« 2018年の旅行まとめ | トップページ | 2019年1月の予定 »

2018年美術鑑賞まとめ

2018年に見た展覧会は合計25箇所。昨年まで年に2、3回しか美術館に行かなかった人間なので、せっかくなので纏めてみる。

「現代演劇ポスター展2017 -演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶」ヒカリエ他
「江戸の女装と男装展」太田記念美術館
「ヘレンド展」汐留ミュージアム
「プラド美術館展」国立西洋美術館
「横山大観展」近代美術館
「北斎漫画」うらわ美術館
「夢二繚乱」東京ステーションギャラリー 
「暁斎・暁翠伝」 東京富士美術館
「悪を演る歌舞伎の創造力」伝統芸能情報館
「江戸の悪 PARTⅡ」太田記念美術館
「大正モダーンズ ~大正イマジュリィと東京モダンデザイン~」日比谷図書文化館
「幻想の新宿 -月岡芳年 錦絵で読み解く 四谷怪談-」新宿歴史博物館
「落合芳幾」太田記念美術館
「幽霊画廊Ⅳ」ヴァニラ画廊
「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展」三菱一号館美術館
「浮世絵最強列伝」横浜高島屋
「没後160年記念 歌川広重」太田記念美術館
「生誕110年 東山魁夷展」
「音楽とマリーローランサン」マリーローランサン美術館
「現代日本演劇のダイナミズム」早稲田大学演劇博物館
「石川常四郎コレクションの役者絵」とちぎ蔵の街美術館
「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」三菱一号館美術館
「扇の国、日本」サントリー美術館
 伊豆の伊八美術館

月2回ペース。今年は芝居を減らして、美術館を増やしたい。

大した数は見てませんが、良かったもの5つ挙げました。

「現代演劇ポスター展2017 -演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶」
「北斎漫画」
「暁斎・暁翠伝」 
「落合芳幾」
「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」

演劇ポスター展は本当に良かった。渋谷の三ヶ所の会場を回るというのがまた楽しい。だが想像以上にボリュームが凄くて、3箇所の会場のうち2箇所しか行かれず。悔しい…。

夏の芳年・芳幾巡りも充実。特に落合芳幾単体の展覧会は初だそうで。太田美術館さすがです。

今年はもっと遠出して絵と出会いたい。
それといい加減太田の年間パスポート、申し込みたい。毎年忘れるのよ…。

« 2018年の旅行まとめ | トップページ | 2019年1月の予定 »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

一年のまとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年美術鑑賞まとめ:

« 2018年の旅行まとめ | トップページ | 2019年1月の予定 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31