« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の19件の記事

「浮世絵の雅」

10_2

「浮世絵の雅」
山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館

「浮世絵の雅」のちらしを頂き、中野区なら近いと行くことに。
新青梅街道沿いに、このような施設があるなんてはじめて知りました。

沼袋駅からは10分もかからず。
入ってすぐで栞を頂けます。3種有り、日程によって絵師が変わります。私は豊国。数日前だったら芳幾だったのか。

一階の展示室に47点の浮世絵。絵師も多岐に渡ります。
状態の凄く良いもの、悪いもの色々有り。

感心したのが最初に国貞・国芳と、それぞれの子弟関係を図にしたものを掲示してあった事。
各絵、それぞれの絵師の説明も判りやすく、私のような浮世絵初心者には鑑賞の手助けになり大変助かりました。

河鍋暁斎の娘、暁翠の絵も有り。
水野年方の藤娘も良かったです。

国芳の門人たちコーナーも充実。

芳幾の生人形が素晴らしい。清水で芳幾展が開催されているのだが、かなり行きたい。

限られた展示スペースの為、奥の展示が見にくいのが残念でしたが、凄く面白かった!

 

11_3

お庭が綺麗なので、今度はお庭が公開されるている時に行ってみたい。
料金は無料、2/17まで。

東海道広重美術館へ行く

06

07

旅行2日目は由比へ。
目的は東海道広重美術館。
東京からだと二の足踏みますが、三島からなら東海道線でそれ程時間も要しません。

由比に着いて唖然。
コインロッカーが無い。
仕方なく荷物を引きずって行くことに。

徒歩20分くらい。荷物無ければ楽勝なのですが、行きはタクシーとしました。

由比本陣があった所に建てられた美術館。
東海道に広重美術館があるって、ロケーションも素敵。

今回のテーマは「お城で旅する東海道」。

東海道を下りながら、お城がテーマの浮世絵を見るという趣向。
広重だけではなく、河鍋暁斎などの絵も有り。

展示もおもろしかったが、初刷と後摺を比較したりの映像も面白い。
那珂川の広重美術館提供のスライドもあり、こちらも行ってみたくなる。

08

お向かいは由比正雪の生家だったかもしれない、紺屋さん。せっかくなので手ぬぐい購入。
途中でさくら海老の定食を頂き、徒歩で駅へ。

帰りは小田原に寄って買い物。駅前のひもの屋さんが無くなっててショック。
小田原の駅ビルの一階、安くてつい買いすぎる。

以上、1月の旅でした。

御殿場高原時之栖に一泊二日

01

1月の旅行は紆余曲折ありました。
北海道・十勝→山形・小野川温泉と変更して、結局近場に行くことに。

時之栖は最近ではイルミネーションが有名ですが、私の中では地ビールです。
昔から定期的に行ってましたが、ここ数年はご無沙汰。大体日帰りでしたが、たまには泊まってみる事にしました。

行きはロマンスカー。
あさぎり号→ふじさん号に名称が変わった事をはじめて知る。
ロマンスカー空いてました。高速バスが人気なのでしょう。

12:50御殿場駅発の送迎バスで時之栖へ。

13:15頃着。チェックインが14:00と早めなのは有難い。
ワインを軽く飲みつつお昼を食べて、チェックイン。すぐにお風呂へ。

宿泊とセットなのは気楽坊なのですが、茶目湯殿が好きなのでそちらへ。宿泊者は500円引きです。

02

茶目湯殿好きーーーーーーーーーー。
18歳未満は入場出来ないので、落ち着いて寛げます。
お風呂も広いし、何といっても休憩室が広い。コーヒー等飲み物もある。

男女問わず一人で来ている人も多い。一人でも一日寛げる。

露店は階段のぼって、富士山見ながらの絶景スポット。

17:00くらいまでお風呂で寛ぐ。

部屋でちょっと休憩してから食事。
御殿場高原ビール美味しい。
ただ大昔を知ってると、レストランの内容は少々寂しい。

以前多摩にあった地ビールのお店、こちらも美味しかった事を思い出す。
いつの間にか無くなってしまい、一回しか行かれなかったが。

持ち帰り用の2リットル瓶ビールはちゃんと売っていた。車が無ければ買えないが。

04

05

03

その後イルミネーション。
宿泊者用の割引券を頂いていたので、王宮の丘から噴水ショーを見る。
噴水ショーは確かに有料でも見る価値はある。

翌日朝は気楽坊へ。
朝は宿泊客だけなので空いている。さすがに露天は寒いが、色々な風呂があって楽しめる。
死海の風呂より、炭酸風呂が良い。

パンやチョコレート、たっぷり買い物をして、時之栖を後にする。
桜の季節も綺麗なので再訪したい、混んでいるだろうな。

帰りは三島行きのバス。三島から由比へ向かいます。

2日目に続く。

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』
東京芸術劇場プレイハウス 1階LB席より

音楽・詞・脚本 デイヴ・マロイ
訳詞・演出 小林香
出演 井上芳雄 生田絵梨花
小西遼生 霧矢大夢 原田薫 松原凛子
水田航生 はいだしょうこ 武田真治

めちゃくちゃ長いタイトルのミュージカル。噛まずに言えるのか?

何も考えずにチケット取り、当日公式サイトを見て、慌てて人間関係を予習。
客席に着いたら、すでにアンサンブルさんがお客さん煽ってて、周囲の人もノリノリで、当初「こういうミュージカル???」と及び腰になったが、結果めちゃめちゃ面白かったです。

コメットシートという席があるのは知っていたけど、舞台上ではなく、オケピのように舞台の中に客席を作っていたとは。芳雄くんはじめ役者さん、コメットシートのお客さんと絡む絡む。
日本人は基本シャイなので、難しい形式だとも思ったが、全然そんな事なく、みなさん楽しそう。普通席の自分もどんどん楽しくなっていた。

芳雄くんはじめ、役者さんみなさん凄い。

オフBWではレストランを改造して、このミュージカルを上演したとか。
お洒落して、お酒飲みながら、一緒に舞台を盛り上げたら、さぞ素敵な時間となるでしょう。

続きを読む "『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』" »

『The King and I』ロンドン公演を3日間限定で劇場上映

ミュージカル『ロンドン版「The King and I 王様と私」』
2月22日から3日間にわたって東京・TOHOシネマズ日比谷他で上映。

自分用備忘録。

最近演劇の映像上映が積極的に行われて嬉しい限り。
NTLive『マクベス』が2/15~21なので、うまい具合に日程も被りません。

『The King and I』は夏ににシアターオーブの上演も有り。
10月は『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』もあるし、楽しみすぎる。

2月は『ステージ・シネマ コレクションvol.1』も有り。
『テイク・ミー・アウト 2018』は大好きな舞台だったので、この機会に見てくれる方が増えると嬉しい。
ただ初演見てないので、初演版見たかったとも思ってますが。

『新春浅草歌舞伎 第2部』

『新春浅草歌舞伎 第2部』 浅草公会堂

【第2部】
一.寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)
二.番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)
三.乗合船惠方萬歳(のりあいぶねえほうまんざい)

2部→1部の順で観劇。

散々言われている事ですが、1部と2部の間の時間が短くて、公会堂の前は人でごった返す状態。
無理に割り込む人、押してくる人で入り口で疲労困憊。(不愉快で見ないで帰ろうかと思った)
母を連れてたので、庇いながらようやくエレベーターに辿り着いて、席まで行くのは本当に疲れました。

次回はもう少し考えて欲しいです。

2部は初日あけてすぐに見た為か、全体的に固い印象。

続きを読む "『新春浅草歌舞伎 第2部』" »

耕史くんがテレビでミュージカル曲を歌う!

自分用備忘録。

「My Anniversary SONG~HEISEI SOUND ARCHIVE~」
1/18(金)22:24~ BS朝日

高嶋政宏さんの番組。1/18(金)のゲストが山本耕史くん。歌ですよ。
耕史くんの歌、ポップスをテレビで披露する機会はあるけど、ミュージカル曲をテレビで聞けるのは滅多にないので、凄く楽しみ。
しかも「Stars」(「レ・ミゼラブル」より)、「The Origin Of Love」(「ヘドウィグ・アンド・アグリーインチ」)とか。欲を言えば「殺しのシンフォニー」が聞きたい所。

録画予約しました。

新感線☆RS『メタルマクベス』disc3

新感線☆RS『メタルマクベス』disc3

作 宮藤官九郎
演出 いのうえひでのり
音楽 岡崎 司
振付&ステージング 川崎悦子
原作 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より

ランダムスター/マクベス浦井 浦井健治
ランダムスター夫人/ローズ/右近B 長澤まさみ
レスポールJr./元きよし 高杉真宙
グレコ/マクダフ柳下 柳下 大
グレコ夫人/シマコ/林 峯村リエ
パール王/ナンプラー 粟根まこと
右近/医者 右近健一
エクスプローラー/バンクォー橋本 橋本じゅん
レスポール王/元社長 ラサール石井

Disc3の感想を書いていなかった。今更だけど簡単な感想。

続きを読む "新感線☆RS『メタルマクベス』disc3" »

すみだ郷土文化資料館へ行く

0113_0

浅草歌舞伎の一部を観劇後、同行者と別れひとりでてくてく墨田川沿いを歩く。
お天気良くて気持ち良い。
吾妻橋を渡り5分も歩くと、浅草周辺の喧騒が嘘のように人も少なくなる。

目的地はすみだ郷土文化資料館。

途中で牛嶋神社にお参り。そこそこ人がいる。
東京スカイツリーの氏神様なのですね。知らなかった。

浅草から15分くらい歩いてようやくすみだ郷土文化資料館到着。
一階で入場料100円を支払うとカレンダーを頂いた。太っ腹です。

0113_5 0113_6

お目当ては以下の展示。
特集展示「隅田川七福神と向島の名所」
特集展示「忠臣蔵-赤穂忠臣録絵巻と浮世絵-」

三階に上がり七福神展鑑賞。(撮影可)

向島百花園、隅田川七福神巡りの歴史もよく判る展示。
浮世絵は二代目広重多め。

0113_2

溪斎英泉の「隅田堤桜盛」が素敵。

0113_3

月岡芳年の七福神がユーモラス。

0113_4

河鍋暁斎の大黒天も面白い。

二階は忠臣蔵展。
他に東京大空襲の資料、墨田川のジオラマもあった。(撮影不可)

人少ないので、休憩しながらゆっくり1時間ほど鑑賞。

自治体の資料館も面白い。
今度は中野区に行ってみる予定。

『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』

『ヴォイス・オブ・ウエストエンド(The Voices of West End)』
2019年1月11日(金)オーチャードホール

出演
John Owen-Jones(ジョン・オーウェン=ジョーンズ)
Kerry Ellis(ケリー・エリス)
Hadley Fraser(ハドリー・フレイザー)
Ben Forster(ベン・フォスター)
Sophie Evans(ソフィー・エヴァンズ)

海外の方のミュージカルコンサート、一度も見たことがありませんでした。
割引チケットを入手したので、軽い気持ちで見に行って、凄い歌声に打ちのめされた。
素晴らしすぎて、言葉を失った状態。

3日間のコンサートのうち、自分が行ったのは最終日。
一回しか見られなかった事を後悔。

勢いのまま、ベン・フォスターさんのコンサートに行きたかったが、別のチケットを確保済の日だった。

0111

写真が全然鮮明に撮れなかったけど、一応セットリスト。

指揮者の方も、お茶目で素敵でした。

続きを読む "『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』" »

吉祥寺オデヲンのNTLive

今月の予定追記。自分用備忘録でもある。
ナショナル・シアター・ライブの再上映を行ってくれる吉祥寺オデヲンさんで、今月早速再上映が2作品。
年末年始の池袋には結局行かれず仕舞だったので、こちらは見たい所です。平日夜の上映を期待。(『ヤング・マルクス』、1/18は18:40~)

『ヤング・マルクス』
期間:1/18(金)~1/24(木)
時間:2時間33分(途中休憩あり)

 『ジュリアス・シーザー』
期間:2/1(金)~2/7(木)
時間:2時間27分(途中休憩あり)

「浮世絵最強列伝」

2019年からは行った美術展の記録も簡単でも残す事にする。(どこまで続くか)

「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」展
日本橋高島屋S.C.本館8階ホール
2019年1月9日(水)~ 21日(月)

1/9(水)※初日 鑑賞
166点 所要時間1時間半
18時過ぎに入場。空いてはいないが、自分のペースで見られる程度の混み具合。

浮世絵の始祖から菱川師宣からはじまり、各時代の浮世絵が展示。
葛飾北斎、歌川広重が多め。公式HPに大きく出ている国芳は3点のみ。

身を切るような寒い夜だったからか、広重の雪を描いた作品に惹きつけられた。
静かで、とても美しい。

日本橋のあとは大阪を巡回予定。

2019年1月の予定

2019_1

年明け随分たってしまいました。

年始早々親が体調を崩し、初芝居も1/6という遅さ。
なので今月前半は確保済以外のチケットは増やせなくなりました。
『スリルミー』の当日券に並びたかったのですがね…。

12月観劇した芝居の感想も滞っているので何とかしなければ。

1月の予定です。

『新春浅草歌舞伎 第一部』 浅草公会堂

『新春浅草歌舞伎 第二部』 浅草公会堂

『壽 初春大歌舞伎 夜の部』 歌舞伎座

『The Voices of the West End』 オーチャードホール

『ラブ・ネバー・ダイ』 日生劇場

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』 東京芸術劇場

珍しくミュージカル系が多め。
歌舞伎座昼、新派『日本橋』も観劇したいが、土日しか行かれないから難しい。
シアター風姿花伝と升さんの『画狂人北斎』も見たいが難しそう。
週末は美術館も行きたいし。

行きたい美術展。

浮世絵最強列伝 - 高島屋
2019年1月9日~2019年01月21日
高島屋日本橋店

特集展示「忠臣蔵赤穂忠臣録絵巻と浮世絵」
特集展示「隅田川七福神と向島の名所」

2018年11月17日~2019年01月27日
すみだ郷土文化資料館

かわいい浮世絵 おかしな浮世絵
2019年01月05日~2019年01月27日
太田記念美術館

城たび! -お城で旅する東海道-
2018年11月27日(火)-2019年2月3日(日)
東海道広重美術館

華やぐ着物 -大正、昭和の文様表現-
2018年12月20日~2019年02月16日
文化学園服飾博物館

酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり
2019年01月10日~2019年02月17日
根津美術館

広重の竪絵東海道勢ぞろい
2018年12月18日~2019年02月17日
藤沢市藤澤浮世絵館

新・北斎展 HOKUSAI UPDATED
2019年01月17日~2019年03月24日
森アーツセンターギャラリー

全部行かれる訳が無い。
2月からサントリー美術館の暁斎展、都美術館の奇想の系譜展もはじまるというのに。

1月の旅行

がっつり山形に2泊3日で温泉へ行く予定が、親の体調不良で中止。
阪急交通社さん、キャンセルしてしまい申し訳ないです。
休み取ってたので、日帰り温泉か近場に一泊二日か思案中。

今年も計画性無いな、自分。

写真は庭で咲いている水仙。亡き祖母が植えたもの。毎年元気に咲いてくれます。植物凄い。

2018年美術鑑賞まとめ

2018年に見た展覧会は合計25箇所。昨年まで年に2、3回しか美術館に行かなかった人間なので、せっかくなので纏めてみる。

「現代演劇ポスター展2017 -演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶」ヒカリエ他
「江戸の女装と男装展」太田記念美術館
「ヘレンド展」汐留ミュージアム
「プラド美術館展」国立西洋美術館
「横山大観展」近代美術館
「北斎漫画」うらわ美術館
「夢二繚乱」東京ステーションギャラリー 
「暁斎・暁翠伝」 東京富士美術館
「悪を演る歌舞伎の創造力」伝統芸能情報館
「江戸の悪 PARTⅡ」太田記念美術館
「大正モダーンズ ~大正イマジュリィと東京モダンデザイン~」日比谷図書文化館
「幻想の新宿 -月岡芳年 錦絵で読み解く 四谷怪談-」新宿歴史博物館
「落合芳幾」太田記念美術館
「幽霊画廊Ⅳ」ヴァニラ画廊
「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展」三菱一号館美術館
「浮世絵最強列伝」横浜高島屋
「没後160年記念 歌川広重」太田記念美術館
「生誕110年 東山魁夷展」
「音楽とマリーローランサン」マリーローランサン美術館
「現代日本演劇のダイナミズム」早稲田大学演劇博物館
「石川常四郎コレクションの役者絵」とちぎ蔵の街美術館
「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」三菱一号館美術館
「扇の国、日本」サントリー美術館
 伊豆の伊八美術館

月2回ペース。今年は芝居を減らして、美術館を増やしたい。

大した数は見てませんが、良かったもの5つ挙げました。

「現代演劇ポスター展2017 -演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶」
「北斎漫画」
「暁斎・暁翠伝」 
「落合芳幾」
「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」

演劇ポスター展は本当に良かった。渋谷の三ヶ所の会場を回るというのがまた楽しい。だが想像以上にボリュームが凄くて、3箇所の会場のうち2箇所しか行かれず。悔しい…。

夏の芳年・芳幾巡りも充実。特に落合芳幾単体の展覧会は初だそうで。太田美術館さすがです。

今年はもっと遠出して絵と出会いたい。
それといい加減太田の年間パスポート、申し込みたい。毎年忘れるのよ…。

2018年の旅行まとめ

1524282521364

長野県・高山村の五大しだれ桜のひとつ。黒部のエドヒガン。

2018年の旅の記録。
インスタグラムの方に旅行の記録は載せているので、ブログではサボりがちでしたが、自分の記録でもあるので、後半は頑張ってみた。

1月 長泉ガーデン 3泊4日(個人)
日帰り房総旅行(バスツアー)
2月 六日町温泉 龍言 2泊3日(阪急交通社)
3月 長泉ガーデン 2泊3日(個人)
4月 高山村・小布施 桜旅 1泊2日(びゅう+個人)
5月 長泉ガーデン 2泊3日(個人)
6月 箱根・仙石原温泉 虎屋 1泊2日(宿のみ厳選いい宿)
7月 山梨・下部温泉 下部ホテル 3泊4日(1泊+飛行機のみ阪急交通社、2泊個人)
9月 松江・出雲 月夜のうさぎ 2泊3日(阪急交通社)
10月 山形あつみ温泉 萬国屋・新潟月岡温泉 華鳳 2泊3日(阪急交通社)
11月 猿ヶ京温泉 旅籠屋丸一 1泊2日(宿のみ厳選いい宿)
12月 西伊豆・松崎温泉 伊東園ホテル 2泊3日(個人)
日帰り栃木旅行(個人)

今年は手配手段も載せてます。
旅行会社はほぼ阪急交通社です。The温泉の旅という阪急の冊子を愛読してます。
テレビ東京で放送していた厳選いい宿が終わってしまったのは、温泉好きには非常に痛い。

泊まったお宿で良かったのは、旅籠屋丸一、月夜のうさぎ。

Img_20181118_154731

旅籠屋丸一さん。敷地内が凄く素敵。

逆にお高い割にいまいちだったのは、龍言、萬国屋。

20180212_140057

龍言の正面玄関。

龍言、素敵な作りのお宿なのですけどね…。お高い割には食事のレベルが。接客も何か冷たい。

あつみ温泉は以前行きました。泊まった久遠、温泉だけ行ったたちばな屋は良かったのですが、それよりお高い萬国屋が一番良く無いってどういう事?
10月の旅行は現美新幹線に乗って、あつみと月岡に行くツアーだったのですが、お値段の割には色々駄目なツアーでした。

Img_20181009_065834 Img_20181008_203636 

華鳳さんのプライベートスパ

唯一良かったのは、月岡温泉の華鳳。以前お隣の泉慶に泊まりお風呂だけ行って凄く良かったので、泊まりでゆっくり出来たのは嬉しかったです。念願のプライベートスパも行かれました。素敵だった。

4月に行った高山村。突然思い立ってタクシー観光を決行。

Kimg3050

これは高山村の隣、須坂の弁天桜

Kimg3094
小布施の桜。花桃と共演。

高山村の五大しだれ桜は本当にお勧めです。人少なくて穴場です。但し車無いと行かれません。
翌日行った小布施の桜も綺麗でした。

Img_20180924_140330 Img_20180924_124238

9月の松江・出雲観光。松江が見所多くて楽しかった。また行きたい。

2018年最後の旅は西伊豆の松崎、念願の長八作品をたくさん見られました。

2018年は13回旅してました。今年はどのくらい行かれるかな。

2018年観劇総決算

また年明けになってしまいましたが、2018年の観劇総決算です。

2018年は81演目91回の観劇です。舞台の映像化作品も入ってます。
昨年の87→91と何故か増えました。

今年良かった芝居。3本は難しい…。

『TERROR』
『ジハード』
『豊饒の海』

『TakeMeOut2018』とかなり迷いましたが、初演の演目のみにしました。

上記3演目とも楽または楽近辺の観劇で、凄く良かったのですが再観劇出来ず。

『TERROR』はリピートするには重すぎるけど、違う日に観劇したら自分の感じ方がどう変化するかも知りたかった。
『ジハード』はシリアに赴く若者の話。。
私は2008年にシリアに普通にツアーで旅行しています。それだけにこの芝居には思い入れも深い。『豊饒の海』これはリピートしたかった。時代が行き来する複雑な構成なのだが、脚本・演出の力を見せつけられた。そして美しい舞台だった。

他に良かった演目。

『砂塵のニケ』
『TakeMeOut2018』 12
『NARUTO歌舞伎』 12

『宝塚Boys teamSEA』 12
『メタルマクベス Disc2』
12、3
『No.9不滅の旋律』

11月は『豊饒の海』『No.9不滅の旋律』と、上質な芝居を2本も見られて充実してました。

『宝塚Boys』は脚本が普遍性があり安定の良さ。自分がおばあさんになっても見に行きたい演目。

楽しかったのは何といっても『NARUTO歌舞伎』。若い2人の頑張りが気持ちよく、芝居そのものに今後の可能性を感じた。

『メタルマクベス』3本とも良かったですが、自分が好きなのはDisc2。
木場さんのレスポール王がとても良かったのと、櫻子さんといのうえ演出の相性の良さが嬉しい発見だったので。

番外として『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』。
今年一番自分のテンションが高かったのは、間違いなく5/31の千穐楽の日。
この日で大好きな髑髏城の七人ともお別れと思うと切なくもあり、そして本当に本当に楽しかった。

以下、2018年観劇した芝居の一覧です。
今年はさすがに体力考えて本数減らす予定ですが、素敵な芝居に出会えますように。

続きを読む "2018年観劇総決算" »

「科捜研の女」4月から1年間放送

マリコさんにず~っと会える!テレ朝系「科捜研の女」4月から1年間放送.

マリコさんが重大発表があると言っていたけど、どうせ大した発表では無いと思っていたら…。
番組最後にぶっとんだ。一年放送って大河ですか?十分重大発表でした。

一年って役者さんもスタッフさんも大変そう。
今だに脚本の櫻井さん戸田山さんが、また相棒書いてくれる事を期待していたが、これは無理ですね。

1月からはBS時代劇「小吉の女房」 もはじまるし、沢口靖子さん多忙だ。

沢口さんと古田さんの時代劇、こちらも楽しみ

今年もよろしくお願いします

Img_20181217_163419

年が明けてしまいました。今更ながらあけましておめでとうございます。

大晦日はメタルマクベス、1/1は相棒(神戸くんあれだけかーー!)で、何故だか夜すぐ寝てしまいました。
1/2は箱根駅伝→福袋買いに→リアル野球BANと毎年変わらぬ一日。
(今年のリアル野球BAN、面白すぎた。杉谷選手、芸仕込み過ぎ。)

今更ですが2017年に続き、2018年も有馬記念当てました。
ブラストワンピース、お、ワンピースだ、とただそれだけ…。
競馬好きの弟に褒められた。

2018年の総決算はまた纏めますが、芝居91本(リピート観劇、映像作品含む)、美術展22回、旅行13回(日帰り含む)となりました。
今年は芝居は減らす予定。

最近は夜起きてられなくて、なかなか感想記事も滞ってますが、短くても感想残すよう頑張ります。

今年もよろしくお願いします。

新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 千穐楽 思い出しメモ

Img_20181231_160057 Img_20181231_211035

2年近く楽しませて頂いたステージアラウンド、メタルマクベスDisc3大楽に行って来ました。
この場所で最後の新感線。感慨深いものが…。

あちこちで楽レポ出てますが、私も自分の思い出の為にメモを残します。
disc2の楽は曲順とか正確に覚えていたのに、disc3は頭ぶっ飛んでたようで記憶飛び飛びです。
曲順は新感線公式で補完しました。

続きを読む "新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 千穐楽 思い出しメモ" »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31