« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の13件の記事

シネマ歌舞伎@池袋

自分用備忘録。池袋のシネ歌舞伎特集。

シネマ歌舞伎 IN シネ・リーブル池袋2018春

『京鹿子娘二人道成寺』 4/14(土)~4/20(金)

『人情噺 文七元結』 4/14(土)~4/20(金)

『三人吉三』 4/21(土)~4/27(金)

『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』 4/21(土)~4/27(金)

『野田版 研辰の討たれ』 4/28(土)~5/4(金)

『女殺油地獄』 4/28(土)~5/4(金)

『東海道中膝栗毛<やじきた>』 5/5(土)~5/11(金)

『阿古屋』 5/5(土)~5/11(金)

更に4月は蜷川幸雄シアター 2もあるのだった。

『NINAGAWA・マクベス』 4/7(土)~4/13(金)

『身毒丸 ファイナル』 4/14(土)~20(金)

『じゃじゃ馬馴らし』 4/21(土)~27(金)

3本くらいしか見られなそうだ。

『修羅天魔~髑髏城の七人season極』感想その2

『修羅天魔~髑髏城の七人season極』
ステージアラウンド東京

書ききれなかった感想。

極はアオドクロを思わせるネタがちらほら。
天海さんの着物も蓮の柄。染五郎さんの捨之介も蓮の柄。意味があるのかな?

以下、全力でネタバレします。
何度もいいますが、これから見る方は絶対見ないで下さい。

続きを読む "『修羅天魔~髑髏城の七人season極』感想その2" »

フィギュアスケート世界選手権・女子FS

起きて第3グループから見た。
樋口新葉ちゃん格好良いー!
凄い良い演技に一緒に泣いた。

その後4グループ。
カナダのオズモンドが頑張って新葉ちゃん2位。
知子ちゃん、五輪より少し固い印象。でも優雅で大好き。
美しく纏めてくれた。

ザギトワどうした?さすがに金メダリストもお疲れか。
あれ新葉ちゃんメダル確定?

あああコストナー…。あれ知子ちゃんもメダル?

結果

1位  ケイトリン・オズモンド
2位  樋口新葉 
3位  宮原知子

新葉ちゃん知子ちゃんおめでとうございます!
早朝から良いもの見られました。

【追記】男子の方が五輪の疲れで大変そうでした。
ボーヤンのフリー、見てて茫然でした。
友野くん、素晴しい世界選手権デビュー!
ミュージカル曲は演劇ファンとして高揚します。(しかもちょっと芳雄くんに似てる)

『修羅天魔~髑髏城の七人season極』感想その1

『修羅天魔~髑髏城の七人season極』

作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
キャスト 天海祐希
福士誠治 竜星 涼 清水くるみ
三宅弘城 山本 亨 梶原 善
古田新太ほか

修羅天魔行きました。

初見の人も楽しめるけど、今までの髑髏城を見ていたら、より一層楽しめます。
楽しめる所か、あのラストは叫ぶしかない。

絶対ネタバレしないで見た方が良いです。

「髑髏城の七人」という物語には、本当に力がありますね。
時間軸同じの平行世界のようだけど、それでも髑髏城の七人。
天海さんが格好良いのはもちろんだが、皆さん素敵。

特に川原さんのファンの方は、何をおいても見に行くべき。
(原さんも美味しい役)

昨年の花から一年以上、アクション監督として大変だったであろう川原さんの苦労に、制作陣が全力で報いたと思える、良い役でした。

以下、全力でネタバレします。
何度もいいますが、これから見る方は絶対見ないで下さい。

続きを読む "『修羅天魔~髑髏城の七人season極』感想その1" »

NTLive『エンジェルス・イン・アメリカ』

NTLive『エンジェルス・イン・アメリカ~第二部ペレストロイカ』

コレド室町の東宝シネマズにて。
劇場よりはるかに環境の良い映画館とはいえ、4時間超えは体力気力が試される。
10年前、tptで一部二部通してみた自分を誉めたい。

続きを読む "NTLive『エンジェルス・イン・アメリカ』" »

渡部暁斗選手がW杯総合優勝!

ノルディック複合 渡部暁斗がW杯総合優勝 23シーズンぶり

オリンピックでは悔しい思いをした、暁斗選手、おめでとうございます!
スポーツニュースでしか見られなかったけど、とても嬉しい。

今回の冬季オリンピック、凄く楽しかったので、活躍した選手の姿をまた見られるのが幸せ。

小平さんの、選手村での羽生くんとのエピソード、可愛くてほのぼのした。
小平さん、ホント素敵な女性。

プロ野球の始球式も冬アスリートの方が登場されますね。
宮原知子ちゃん、オリックスの始球式だー!
楽天、羽生くんちょっと期待したが、それよりも怪我を治して、少しでも長く氷の上で活躍して欲しいです。

「99.9」最終回

最終回の真犯人役が成河さんだったー!

マツジュンと香川さんコンビがどんどん息が合ってきて楽しいドラマですが、片桐はいりさん、根岸季衣さんなど最終回のゲストが色々ツボでした。

何といっても三浦大輔さん!
スレッジのサヨナラHRで興奮する、ベイスターズファンの役で出演。
テレビ見てて、「番長が!」と吹きました。

事件については、防犯カメラの時間ズレとか、真犯人の証言とか、それ最初の捜査で見逃すのはちょっと無理が無いか?と突っ込みたくなったが、成河さん上手かったからいいか。

退場シーンで神経質に椅子直す所とか、犯人の性格の気持ち悪さが印象的で良かったです。

前回シリーズのヒロインだった、榮倉奈々さんも少しだけ登場。
テンポ良くて、楽しい最終回でした。

いよいよ修羅天魔

いよいよ髑髏城のラスト、修羅天魔です。
上演時間発表になりましたね。

まず2幕の時間を見て、何だ短いじゃないか(今まで1:50とか1:55とか2:00とか…)、と思ったら、1幕が長かったというオチ。

1幕 : 1時間50分
休憩 : 20分
2幕 : 1時間35分
合計 : 3時間45分(予定)

3月中に一度行きます。
楽しみだー!

『江戸は燃えているか』

『江戸は燃えているか』新橋演舞場

作・演出 三谷幸喜
出演 中村獅童/松岡昌宏/
松岡茉優/高田聖子/八木亜希子/
飯尾和樹/磯山さやか/妃海風/中村蝶紫/吉田ボイス/
藤本隆宏/田中圭

新橋演舞場で三谷さんの芝居を観劇。
芸達者揃いなので安心して見てられる。何より楽しかった!
でも少々引っ掛かるものも残った。

続きを読む "『江戸は燃えているか』" »

木ノ下歌舞伎『勧進帳』

木ノ下歌舞伎『勧進帳』
神奈川芸術劇場・大スタジオ 2列目(自由席)

監修・補綴:木ノ下裕一 演出・美術:杉原邦生
出演:リー5世、坂口涼太郎、高山のえみ、岡野康弘、亀島一徳、
重岡漠、大柿友哉

歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』は、 上演頻度の高さからもその人気が伺える、 歌舞伎の代名詞的演目です。
木ノ下歌舞伎では2010年に杉原邦生[KUNIO]の演出・美術で初演した後、満を持して2016年に完全リクリエーション版として再上演。監修・補綴の木ノ下裕一がその成果に対して平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞するなど、高い評価を得ました。
一般的に「義経一行の関所越えを描いた忠義の物語」とされる勧進帳を、〈関所=境界線〉として読み解き、国境・現在と過去・主と従・観客と舞台…… といった現代社会を取り巻くあらゆる〈境界線〉が交錯する、 多層的なドラマへと再構築したキノカブ版『勧進帳』。
現代演劇の手法で古典の可能性を探る木ノ下歌舞伎の代表作がいよいよ関東初上演です!

初・木ノ下歌舞伎。   
80分ノンストップの舞台。時間のたつのが驚くほど早かった。

続きを読む "木ノ下歌舞伎『勧進帳』" »

『相棒 season16~少年A』

先週の予告編の時から騒然としていた、16歳の加藤清史郎くんの『相棒』出演。

子役時代のイメージが強いから、時の流れを感じる成長にびっくり。

清史郎くん、season11「BIRTHDAY」(古沢良太さん脚本)にも出演済。
5年前か…。この回も面白かったですね。

最近はゲストが別の役で再登場する事も多いが、これだけ長く続いていれば仕方無いか。

スートリーは「誰も知らない」や過去の相棒「通報者」を彷彿とさせるが、清史郎くんと弟役の俳優さんが上手いので引き込まれる内容だった。

伊丹刑事の「犯人にはきっちり償わせる。こんな事くらいしか出来なくてすまん」(台詞ウロ覚え)、格好良すぎ。
イタミン、やはり素敵だわ…。
ひたすら伊丹刑事の魅力満載な回とか見たい。

相棒も来週最終回か。
今シーズンは初回の中村俊介さんゲストから、自分の中では大変盛り上がったseason16でした。

『岸 リトラル』

『岸 リトラル』
シアタートラム F列
18:30開演 22:00終演

脚本:ワジディ・ムワワド  
演出:上村聡史
出演:岡本健一 亀田佳明 栗田桃子 小柳友 
鈴木勝大 佐川和正 大谷亮介 中嶋朋子

青年ウィルフリードはある夜、ずっと疎遠だった父イスマイルの死を突然知らされる電話をとった。彼は死体安置所で変わり果てた姿の父親と対面する。ウィルフリードは自分を生んですぐにこの世を去った母ジャンヌの墓に、父の亡骸を一緒に埋葬しようと決意するのだが、母の親族たちから猛反対される。どうやら、彼の知らない父と母の関係があるようだ。その語られなかった封印された父母の過去とは何なのか? 突如起き上がった父の死体とともに、内戦の傷跡がいまだ癒えぬ祖国へ向けて、奇妙な父子の旅がはじまる……。

上演時間確認してなかったので、劇場に着いて時間の長さに唖然。
金曜のチケットで良かった…。

『炎 アンサンディ』と同じ脚本家の作品。
残念ながら評判の良かった『炎 アンサンディ』を見ていない。(チケット、引取り忘れて流した。)

若かりし頃の戯曲とのことだが、確かにとっちらかった印象で無駄に長い。
でもその洗練されてなさが、面白くもある芝居。
ちょっと見る方に体力が凄く要るが。

続きを読む "『岸 リトラル』" »

2018年3月の観劇予定

冬季オリンピックに夢中になっている内にもう3月。
3月は何といっても修羅天魔。
豊洲の劇場に対してはストレス溜まりまくりなのですが、芝居はもの凄く楽しみです。

古田新太さんの天魔王が見られる!
福士くんを新感線で見られる!

3月の観劇予定です。

『岸 リトラル』シアタートラム

木ノ下歌舞伎『勧進帳』神奈川芸術劇場

『江戸は燃えているか TOUCH AND GO』新橋演舞場

『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 IHIステージアラウンド東京

劇団青年座『砂塵のニケ』青年座劇場

初・木ノ下歌舞伎です。 期待大。

他にNTLive『エンジェルス・イン・アメリカ』も観る予定。
オフィスミヤモト『ブラインド・タッチ』、新派『怪人二十面相』、『三月大歌舞伎』は検討中。

先月は全然美術館へ行かれなかったら、今月見たい展覧会がたまってしまった。

「ヘレンド展」汐留ミュージアム  3/21(水)まで
「歌川国貞展~錦絵」静嘉堂文庫美術館 3/25(日)まで
「江戸の女装と男装」浮世絵 太田記念美術館 3/25(日)まで

2泊3日で温泉も行く予定。

先月は大雪の中、新潟・南魚沼市の六日町温泉へ行きました。
六日町は例年より雪が少ないそうで、良い感じにちらついて、雪見温泉出来ました。

今月から野球もはじまりますし、いよいよ春という感じです。

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31