« 木ノ下歌舞伎『勧進帳』 | トップページ | いよいよ修羅天魔 »

『江戸は燃えているか』

『江戸は燃えているか』新橋演舞場

作・演出 三谷幸喜
出演 中村獅童/松岡昌宏/
松岡茉優/高田聖子/八木亜希子/
飯尾和樹/磯山さやか/妃海風/中村蝶紫/吉田ボイス/
藤本隆宏/田中圭

新橋演舞場で三谷さんの芝居を観劇。
芸達者揃いなので安心して見てられる。何より楽しかった!
でも少々引っ掛かるものも残った。

場面は一幕二幕通して、勝海舟家の縁側。
西郷隆盛の申し入れで、勝との極秘会談が行われようとするが、肝心の勝はその会談から逃げ回る。
やむなく替え玉をたてる事によって起こる大騒動。
二幕では逆に西郷の替え玉をたてる事になる。

勝が獅童さん、勝の替え玉を務める庭師の平次が松岡さん。

上記の筋なので、一幕は勝の出番は少ない。
逆に二幕途中までは平次の出番が少ない。

替え玉騒動で出ずっ張りなのは勝の娘の松岡茉優さんと、勝の妹の夫である村上俊五郎の田中圭さん。

若い松岡さん、ベテラン俳優相手に大健闘。
村上俊五郎は元・浪士組とのことだが、大河「新選組!」にも登場していた。
京へ向かう途中で山南とひと悶着を起こした人と知り、ようやく思い出した。
ホントに建具師だったのか。

俊五郎は時代の変化の中で鬱屈を抱えつつ、身代わり騒動では機転を利かせて大活躍する。
途中まではこちらが主役の方がよいのでは?と思った。

入れかわりのドタバタ劇を支えるが、勝家の女中かねの高田聖子さんと、山岡鉄舟役飯尾和樹さん。
2人とも上手い。
聖子さん、帰ってきた勝をその場から遠ざける為に誘惑するのだが、変にいやらしくなく単純に笑えるが良い。

勝が屋敷に戻ってからは、獅童さん、魅せる魅せる。
「ただいまおじさん」最高でした。
獅童さんはコメディ上手いですね。
おかげで二幕時間押したが、楽しかったから全然OK。

いまひとつ人物像が見えにくかったのが、もう一人の主役である平次。
歴史が動こうとしている中で、普通の生活を送る庶民。
女と楽しく遊び、お金が大事。気楽に生きているようで、熱くなる事もある。

以下ネタバレ。

平次は最後に女に刺されてしまう。(←反転)

結局歴史が動いている中でも、ひとりの人間の生き死には変わらない。
そんなラストなのかなと思いつつ、なんだか腑に落ちないまま終演を向かえてしまった。

『幕末太陽傳』居残り佐平次の纏う「死の影」か…。
私には残念ながらその辺りがよく判らなかった。

俊五郎の立ち位置ももう少し掘り下げてほしかったかな。

もちろん十分面白かったし、何より楽しかった芝居でしたよ。

« 木ノ下歌舞伎『勧進帳』 | トップページ | いよいよ修羅天魔 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『江戸は燃えているか』:

« 木ノ下歌舞伎『勧進帳』 | トップページ | いよいよ修羅天魔 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31