« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の16件の記事

『マイフェアレディ』

『マイフェアレディ』
シアターオーブ 3列目センター
 

脚本/歌詞 アラン・ジェイ・ラーナー
音楽 フレデリック・ロウ
翻訳/訳詞/演出 G2
出演
イライザ(花売り娘):神田沙也加
ヒギンズ教授(言語学者):別所哲也
ピッカリング大佐(言語研究家の軍人):相島一之
ドゥーリトル(イライザの父親):今井清隆
フレディ(上流階級の青年):平方元基
ピアス夫人(ヒギンズ邸の家政婦):春風ひとみ
アインスフォードヒル夫人(フレディの母親):伊東弘美
ヒギンズ
の母:前田美波里   ほか

沙也加ちゃん別所さんの楽日を見に行きました。素晴らしい新生「マイフェアレディ」でした。

続きを読む "『マイフェアレディ』" »

岩隈投手、始球式

https://twitter.com/Mariners/status/1045140454595936256

SafecoFieldで岩隈投手、始球式。

捕手はイチローさん。 マリナーズ優しいな。ありがとう!

アマヤドリ2018 『野がも』

アマヤドリ2018 『野がも』
花まる学習会王子小劇場

作 ヘンリック・イプセン
翻訳 毛利三彌
上演台本・演出 広田淳一

面白かった!
非常に鬱なストーリーとだけの予備知識で、もちろん救いの無い物語なのだが、イプセンがこんな面白いなんて。
何度も「理想の要求」という言葉が出てくるが、その意味を見終わった後も考え続けている。

パイプ椅子での長時間の観劇なので、ちょっと老体の腰にはこたえましたが、その価値は十分ある芝居でした。

続きを読む "アマヤドリ2018 『野がも』" »

2018年前半まとめその2

2018_4

下書き作成してて記事あげるのすっかり忘れてた。
2018年前半観劇以外のまとめ。

芝居関係のまとめは「2018年前半まとめ その1」です。

今年前半は午前十時の映画祭に夜の部があることをはじめて知り、今更ながら行ってみました。
「用心棒」「椿三十郎」と黒沢映画を続けて鑑賞出来た。
もっと早く知っていれば…。オールザットジャズ見たかった。
でも夜の部を上映してた楽天地シネマズ錦糸町が改修。夜の部無くなってまた足が遠のいた。

昨年までは美術館とか年に2、3回しか行かなかったのに、今年に入ってからは月イチ目標で行く事に。
行きはじめると楽しくて色々行きたくなる。

美術展前半まとめ。7月以降も増えてます。
反省としてはいつも会期ギリギリに行く事。
富士美術館の「暁斎・暁翠伝」なんて、最終日に行ったらまさかの停電。一時間くらい待って復旧したから良かったが、余裕を持たないと駄目だという見本のようだった。

「現代演劇ポスター展2017 -演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』」
渋谷ヒカリエ 他
「ヘレンド展」汐留ミュージアム
「江戸の女装と男装」浮世絵 太田記念美術館
「プラド美術館展」国立西洋美術館
「横山大観展」近代美術館
「北斎漫画」うらわ美術館
「夢二繚乱」東京ステーションギャラリー 
「暁斎・暁翠伝」 東京富士美術館

 
月イチ温泉旅は以下の通り。
4月の高山村の五大桜が素晴らしかった。
車が無いと回るのが厳しい所だか(私はタクシー観光にした)、行く機会がある方にはぜひお勧めしたい。 そんなに混んでなくて良いですよ。

1月 長泉ガーデン 3泊4日
日帰り房総旅行
2月 六日町温泉 2泊3日
3月 長泉ガーデン 2泊3日
4月 高山村・小布施 1泊2日
5月 長泉ガーデン 2泊3日
6月 箱根・仙石原 1泊2日

NARUTO、読んでるってばよ 2

72巻読み終わりました。現在2週目中…。外伝とBORUTOも読み始めました。

面白かったです。特に一部、サスケの里抜けまで疾走感もあり、出てくる子供たちが生き生きしてる。登場人物もみな魅力的。第七班ホント可愛いな…。

続きを読む "NARUTO、読んでるってばよ 2" »

『蜜柑とユウウツ』

グループる・ばる
『蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~』
東京芸術劇場 シアターイースト

作:長田育恵
演出:マキノノゾミ
出演:松金よね子、岡本麗、田岡美也子、木野花、小林隆、小嶋尚樹、古屋隆太

てがみ座・長田育恵さんの脚本。芸術と女性が中心。
青年座で上演した『砂塵のニケ』 のような、胸を抉る鮮烈な作品では無いが、優しい風に吹かれるような、そんな芝居だった。

続きを読む "『蜜柑とユウウツ』" »

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部

開幕早々に観劇してきました。福助さんの復帰舞台です。

続きを読む "秀山祭九月大歌舞伎 昼の部" »

ステージアラウンド東京の過ごし方

もうすぐ「メタルマクベス disc2」開幕です。
少しでもステージアラウンド東京を居心地よく過ごす為に、髑髏城攻め及び鋼鉄城攻めの経験を書いてみます。

「メタルマクベス」について(disc1を元にしてます)

・一幕は2時間近くかかります
・上演時間はほぼ4時間
・休憩は20分
・女子トイレは少ない(回転は良し)
・前方席は冷房で寒い(特に足元)
・周囲に飲食店もコンビニも無し(劇場に小さいカフェがあるのと、市場前駅に自販機があるのみ)

備えとしては以下の通り

・飲み物、食べ物は持参する(豊洲駅にコンビニ有り)
・開演前に何か口に入れておく(上演時間長いので)
・但しロビーに座って寛げるスペースは無し。
・膝掛の貸し出しはあるが、数に限りあり(早めに借りる)
・トイレは並ぶしかない

上演時間が長い上に、急に体調が悪くなっても、回っているので暗転で席から離れるという事が出来ない劇場です。回ってない時=芝居中に離れるのは絶対に避けたいですよね。
休憩20分はトイレに並んで終わると思った方が良いです。精々ロビーでチョコ一個と水分補給するくらいの時間しかありません。

クロークも無し。ロッカーは僅かしかありません。冬場はかさばらないコートで手持ちして観劇するしかありません。後方席は暑いのでコート着たままは無理です。

書いてて酷いな。これでチケット代一律13500円…。

でも「メタルマクベス」そのものは非常に面白いです。マクベスの書き換え狂言としてよく出来てます。
回転する劇場の特性を生かした演出も見所。

これからステージアラウンド東京に参戦する方、特に快適な劇場に慣れている歌舞伎ファンの方、色々と覚悟して下さいね。

昨年書いた「IHIステージアラウンド東京への行き方 まとめ」も参考になれば…。

岩隈投手、マリナーズ退団

久し振りに野球の話題。

私が一番好きな岩隈投手がマリナーズを退団しました。
シアルトで岩隈投手のピッチングを見るという夢は叶わず。
仕事してない時だと必時間はあるけどお金が無い。
でもお金は後から稼げるのだから、時間のある時にシアトルに行けばよかったと後悔。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00202410-fullcount-base

来季はどうなるか。日本に戻るなら楽天のユニ姿がもう一度見たい。
とにかく現役の選手として投げる姿がまだまだ見たい。
若い投手にもどんどん教えて欲しい。

今日は杉内投手の引退のニュースも。
2009年WBC組がまた一人居なくなった。

『サメと泳ぐ』

『サメと泳ぐ』
世田谷パブリックシアター

原案・原作 ジョージ・ホアン
劇作・脚本 マイケル・レスリー(上演台本)
翻訳 徐賀世子
演出 千葉哲也
出演 田中哲司 / 田中圭 / 野波麻帆 / 千葉哲也 / 他

ハリウッドの内幕もので、元は1994年の映画「ザ・プロデューサー」。

その年代に作られたという古さを全く感じさせない、むしろ現代だからこそテーマが響いてくる芝居だった。

これから地方公演もあるが、ネタバレしないで見た方が絶対面白いので、未見の方は以下の感想は見ない事をお勧めします。

続きを読む "『サメと泳ぐ』" »

NARUTO、読んでるってばよ

Kimg3875

NARUTOの漫画、一気買いしました。今怒涛のように読んでます。
NARUTO歌舞伎、予備知識ゼロで見に行ったが、凄く面白かったので原作の漫画を読みたくなった。

以下、だらだら歌舞伎版及び漫画の雑感。長いよ。

続きを読む "NARUTO、読んでるってばよ" »

9/6の雑記

北海道の方々が一日も早く日常に戻れますように。

災害続きで最近の日本が大丈夫なのか心配…。

巡業『義経千本桜』

巡業西コース『義経千本桜』 たましんRISURUホール

義経千本桜

一、道行初音旅(みちゆきはつねのたび)
佐藤忠信実は源九郎狐 片岡愛之助
静御前 中村壱太郎
逸見藤太 市川猿弥

二、川連法眼館(かわつらほうげんやかた)
佐藤忠信/佐藤忠信実は源九郎狐 片岡 愛之助
静御前 中村 壱太郎
亀井六郎 市川 猿弥
川連法眼 中村 寿治郎
法眼妻飛鳥 上村 吉弥
駿河次郎 中村 松江
源義経 市川 門之助

歌舞伎座・演舞場の楽が8/27。
巡業のスタートが8/31。

中3日とは、プロ野球のピッチャーもびっくりだよ。
ホント歌舞伎役者さんは休みないですよね。

続きを読む "巡業『義経千本桜』" »

2018年9月の観劇予定

9月です。
現在NARUTO漫画一気読み中で、BLOGの更新滞っています。

9月は細やかながら「歩く」事を頑張ろうとしています。
健康診断でもマッサージ行っても「運動」「体を動かす」事を言われるのですが、運動大嫌いなのですよ。
散歩は好きだし、10月に歩き多めな旅行も行く予定なので、少し意識して歩こうかな、と。

8月後半から開始し、観劇無い日は2駅分、20分程歩いてます。
涼しくなったらもう少し距離を伸ばすつもり。
本当に運動しない人なのでね。多少でも頑張らないと。

8月が観劇予定多めだったので、9月は少なめです。

巡業西コース『義経千本桜』 たましんRISURUホール
『秀山祭九月大歌舞伎』  歌舞伎座
『サメと泳ぐ』世田谷パブリックシアター
劇団☆新感線『メタルマクベス disc2』 IHIステージアラウンド東京
『マイフェアレディ』 シアターオーブ
『蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~』 東京芸術劇場シアターイースト

巡業西コースは観劇済。愛之助さん、良かった。
四の切は初なのでしょうか。数日前までマダラだったのに。歌舞伎役者さん凄すぎ。

『メタルマクベス disc2』も楽しみ。
disc1が比較的初演に近い形だったので、変化球を投げてくるか。
岡本健一さん、浅利くんと好きな役者さん多いのも嬉しい。

アマヤドリの『野がも』、蜷川シアター『ジュリアス・シーザー』も気になる所。

9月行きたい美術館

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展」
6月28日~9月17日 三菱一号館美術館

芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
08月05日~09月24日 練馬区立美術館

国芳の武者絵展 度肝を抜く豪傑たちの躍動感
09月05日~10月21日  茂木本家美術館

茂木本家美術館、一度行ってみたい。どんな所なのだろうか。

今月は旅行に行きます。遅い夏休みです。
最近は南下していなかったので、南に行く予定。
台風が来ない事を祈る。

2018年8月の振り返り

8月に見た芝居。
久し振りに10本観劇。体力戻ってきたようで有難い。
『宝塚Boys』と『NARUTO歌舞伎』に夢中の一ヵ月だった。

『RENT』 シアターオーブ
『新作歌舞伎 NARUTO -ナルト-』 ×2 新橋演舞場
『宝塚Boys』team SEA×2 東京芸術劇場
『宝塚Boys』team SKY×2 東京芸術劇場
『八月納涼歌舞伎 一部』 歌舞伎座
『八月納涼歌舞伎 二部』 歌舞伎座
『八月納涼歌舞伎 三部』 歌舞伎座
『メタルマクベス Disc1』 ステージアラウンド東京
『オペラ座の怪人 ケンヒル版』 シアターオーブ

『宝塚Boys』は何年たっても、誰が演じても大好きな芝居。
役者さんも宝物のような芝居と言っているけど、観客にも宝物です。

『NARUTO歌舞伎』はもう少しリピートしたかった。
突っ込みどころも多々あれど、未来を感じる芝居というか、自分の琴線に触れる何かがあった。
イタチとサスケの対決場面、その結末。何度も見たい場面。
ラストシーンの巳之助くんと隼人くんの表情がホントに良くてね…。
勢いのまま、来年の南座行きそうだ。

8月に見た美術展

「幻想の新宿 -月岡芳年 錦絵で読み解く 四谷怪談-」新宿歴史博物館
「落合芳幾」太田記念美術館
「幽霊画廊Ⅳ」ヴァニラ画廊

落合芳幾展が凄かった。家にものを増やしたくなくて図録は買わなかったが、今になって欲しい。

8月は温泉旅は無し。日帰り温泉くらいは行きたかったな。

『メタルマクベス Disc1』 再観劇

『メタルマクベス Disc1』 再観劇
ステージアラウンド東京

8/25に再観劇してきました。
残暑がとても厳しい日で、会場に着くまでに体力をかなり奪われた。

昨年のこの時期は鳥髑髏だったが、熱狂的に鳥に通った方々を心底尊敬する。
自分夏場のこの劇場は無理だ。昨年の8/27に鳥観劇した時もしんどかった。
私が一番好きなのは花髑髏なので、春の上演で助かった。夏だったらとても通えない。

そんな訳で二度目の観劇は集中力を欠きました。申し訳ないです。

続きを読む "『メタルマクベス Disc1』 再観劇" »

リンク

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31