« 10/15の雑記 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 再観劇 短感想 »

『タイタニック』

『タイタニック』
日本青年館

劇作・脚本 ピーター・ストーン
作詞・作曲 モーリー・イェストン
演出 トム・サザーランド
出演 加藤和樹 / 石川禅 / 藤岡正明 / 戸井勝海
相葉裕樹 / 津田英佑 / 渡辺大輔 / 上口耕平 / 小野田龍之介
木内健人 / 百名ヒロキ / 吉田広大 / 栗原英雄 / 霧矢大夢
菊地美香 / 小南満佑子 / 屋比久知奈 / 豊原江理佳
安寿ミラ / 佐山陽規 / 鈴木壮麻

2015年シアターコクーンの上演に続き、トム・サザーランド版の再演。
以前のプロダクションで上演した国際フォーラム版の方がお金かかっているのですが、小さめの規模での上演を想定したトム・サザーランド版の方が、私は心に染みます。

『タイタニック』に乗り合わせた、一等客から三等客、船長をはじめてとする乗組員の、運命を描いた群像劇。
主役とクレジットされるのは設計士アンドリューだが、みなそれぞれにドラマがある。この加減が上手くいかにーないと散漫な芝居になりそうだが、絶妙にバランスが取れていて、それぞれのキャラクターの物語が浮かび上がる。

中でもは印象的なのは藤岡くん演じる機関士フレデリック・バレット 。自分の贔屓目もあるのは否めないが、美しいソロの歌声は圧巻。今回のカンパニーは皆さん歌が素晴らしいのですが、その中でもひときわ素晴らしい。
『ジャージーボーイズ』に藤岡くんが出演しないのは残念ですが、はまさにハマリ役なので彼の美声を愛する一人としては大満足。は本当にハマり役です。

前回から通信士と2人の場面が大好きで、恋人への電報を値段が高いので、通信士がこっそり送ってくれるやり取りが可愛い。

船長は今回は鈴木壮麻さん。過去の船長より職務に厳しい印象。禅さんのとの船の速度を巡る緊張感溢れるやり取りは、(タイタニックが沈むという)結末を知っているだけに、何処かで引き返せなかったと思う。

戸井さんの客席係のエッチスも、洒落てて素敵。

タイタニックと運命を共にする一等の老夫婦は、何度見ても泣いてしまう。

残念なのは女性陣が似た背格好の方が多かった事。もう少し個性の違いを出して欲しかった。

歌の上手い人ばかりのミュージカルは、当たり前だけど良いですね。
音楽に身を委ね続けた3時間だった。

« 10/15の雑記 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 再観劇 短感想 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『タイタニック』:

« 10/15の雑記 | トップページ | 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 再観劇 短感想 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31