« 11月の観劇予定 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 書き残し感想 »

NTLive『イェルマ』

NTLive『イェルマ』
吉祥寺オデオン

芝居そのものは凄いのだが、内容が辛すぎて、見た事を後悔。
内容がリアルすぎて自分はかなりひいてしまった。実は「スカイライト」も苦手。生々しいのですよ…。なので新国立上演版もスルー予定。(配役は魅力的なのですが)

もちろんそう思わせるだけ凄い芝居なのでしょうね。

残酷な芝居は大丈夫だけど(舞台だとリアルでは無いのが大きい)、生々しいのが自分は駄目らしい。NTLive見てると、自分の好みがよく判ります。

「イェルマ」とは不毛のこと。
フェデリコ・ガルシア・ロルカの本を現代に置き換え脚色した芝居。

ヒロインはこの舞台では「her」と表記されていた。

仕事も私生活な順調なカップルが、子供を望み、だが授からず、悲劇に陥る話。

客席に囲まれた舞台は、アクリル板で四方を囲まれている。まるで実験室で、観客は外から眺めているようだ。
ヒロインは己の妊活をblogに赤裸々に書いているのだが、客はその読者になったようでもある。

私生活を曝け出し、アクセス数を稼ぐというのがまた嫌らしい。

観客は所詮他人事。人の不幸は蜜の味だ。

芝居は幾つものシチエーションを集めたようにも見え、合間合間に「何時間後」とか「×ヵ月後」とか字幕が入るが、また日記のよう。

妻に非協力的でもあり、協力しようともみえる夫のポジションは、心底ずるい。
一方妻は妻で、夫を悪者にしようとしている。

結局人生何もかも上手くいっていた彼女は、子供だけが思うようにならないという事実を認められなかったのだろうな。

最後は破滅しかない。
彼女が刃物を持ち出した時、当然のようにその帰結は予想出来た。

社会的地位はあるが、余り子供に興味の無い母。
仕事も男選びも自分より下だと思っていたのに、子供には恵まれる姉。

女の嫌な部分をこれでもかと見せ付けられた感じ。

こうやって感想を書き出すと、自分相当熱心に見ていたようだ。
でもやはり生々しすぎて、受け入れるのは難しい。

« 11月の観劇予定 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 書き残し感想 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/74549495

この記事へのトラックバック一覧です: NTLive『イェルマ』:

« 11月の観劇予定 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 書き残し感想 »

リンク

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30