« ステージアラウンド東京の過ごし方 | トップページ | 『蜜柑とユウウツ』 »

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部

開幕早々に観劇してきました。福助さんの復帰舞台です。

『金閣寺』

福助さんの復帰で話題の一幕。
『金閣寺』は義太夫狂言なので、現代の観客としては聞き取りるのがしんどいが、ひとつひとつの場面が絵のように美しいので、視覚だけでも楽しめる。

その中心にいるのは、桜の花びらの中の美しい雪姫。
児太郎くんの雪姫が、夫を思う心も切なげで、情感があり綺麗。初役とは思えない出来。
松緑さんの大膳も良いので、見応えがある。

最後に待望の福助さん登場。割れんばかりの拍手。品のある佇まい。台詞はほぼ問題無し。
本当にお帰りなさい!

『鬼揃紅葉狩』

桜から一転して紅葉。本当に歌舞伎の舞台というものは美しい。
幸四郎さんの舞踊は見応え有り。若手陣も真面目に演じていて好印象。
可愛しらしい侍女たちが、被衣を取ると鬼であるというのは、その絵だけでも見ててわくわくさせられる。視覚に訴えるのが歌舞伎の良さでもある。
三階席で若いお嬢さんが周囲に多かったが、隼人くん出ては来た時みなオペラグラス上げてたのも楽しかった(私もだけどさ)。

『河内山』
      
何度も見ている演目で、吉右衛門さんは非常に上手い。最後の啖呵も爽快感があるが、どうにも昔から苦手な演目なのです。何でだろう。

熟練の役者さんたちと、若手たちの頑張りも感じられる9月だった。

« ステージアラウンド東京の過ごし方 | トップページ | 『蜜柑とユウウツ』 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部:

« ステージアラウンド東京の過ごし方 | トップページ | 『蜜柑とユウウツ』 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31