« 『魔界転生』 | トップページ | 日米野球 »

『吉例顔見世大歌舞伎』夜の部

十一月歌舞伎座夜の部。
仕事終わりにギリギリ間に合いそうなので、まずは「法界坊」のみ見ました。

歌舞伎好きなら、どうしても勘三郎さんの「法界坊」の印象が強いのが、猿之助さんの法界坊はまた違った魅力のある役作りでした。

汚い拵えでえげつない事をやっているのだけど、不思議と猿之助さんだと下品になりすぎない。
これはご本人の持ち味だと思う。三谷さんが確か猿之助さんのコメディセンスを誉めてた記憶があるのだが、確かに三谷さん好みかもしれない。軽妙な味があり、色と欲にまみれいるのにどこか可愛げがある。

おくみに迫ろうとして、転げる場面では、「また折れた」と腕をさすって笑いを取る。(本当に笑話に出来るようになって良かったよ…)

法界坊に翻弄される若いカップルが隼人くんと尾上右近くん。綺麗なカップル。
隼人くんはかつてお父さんも演じた役。凄く頑張っていた。

法界坊に「お前、歌舞伎界一のいい男だと自分で思ってるだろう」と詰め寄られる場面は、場内大爆笑でした。(ホントに歌舞伎界一の男前ですからね)
後にいる右近くんも笑いそう。門之助さんはさすが顔色も変えず。

一転後半は残酷。踊りはさすが。

歌六さんの甚三もスッキリと格好良く、ベテランと若手が上手くかみ合った良い芝居だった。

夜の部は後半に再観劇します。席も良いのでとても楽しみ。

« 『魔界転生』 | トップページ | 日米野球 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/74615253

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉例顔見世大歌舞伎』夜の部:

« 『魔界転生』 | トップページ | 日米野球 »

リンク

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31