« 『八月納涼歌舞伎』第二部 | トップページ | 2018年8月の振り返り »

『メタルマクベス Disc1』 再観劇

『メタルマクベス Disc1』 再観劇
ステージアラウンド東京

8/25に再観劇してきました。
残暑がとても厳しい日で、会場に着くまでに体力をかなり奪われた。

昨年のこの時期は鳥髑髏だったが、熱狂的に鳥に通った方々を心底尊敬する。
自分夏場のこの劇場は無理だ。昨年の8/27に鳥観劇した時もしんどかった。
私が一番好きなのは花髑髏なので、春の上演で助かった。夏だったらとても通えない。

そんな訳で二度目の観劇は集中力を欠きました。申し訳ないです。

それでも更に迫力を増していたさとしさんのランダムスターに魅せられる。
初日は正直物足りなさを感じためぐさんのランダムスター夫人、歌唱力はもちろんの事、夫に罪を犯す事を迫る場面、非常に良かった。

逆に疲れているなと感じたのはJrの松下くん。初日に比べるとやや勢いに欠けた。

Jrについては、七光り~は初演の森山未來くんならではなのでカットは仕方無いが、グレコとの関係を強く出す場面が少ないのが残念。
初演はもっとマーシャルとも仲良しだった

「明けない夜は…」から、ランダムスター討伐までは良かった。

鋼鉄城への戦いに向かう場面、演出がめちゃめちゃ格好良いですよね。
歌と疾走するバイク。まさに音楽と芝居が一体となる感じ。
髑髏城もですが、荒野の場面こそが新感線@ステアラの魅力だと思う。

今回ステアラ版で一番拘ったのでは?と思っているのが、バーナムの森の書き換え。

狼の子孫が剣で空をまっぷたつに切り裂き
陸の鯨が目を覚まさぬ限り

初演の時の自分の感想。これで解釈合っているのか?

狼の子孫→レスポール・ジュニア
剣で空をまっぷたつに切り裂き→ジュニアの剣に、雷が落ち、空が割れる
陸の鯨→鋼鉄城の地下の最終破壊兵器

描写が初演よりスケールアップして、判りやすくなっている。

それでもバーナムの森の書き換えとしては、もう少し足りない。
芝居全体はマクベスの書き換え狂言として秀逸だけに惜しい。
この感想だけは初演と全く変わらない。

それでも本当にこの戯曲は面白いと思う。

ただ何故か判らないのですが、初演と上演時間変わってないのに、ステアラ版は長く感じる。
単に自分が年をとったからかもしれないが、今回は「長い」という感想を目にする。
劇場の居心地が悪いからか。

平日夜の部の集客が苦戦しているようだが、それは何処の劇場も同じ。
都心部から更に30分かかるにも関わらず18:00開演。
マダム中心の客層でも無いのに、満席を期待するのは無謀。

一年三ヶ月の髑髏城攻めで、あの劇場が心底嫌になった演劇ファン、思ったより多そう。

それでもあの僻地に一回あたり(恐らく)1000人近くの客が来ているのは、凄い事ですよ。

« 『八月納涼歌舞伎』第二部 | トップページ | 2018年8月の振り返り »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『メタルマクベス Disc1』 再観劇:

« 『八月納涼歌舞伎』第二部 | トップページ | 2018年8月の振り返り »

リンク

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31