« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の10件の記事

『豊饒の海』

PARCO PRODUCE "三島×MISHIMA"
『豊饒の海』 紀伊国屋サザンシアター

脚本 長田育恵
演出 マックス・ウェブスター
出演
東出昌大、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、大西多摩恵、篠塚勝、宇井晴雄、王下貴司、斉藤悠、田中美甫、首藤康之、笈田ヨシ

てがみ座の長田育恵さんの脚本という事でチケット確保。
深い海の淵に堕ち続けていくような感覚になる芝居。独特の美意識が全編に渡って貫かれている。とても良かったです。

続きを読む "『豊饒の海』" »

『No.9 -不滅の旋律-』

『No.9 -不滅の旋律-』

演出 白井 晃
脚本 中島かずき(劇団☆新感線)
音楽監督 三宅 純

出演
稲垣吾郎 剛力彩芽
片桐 仁 村川絵梨 鈴木拡樹
岡田義徳 深水元基 橋本 淳 広澤 草 小川ゲン 野坂 弘
奥貫 薫 羽場裕一 長谷川初範

初演を見逃したのがつくづく悔やまれる。
脚本、演出、音楽が見事に調和した素晴らしい芝居。役者陣も適材適所、特に主演の稲垣吾郎さんが圧巻の芝居。多くの人に見て欲しい。ライブビューイング等でこの芝居を全国で広く見られる機会があれば、と思う。

続きを読む "『No.9 -不滅の旋律-』" »

日米野球

日米野球も終わってしまいました。
野球ファン的には、ついに今年のシーズンが終わってしまい、寂しいことこの上無い。

開幕前は6試合も多いのではと思ったが、蓋を開けてみたら面白い試合続きで、毎日仕事終わってダッシュで帰宅し、中継を見てました。
生で見られない日は再放送まで見てました。

楽しかったのは多分に柳田選手のおかげ。

初戦のサヨナラHR、格好良すぎ。
テレビ中継の解説だった中畑さんと松坂選手も大喜び。ほぼ居酒屋解説。

ジャパンには井端コーチがいるのですよね。かつて一軍でヒットも打ってない柳田選手を、フジのすぽるとで「凄いパワーの選手が2軍にいる」と言ったのですよね。私もたまたまテレビを見てて、それで名前知ったクチです。

前田健太選手も盛り上げてくれました。
第4戦広島で先発、4戦、5戦と放送席にも来ました。
ドジャースは金曜日が寿司デーで、職人さんが食堂で握ってくれて、選手にも大人気とか。

第5戦は岩隈投手がゲスト解説!
めちゃめちゃマニアックな解説だった。投手の球種、ボールの質、配給等、素人ながら勉強になりました。コーチで残ってくれって言われますわ…。

そして試合はまさか最後の最後に甲斐キャノン炸裂。

第6戦は平野投手がゲスト。WBCの献身的な活躍は忘れられない。

楽天からも4人選手出たし(高梨投手、頑張った!変則投手だし今後も招集あるかも)ホント楽しい日米野球だった。

しかしソフトバンクと西武は良い選手が多い…。

『吉例顔見世大歌舞伎』夜の部

十一月歌舞伎座夜の部。
仕事終わりにギリギリ間に合いそうなので、まずは「法界坊」のみ見ました。

歌舞伎好きなら、どうしても勘三郎さんの「法界坊」の印象が強いのが、猿之助さんの法界坊はまた違った魅力のある役作りでした。

汚い拵えでえげつない事をやっているのだけど、不思議と猿之助さんだと下品になりすぎない。
これはご本人の持ち味だと思う。三谷さんが確か猿之助さんのコメディセンスを誉めてた記憶があるのだが、確かに三谷さん好みかもしれない。軽妙な味があり、色と欲にまみれいるのにどこか可愛げがある。

おくみに迫ろうとして、転げる場面では、「また折れた」と腕をさすって笑いを取る。(本当に笑話に出来るようになって良かったよ…)

法界坊に翻弄される若いカップルが隼人くんと尾上右近くん。綺麗なカップル。
隼人くんはかつてお父さんも演じた役。凄く頑張っていた。

法界坊に「お前、歌舞伎界一のいい男だと自分で思ってるだろう」と詰め寄られる場面は、場内大爆笑でした。(ホントに歌舞伎界一の男前ですからね)
後にいる右近くんも笑いそう。門之助さんはさすが顔色も変えず。

一転後半は残酷。踊りはさすが。

歌六さんの甚三もスッキリと格好良く、ベテランと若手が上手くかみ合った良い芝居だった。

夜の部は後半に再観劇します。席も良いのでとても楽しみ。

『魔界転生』

『魔界転生』明治座

原作:山田風太郎(角川文庫刊)
脚本:マキノノゾミ 
演出:堤幸彦

キャスト:
上川隆也/溝端淳平/高岡早紀/村井良大/松田凌/玉城裕規/木村達成/
猪塚健太/栗山航/丸山敦史/山口馬木也/藤本隆宏/浅野ゆう子/松平健 

マキノさんと堤さんコンビ。「真田十勇士」以来のコンビ。
私は青山劇場で上演された「真田十勇士」が、どうにも駄目だったのですが、新国立の再演は良かったという声もきくし、期待半分不安半分で見に行きました。
上川さんが柳生十兵衛なら行かなくてはね!

原作である小説版の良い所を残しつつ、新たな『魔界転生』の物語でした。

続きを読む "『魔界転生』" »

新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 書き残し感想

Disc2、予想外に楽しくて、もっとチケット増やしたかった。
平日6:00開演は確かに厳しいけど、遠征する事考えたら、会社からタクシー飛ばすなんて大した事ない。
楽終わった後に、もっと見たかったと後悔。

書きそびれた感想、思いつくままに追記します。

続きを読む "新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 書き残し感想" »

NTLive『イェルマ』

NTLive『イェルマ』
吉祥寺オデオン

芝居そのものは凄いのだが、内容が辛すぎて、見た事を後悔。
内容がリアルすぎて自分はかなりひいてしまった。実は「スカイライト」も苦手。生々しいのですよ…。なので新国立上演版もスルー予定。(配役は魅力的なのですが)

もちろんそう思わせるだけ凄い芝居なのでしょうね。

続きを読む "NTLive『イェルマ』" »

11月の観劇予定

11月です。一年あっという間です。

1年前というと、10月ですが猿之助さんの怪我が余りに衝撃的でした。
旅行行った帰りの特急の中で、速報が流れたのをよく覚えています。

単なる観客である自分ですら凄いショックだったのに、本人、周囲の人達はどれだけ大変だったのだろう。

ステアラの風髑髏で、橋本じゅんさんがワンピース歌舞伎に毎日エールを送ってくれていて。
楽終わった後、松山ケンイチさんとじゅんが、ワンピース歌舞伎を見に行ったのも、何だか嬉しかった。

あれから一年、歌舞伎座で猿之助さんを見られる幸せを感じる11月になりそうです。

11月の観劇予定と行きたい美術展です

『吉例顔見世大歌舞伎』昼の部 

『吉例顔見世大歌舞伎』夜の部×2回 

『贋作 桜の森の満開の下』東京芸術劇場 

『魔界天生』明治座 

『犬神家の一族』新橋演舞場

『No.9』赤坂ACTシアター 

『ロミオとジュリエット』下北沢本多劇場

 『豊饒の海』紀伊国屋サザンシアター

「花魁ファッション」展 太田記念美術館

 「横山華山 」東京ステーションギャラリー

 「生誕110年 東山魁夷展」

今月は珍しくステアラ行きません。今頃ステアラ疲れ。
Disc3は12月までお預けです。

美術展は行きたいのものが沢山あるのですが、なかなか時間の調整が難しい。

10月に観劇した芝居と鑑賞した展覧会は以下の通り。

『タイタニック』日本青年館

こまつ座『母と暮せば』 紀伊國屋ホール

『華氏451度』神奈川芸術劇場

『芸術祭十月大歌舞伎 夜の部』 歌舞伎座

『蛇と天秤』シアター風姿花伝

新感線☆RS『メタルマクベス』disc2×2 ステージアラウンド東京

 

「浮世絵最強列伝」横浜高島屋

「没後160年記念 歌川広重」太田記念美術館

10月は『メタルマクベス』disc2でした。
千穐楽にしてオカケンエクスプローラーに夢中になるという、遅すぎだろ自分。
もっと早くその魅力に気付いていれば…。お金使わないで済んだと思うべきかも。

横浜高島屋「浮世絵最強列伝」が予想外に良かった。
年明けに日本橋でも開催されるようなので、もう一度見に行きたい。(でも横浜より混むだろうな…)

10月初頭に現美新幹線に乗り、あつみ温泉・月岡温泉と行くツアーに参加しましたる
ツアー旅行は久し振りだったので、ちょっと疲れた。
でも月岡で泊まった華鳳は、本当に素晴らしかった。

今月も温泉行きます。今回は一泊で近場の予定。

今年の日本シリーズ

1戦目 広島2-2福岡 延長12回引き分け
2戦目 広島5-1福岡
3戦目 福岡9-8広島
4戦目 福岡4-1広島
5戦目 福岡5-4広島 延長10回

今年の日本シリーズ、追いつ追われつの展開で大変面白いです。
今のところソフトバンクが大手をかけて優位ですが、もっと面白い試合見たいのでホームに帰った広島カープ、ぜひぜひ頑張って欲しい。

しかし柳田のサヨナラHRで決着とは。一番打たれてはいけない人に打たれたな。

私の贔屓の球団も、こういう緊張感のある試合して欲しい…。

とにかく野球の試合見るのが好きなんですよね。

10/27(土)の私。

MLB 延長 18回7時間20分
(もちろん掃除したり買い物行ったりで抜けている)
18:30 日本シリーズ(延長12回)
0:00 U23日本代表 日本VSベネズエラ

一日見てても楽しい…。

【追記】カープ、あんなにあっさり負けるとは。かなり拍子抜け。
次は侍ジャパンを楽しみに待つ!

芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

『芸術祭十月大歌舞伎 夜の部』 歌舞伎座

「宮島のだんまり」
「義経千本桜 吉野山」
「助六曲輪初花桜」

今更ですが、十月の歌舞伎座。仁左衛門さん目当てかチケットの売れ行きも好調。
「助六」は成田屋さんのしか見たことなく、外題変わるのが面白い。
今回はイヤフォンガイドも借りて挑みました。

特に「宮島のだんまり」は、次から次へと登場人物が出てくるので、イヤフォンガイド借りて正解でした。

続きを読む "芸術祭十月大歌舞伎 夜の部" »

リンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30