« 2019.4.25の雑記(ロックオペラ モーツァルト) | トップページ | 『春のめざめ』 »

『キンキブーツ』

『キンキブーツ』
シアターオーブ 一階後方

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本:岸谷五朗
訳詞:森雪乃丞
出演者:
小池徹平、三浦春馬、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、他

初演はチケット取り損ない見れず。
再演も何とか一回だけチケット確保。比較的早く再演されたのがよく判る面白さ。
この充実した舞台を支えている、お客さんたちの熱気も凄い。
心底から「見て良かった!」と叫びたくなるミュージカルだった。

 

ストーリー

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先に父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。
 工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。
型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…

親のあとを継いで、潰れかけた工場を立て直すというと、ストーリーとしては単純なのだが、登場人物が魅力的でとにかく楽しくて元気が貰えるミュージカル。

何といってもローラ役三浦春馬くんか素晴らしい。
舞台で見るのはもしかしたら『五右衛門 ロックⅢ』以来?正直その時は「最近人気の出て来た人だ」程度の認識で、特に印象に残る何かがあった訳では無かった。

数年振りに観た彼は、本当に素敵な俳優さんだった。
もちろん役に合わせて鍛えた容姿、あのヒールで踊るダンスと、テクニック面も凄いが、とにかく人を惹きつけるパワーがある。魅力的で目が離せない。

そしてエンジェルスさんたちが素敵すぎる。一人一人をもっと見たかったが、目が追い付かない。リピートしたくなる気持ちがよく判る。

徹平くん、見る度に歌がよくなっている。

彼が成功を焦る余りに周囲の軋轢を起こす件は、少々筋としては強引だったが、工場の人たちがそれでも集まって一致団結する所は、ベタだけど感動。

「ありのままの他者を受け入れる」、とても大切な言葉。

ソニンちゃん、チャーミングで面白すぎ。
ソニンちゃんたち工場チームの皆さんのキャラクターも素敵。衣装等良い意味で野暮ったいのも、ローラたちと対比になっていて効果的。

人間の強さ、美しさを強く歌い上げた、良い舞台。
おそらくキャスト、スタッフも、自分たちの創りだしている世界に、とても自信を持っているのだろう。受けてとしては幸せな時間だ。

ただひとつだけ難点。びっくりするほど歌詞が聞き取れない。
翻訳もののミュージカルでは、自分は余り歌詞を聞き取る事は重要にしていないのだが、それにしても聞き取れなかった。
歌詞のせいか、劇場のせいか、演者の歌が原因か、それは自分には判断がつかないが、良い舞台なだけにその点がもったいない。

終演後、劇場を後にする人が、「もう一回見たい」と口にしていた。その言葉がこの舞台の魅力を示している。

« 2019.4.25の雑記(ロックオペラ モーツァルト) | トップページ | 『春のめざめ』 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019.4.25の雑記(ロックオペラ モーツァルト) | トップページ | 『春のめざめ』 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31