« こまつ座『たいこどんどん』 | トップページ | 修羅天魔 大千穐楽! »

『酒と涙とジキルとハイド』

『酒と涙とジキルとハイド』
東京芸術劇場

作・演出:三谷幸喜
出演: 片岡愛之助 優香 藤井隆 迫田孝也
Musician 高良久美子 青木タイセイ

面白かったです。とにかく余計な理屈はどうでもよく、ひたすら目の前の芝居を楽しむ。何と健全なことか。
本当におもしろくて、素敵な時間でした。

≪ストーリー≫

舞台は19世紀末のロンドン。 ジキル博士が開発した新薬は、人間を善悪二つの人格に分ける画期的な薬、のはずだった。 それを飲んだジキル博士は、別人格のハイド氏に変身する、はずだった。学会発表を明日に控え、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士。 追いつめられた末の、起死回生の策とは?

完全に笑いに徹した芝居。一辺の迷いも無い。
三谷さんが徹底的にコメディを追求すると、こんなに面白い芝居が出来上がるのだなという感心した。

ジキル博士は自分の別人格ハイドに、他人を仕立てようとし、舞台中央の衝立の後ろで2人は入れ替わる。
余りに馬鹿馬鹿しい手法で、単純明快なのが逆におかしくて仕方ない。
誰がみても別人なのはまる判りなのだが、あっさり騙され、ハイドに恋してしまう婚約者がおかしい。

研究バカだけどちょっと間の抜けたジキル博士は愛之助さん。
その冷静な助手プールに迫田孝也さん。
無理矢理ハイドに仕立て上げられる売れない役者ビクターに藤井隆さん。

素晴らしいコンビネーションで、ちょっとした会話だげも面白い。

唯一の女優さん優香さん。
婚約者のお嬢様イブ役だが、何といっても彼女が最高だった。
薬を飲み、思い込みで別人格になってしまう。エロ可愛い。

愛之助さんんが女形の所作をするサービスシーンも有り。

芝居を彩る音楽が洒落てて素敵だった。
三谷さんの芝居はいつも音楽の使い方が絶妙。

上演時間は2時間切っているだけあり、無駄の全くない良い脚本だった。

« こまつ座『たいこどんどん』 | トップページ | 修羅天魔 大千穐楽! »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/73577246

この記事へのトラックバック一覧です: 『酒と涙とジキルとハイド』:

« こまつ座『たいこどんどん』 | トップページ | 修羅天魔 大千穐楽! »

リンク

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30