wss02 Wss03

ただ「ヤマトタケル」は色々心配。元の演出が素晴らしいので、変に改変して欲しくないなぁ…。(「オグリ」見てると演出が不安でしかない)

« 久し振りのステアラ | トップページ | 行きたい美術展まとめ(2019年11月) »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

芝居・海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久し振りのステアラ | トップページ | 行きたい美術展まとめ(2019年11月) »

リンク

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31