« 『キンキブーツ』 | トップページ | 平成最後の日 »

『春のめざめ』

『春のめざめ』
神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

原作フランク・ヴェデキント
翻訳酒寄進一
音楽降谷建志
構成・演出白井 晃

出演 伊藤健太郎 岡本夏美 栗原類
小川ゲン 中別府葵 古木将也 長友郁真
竹内寿 有川拓也 川添野愛 三田みらの
あめくみちこ 河内大和 那須佐代子 大鷹明良

ドイツの中等教育機関“ギムナジウム”で学ぶ優等生のメルヒオール(伊藤健太郎)、友人で劣等生のモーリッツ(栗原類)、幼馴染のヴェントラ(岡本夏美)。
ある日の帰り道、メルヒオールはモーリッツに、「子供の作り方」を図解で説明すると約束する。成績のさえないモーリッツは、学校での過度な競争にたえられず、米国への出奔を企てた。しかし、それが果たなかった彼は、将来を悲観して自殺してしまう。一方、メルヒオールは半ば強姦のように幼馴染のヴェントラと関係をもつ。
やがて自殺したモーリッツの遺品からメルヒオールからのメモが見つかり、モーリッツを自殺に追い込んだとして両親に感化院へと送られるメルヒオール。その後ヴェントラの妊娠が発覚、彼女の両親の知るところになり、ヴェントラは……。

 

『キンキブーツ』を見ていると、(駄目な所所もあれど)人間の素晴らしさを凄く感じるのだが、対象的にこの舞台では、人間の醜さや愚かさといったものを、強く感じた。

 

感想追記予定

« 『キンキブーツ』 | トップページ | 平成最後の日 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『キンキブーツ』 | トップページ | 平成最後の日 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31