« 相棒に成志さん! | トップページ | 『近松心中物語』 »

『マタハリ』

『マタハリ』
東京国際フォーラム ホールC (東京都)

劇作・脚本 アイヴァン・メンチェル
作曲 フランク・ワイルドホーン
作詞 ジャック・マーフィー
翻訳・演出 石丸さち子(訳詞)
出演 柚希礼音 加藤和樹(アルマン役) 佐藤隆紀(Wキャスト) 百名ヒロキ(Wキャスト)
栗原英雄 和音美桜 福井晶一 他

物語は1917年、第一次世界大戦下のヨーロッパが舞台。
パリではオリエンタルなダンスで人々を虜にしているダンサーがいた。
名はマタ・ハリ。
フランス諜報局のラドゥー大佐は、ヨーロッパをまたにかけ活躍するマタに目をつけ、スパイになるよう圧力をかける。同じ頃、マタは戦闘機パイロットの青年アルマンと出会い恋に落ちるが、実はそれもラドゥーが仕掛けた罠で…。

『メンフィス』で栗原英雄さんの素晴らしさに気付き、チケット確保。
出番、めちゃめちゃ少なかった…。
芝居そのものが面白ければ良かったが、どうにも乗り切れないまま終演。

以下、辛口ネタバレなので要注意。

久し振りに一幕で帰ろうかと思いました。

恋愛ものとしても、戦争ものとしても何だか中途半端。
出てくる登場人物の造形も薄い。
こんな脚本で良いの?
幾らでも面白くなりそうな題材なのに。

主要キャラは3人。マタ・ハリ。彼女をスパイとして利用かるラドゥー大佐。マタ・ハリと恋に落ちるアルマン。

アルマンは実マタを監視する目的で彼女に近付くのだけど、仲間に彼女を襲わせ、そこに助けに入る(結局殴られて散々とはいえ)って…。随分と陳腐すぎる手段でびっくり。

陳腐といえば戦場で行方の判らないアルマンの情報のかわりに、マタに関係を迫るラドゥー大佐にも、何だかがっかりした。

マタとアルマンの恋も、戦時下なのだからもうちょっと緊張感持って欲しい。
幾ら恋しくても、偽造パスポートで無断で国外出るとか、自ら墓穴を掘っている。

だから最後にマタが二重スパイとして捕らえられても、余り悲劇性を感じられない。

そして何故か国境超えして裁判に乗り込むアルマン…。

唯一好きだったのは、和音美桜さん演じたアンナ。歌も素敵。

演出は予算少なそうな中、国旗が描かされたプレヒト幕を使って、スピーディーに場面を進めたりと頑張っていた。
マタハリ役の柚希さんは凄いプロポーションで綺麗だった。

でも決定的に脚本が…。

曲は迫力ある良いものが多いので、多分歌のパワーで押し切ってしまえば、脚本の薄さもカバー出来たのだろう。
決して歌が下手という訳では無く、繊細な歌唱力よりバズーカー歌唱でなら無理矢理納得させられたかな、と。

辛口で申し訳ありません。

« 相棒に成志さん! | トップページ | 『近松心中物語』 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マタハリ』:

« 相棒に成志さん! | トップページ | 『近松心中物語』 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31