« 美術館顛末 | トップページ | 7月の観劇予定 »

『フリー・コミティッド』

『フリー・コミティッド』
DDD青山クロスシアター

作 ベッキー・モード
翻訳 常田景子
演出 千葉哲也
出演 成河

成河さんが2時間ひとりで38役を演じる芝居。
青山クロスシアターが丁度良いサイズ感。

青山クロスシアター、行かれた事がある方はご存知でしょうが、劇場が地下で急な階段を降りなければいけないのですよね。
年取ったら行かれない劇場なので、今のうちに楽しまないと。

売れない俳優のはサムは、人気レストランの予約係をしている。
ある日職場に赴くと、同僚のボブは来ていない。電話はひたすら鳴りっぱなし。
客からもレストランからも、次から次へと理不尽な要求を受け続ける。

一人で38役、どういう事かと思ったら、サムとその大勢の電話の相手の事だ。
ただ電話の会話のみ。
でも瞬時に誰なのかわかる。凄い。

雑然としたレストランの地下の部屋。
とにかく物が多い。ちょっとした小道具を次から次へと手にし、縦横無尽に部屋を駆け回る。
ひたすら凄い。凄すぎる。

無茶振りしてくる相手とサムとの会話がとにかく面白い。
大いに笑って、成河さんの奮闘に感心しているうちに、サムに変化があらわれる。

サムは貧乏くじを引きやすいタイプなのかもしれない。
そしてこの日は、(日本的だが)サムの厄日だったのかもしれない。

誰にも献身的だったサムは、その献身を止めてしまう。

高圧的だった上司に強気に出て、仕事を放りだした同僚の弱みを握り、休暇を手に入れる。
断り続けた予約を無理矢理ねじ込み、その上客のコネクションで俳優としてのチャンスを手に入れる。

サムの人生のちょっとした変化だ。

観客から見るとサムの愛すべき性質は失われたように見える。
その皮肉な結末をどう楽しめばよいのか。
理不尽な要求などに、いちいち誠実に対応なんてしなくて良いという事が。

自分は終盤戸惑ってしまった。
何だかこの物語から迷子になった気分で終演を向かえた。
日本人の自分には理解出来ない感性の話だったのかもしれない。

それにしても成河さん、しゃべりぱなしかつ動きまくり。
特に感心したのは、あの雑然としたセットの中を、実に効率的に動くことだ。
様々な小道具を操りつつ、何役も演じ分けながら。

もちろん成河さんの天性の勘の良さもあるが、演出と役者の膨大な稽古の積み重ねだろう。

カーテンコールの最後に演出の千葉さんが紹介されて、最後列で恥ずかしそうにしていた。

« 美術館顛末 | トップページ | 7月の観劇予定 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/73795641

この記事へのトラックバック一覧です: 『フリー・コミティッド』:

« 美術館顛末 | トップページ | 7月の観劇予定 »

リンク

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31