« 2019年6月の予定 | トップページ | 水野美術館へ行く(一泊二日長野の旅) »

六月大歌舞伎 夜の部『月光露針路日本 風雲児たち』簡易感想

みたに歌舞伎、6/3に早速観劇して来ました。
三谷さんの脚本さすがです。笑って笑って、悲しくて切ない。その匙加減が絶妙。(ちょっと歌舞伎に寄せそうと頑張りすぎな部分もあったが)

幸四郎さん、猿之助さん、愛之助さんの息のあった芝居は見応え十分。三谷さんの芝居の経験者だけある。

(以下ややネガティブな感想です)

ただこの芝居を歌舞伎かどうか論じるのは凄く難しい。
私は元々歌舞伎か云々を問うのは好きでは無いし、まず芝居として面白いか見応えあるかが重要だと思っている。

だが逆に歌舞伎では無く、普通の演劇として上演した方が良かったのでは?と思ったのも事実。
あの大人数を出せるのは歌舞伎ならではだが、逆に中心になっている三人が三谷芝居経験者なのがそう思わせるのかもしれない。(その演出家を経験している役者が中心になるというのは凄く重要なのだけど。)

八嶋さんの期用もちょっと納得いかない。
八嶋さんは愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」の芝居が今回の50倍くらい凄かったからね…。

でも良い芝居なのは間違いないです。面白かったですもの!
後半もう一回見るのが凄く楽しみ。今回は三階ですが、次は一階席、自分の感じ方がまた変わるのかもしれない。

次回は一幕から男女蔵さんをじっくり見よう。

« 2019年6月の予定 | トップページ | 水野美術館へ行く(一泊二日長野の旅) »

芝居・一般」カテゴリの記事

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年6月の予定 | トップページ | 水野美術館へ行く(一泊二日長野の旅) »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31