« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 | トップページ | 美術館巡りの旅 その3「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」 »

愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」

愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」
赤坂ACTシアター

原案・演出:たいらのまさピコ(河原雅彦)
上演台本:たいらのまさピコ(河原雅彦)・大堀光威
音楽:レキシ
音楽監督:ヒロ出島(山口寛雄)
振付:梅棒

出演:
山本耕史 松岡茉優 佐藤流司 高田聖子 井上小百合(乃木坂46)前田悟 浦嶋りんこ 山本亨 藤井隆 八嶋智人
梅澤裕介 遠山晶司 楢木和也 野田裕貴/巽徳子 YOU 碓井菜央 佐久間夕貴 五十嵐結也 永井直也 カイル・カード サラ・マクドナルド

予想を遥かに超える、とんでもない面白さ満載の舞台だった。
笑いすぎて腹筋捩れるかと。

2回しかチケット取らなかった、過去の自分を殴りたい。
公演期間中に温泉旅行とか行く自分を殴りたい。

行かれそうな日があと2日くらいしかない上に、チケット無さげだし。

何を書いてもネタバレになるので、詳しい感想が書けない。
凄くふざけた舞台なのだけど、実力者揃いの役者陣が全力で挑んでいるので、大変見応えあります。
全編見所しかない。長いのに全くダレない。素晴らしい。

曲はパンフによれば25曲。
既存の楽曲をあれだけ使って、一本の芝居にきちんと(?)纏めた河原雅彦さん凄い。

歌は1/3くらい耕史くんが歌ってた印象。
聖子さん、りんこさんも歌いまくり。
八嶋さんもかなり歌ってる。

耕史くん、聖子さん、りんこさんの3人が上手いから聞き応え十分。
歌唱力のある人が中心なので、ミュージカルとして成立している。

主要キャストはみな見せ場十分。
八嶋さんは台詞も多いし、衣装替えも多いし、大変そう。でもホント上手い。
大変そうなのは、アンサンブルの方々。次から次へと着替えて登場。そして踊る!

聖子さん出番多いです。嬉しい。聖子さんの魅力がたっぷり味わえる。

山本耕史くんはもう凄いとしか…。
何でも出来る彼に、何でもやらせる大会。
二幕途中から怒涛の衣装替え。絶対ネタバレしないで見た方が楽しめます。
場内大歓声だったあの衣装も良いげと、私的には聖子さんが整えてくれたあの衣装が大好きです。(念の為反転→ポニーテール萌えなので

前田さん代役侍としてネタになっていた。
「ホントは誰よりチャンパラ上手いのに」と耕史くんに言われてた。着物の紋が代です。

やはりネタバレせずに書くのは難しい。
セットも音楽もダンスも最高だった。素晴らしかった。楽しすぎて頭おかしくなりそうな舞台だった。

« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 | トップページ | 美術館巡りの旅 その3「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」:

« 『髑髏城の七人 Season花』ゲキ×シネ版 感想 | トップページ | 美術館巡りの旅 その3「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31