« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 その4 | トップページ | 『ハムレット』 »

「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」

05_05

先日、千葉市美術館で「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」鑑賞しました。

素晴らしかったです。もっと早く来て、もう一回くらい見れば良かった。
千葉の展示は終わりましたが、この後静岡、大阪に巡回予定。お近くの方はぜひ。お勧めです。

メアリーエインズワースさんが集めた約1200点の浮世絵から200点が里帰りした展覧会。
初期浮世絵から北斎・広重まで多岐に渡るコレクション。
「ピーター・ドラッカー・コレクション水墨画名品展」と合わせて、3時間半かかって鑑賞。

事前に行った方のレポを読んで、これは相当気合いが必要と思いましたが、ホントに体力と気力をフル回転させました。
展示が8階→7階とわかれており、チケットの半券もそれぞれの階でモギる形だったので、8階鑑賞のあと一度休憩。コーヒー飲んで頭をリフレッシュ。その後7階に挑みましたが、休憩挟んで正解でした。

05_06

千葉市美術館の側、フレッシュロースター珈琲問屋さんで一服。

7階は展示室一部屋使った広重コレクション!至福すぎました。
非常に状態の良い絵が揃ってる。北斎もですが、今年に入って同じタイトルの絵を3度くらい見てますが、色が鮮やか(芸大で見たものも綺麗だった)。

感心したのは、版違いのものまで揃えていた事。
「東海道五十三次」の「日本橋 朝之景」、「名所江戸百景」の「大はしあたけの夕立」、「両国花火」の3点です。「日本橋」など人が増えたり減ったりしているし、花火の描き方が全然違ったり、興味深い。
木曽海道のシリーズ、もっと見たい。夏に中山道広重美術館行けば見られるが遠い。
「月二拾八景之内 葉ごしの月」も良い。「近江八景」も!
エインズワースさんは広重が大好きだったらしい。他にどんな広重の絵を持っているのか見てみたい。

順番が逆になるが、展示は初期浮世絵から。墨摺絵紅摺絵の美しさ堪能。
世界に一点しか確認されていない貴重な絵もあり。水絵、もっと見たい。

中期は喜多川歌麿の7枚続きや、鳥文斎栄之が目を惹く。「風流やつし源氏」素敵!

結局時間が足りなくなり、「ピーター・ドラッカー・コレクション水墨画名品展」は駆け足に。

本当に素晴らしかった。もう一度見たいので、静岡に行きたくなってきた。

 

« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 その4 | トップページ | 『ハムレット』 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 その4 | トップページ | 『ハムレット』 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31