« ミュージカル「いつか~one fine day」 | トップページ | 『LIFE LIFE LIFE』 »

藤澤浮世絵館に行く

0415_1

0415_2

0415_3

4/14(日)に以前から行きたかった藤澤浮世絵館へ行きました。
辻堂という都心からやや離れた場所にあり、気になってはいたが行きそびれていた美術館。

14日までの展示は「小栗判官物語と遊行の縁」。

辻堂の駅から徒歩7分くらい。ビルの七階。一階には体操クラブとかボルタリングの施設とかあって、ホントに此処?という感じ。

七階に上がると、壁一面に浮世絵が描かれている。

展示室は以下のテーマにわかれてます。

東海道五十三次コーナー
藤沢宿コーナー
江の島コーナー
企画展示コーナー

東海道五十三次は広重の「狂歌入東海道」。日本橋から江尻。
藤沢宿は蔦屋版東海道から見る宿場の施設。
江の島は「江嶋縁起絵巻」(藤沢市指定重要文化財)。
企画展示が「小栗判官物語と遊行の縁」。

全部で63点。こんなに盛り沢山で無料。びっくりだよ…。

「狂歌入東海道」面白い。三島は雪景色だった。
富士山がだんだん近くなっていくのが好き。原宿の富士山、迫力ある。

東海道五十三次コーナーは、会期によって展示を変えているらしい。
広重美術館と言って良いくらい充実。

楽しみだった「小栗判官物語と遊行の縁」。

国芳の小栗十勇士、格好良い。楊洲周延の照手姫、ため息の出る程美しい。
芳幾もあった。その前に行った横浜開港資料館、芳幾を何点も持っている資料館なので期待したら。芳幾の展示無くてしょんぼりしてたから嬉しい。

もっと早く来ればよかった。
自宅からだとちょっと距離もあるのだが、ぜひぜひ定期的に訪れたい美術館だ。
凄い楽しかった。疲れも吹っ飛んだ。(でも帰りの東海道線爆睡した)

次の企画展示は「広重たちの情景 初代・二代・三代-江戸から明治へ-」
2019年4月20日(土)から。

« ミュージカル「いつか~one fine day」 | トップページ | 『LIFE LIFE LIFE』 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル「いつか~one fine day」 | トップページ | 『LIFE LIFE LIFE』 »

リンク

無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29