« 六月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『フリー・コミティッド』 »

美術館顛末

Gyou

最近ひと月に一度は美術館に行こうと思っているが、芝居の日程優先でなかなか果たせない。
6月はそれでも3つの展覧会へ行った。

夢二繚乱 東京ステーションギャラリー 
2018年06月15日
 

北斎漫画 うらわ美術館
2018年06月16日
 

暁斎・暁翠伝 東京富士美術館
2018年06月24日 

うらわは会期終了前日、富士美術館は会期終了日というバタバタ。暁斎・暁翠伝は前期も行きたかったのに。反省。
と言いつつ太田記念美術館の「江戸の悪」は、前期は行かれず。後期のみの鑑賞となりそう。

展覧会は3つともとても良かった。

インスタに載せましたが、最終日の富士美術館「暁斎・暁翠伝」アクシデントに見舞われました。
東京富士美術館、八王子からバス。都内に住んでいても一時間半はかかる。
でも行く。バス降りて美術館の前に行くと、中から人がぞろぞろ出てきて「閉館中」の文字。

入り口で案内をしていた美術館の方曰く「群馬の停電の影響で市が停電、急遽閉館」とのこと。
見に来ていた人のTwitterを検索すると、非常電源で頑張ってたがついに閉館になった模様。
あと一時間早く来ていれば…。

八王子夢美術館に移動しようかと思ったが、まぁ復旧するだろうと考え待つ事に。
カフェは幸い開いていた。電気無いので当然限られたメニューだが、お店の方々の心遣いが嬉しい。
「まだですかね」なんて近くの人たちと話ながらのんびり。

14:15くらいかな?電気がついた!冷房もついた!
入場待ちの列ができていたので、少し待って開場へ。

まずは妖怪の描かれた広大な幕がお出迎え。
新富座妖怪引幕です。ココですでに圧倒。

撮影OKな絵も有り。

娘の暁翠の絵についてはほぼ初めての鑑賞。
女性らしい美しい美人画、父譲りのユーモラスな絵と、多岐に渡る作品を見られた。
二の足踏んでた川口の記念館にもちゃんと行こう。

Gyou4

河鍋暁翠『七福神入浴図』
石鹸の宣伝。洒落ててカワイイ。

Gyou2

Gyou3

親子共演。

Gyou5

Gyou1

最後の展示コーナーに暁斎の影響を受けた作品という事で、ワンピースの表紙も有り。
ナミさんポースに注目。元ネタの絵と比べるのも一興。

この美術館、さすがに都心と違い、ゆったりした作り。ベンチもたくさんあるので、休憩しながら見られる。
紙コップの簡単なお茶が飲める休憩室もある。

企画展を見たあとは常設展へ。
こちらも膨大なボリューム。さすがに疲れたので半分くらいしか見られず。

アクシデントに舞われつつも楽しい一日でした。

« 六月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『フリー・コミティッド』 »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/73755123

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館顛末:

« 六月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『フリー・コミティッド』 »

リンク

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30