« ミュージカル『メンフィス』 12/7 マチネ | トップページ | ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ »

『髑髏城の七人』Season月~上弦の月

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月~上弦の月
ステージアラウンド東京 24列10番台

作 中島かずき
演出 いのうえひでのり

出演
捨之介/福士蒼汰
天魔王/早乙女太一
無界屋蘭兵衛/三浦翔平
兵庫/須賀健太
霧丸/平間壮一
極楽太夫/高田聖子
狸穴二郎衛門/渡辺いっけい ほか

まとまりがあって芝居として面白いのは下弦だけど、各キャラクターの作りは上弦が好み。ただ上弦はバランスが悪いのが残念。
三浦蘭良かったー!崩した物言いをしつつも、走り方等きちんと武士の所作。
それだけにあの衣装はどうにかならないのか…。

捨之介の福士くん、は頑張っていた。霧丸への接し方、蘭兵衛への接し方、丁重に演じようとしている。
でもやはり経験不足が見えてしまう。
ソワレで疲れていたのか、後半どんどん声が小さくなっていく。

太一くんの天魔王、役の造形は面白い。女性的で自己顕示欲強そう。
でもこちらも台詞が聞き取りずらい。
特に怒鳴る台詞になると声が割れてしまう。

なので二幕の肝心の捨天の場面、何言っているかが判りにくい。
(一応私の聴力は、検査では問題無しの筈)

自分は下弦を先に見ているし、戯曲本も購入済なのだが、はじめて見る人は台詞が理解出来ないのではないか。

天魔王は言い回しが難しそうな台詞が多い。
過去の天魔王の役者さん、みなさん台詞が明瞭だったと再認識。

須賀くんの兵庫も頑張ってるし、高田さんの太夫はやはり上手い。
高田さんは予想より若々しかったが、ちょっと年齢差がありすぎる。

兵庫と霧丸、もう少しキャラクターに差があると良いのに。

はじめて見た三浦くんの蘭兵衛、素敵でした。ドラマとか余り見ないので、ホントに初かも。
男らしくて無界の里の長としての貫録も十分。
捨之介との関係、太夫との関係、いずれも良い。

全体的にいまひとつまとまりが無い印象だったが、2月まで公演期間はあるので良い方向にかわっていくと思う。

高田さん、羽野さんと月の2人の太夫、声がよく通り、歌もきちんと伝わってくるのはさすがでした。
羽野さん若いから、三浦蘭となら恋愛設定いけそう。
花の時から何度も書いているけど、ステアラは音がよく無いというか、声が通りにくい劇場なので元の声質の良さが重要になってくる。

音響は花よりは格段に改善されている。花は本当に大変そうだった。花の二郎衛門の近藤さんのラジオによると、稽古と声の出し方変えないといけなくなったみたいだし。

音楽に関しては、月が一番良かった。

月はおそらくチャレンジ枠で、それはそれで面白いのだが、ならばワンピース歌舞伎の若手の日のように値段を下げて欲しい。(猿之助さんの怪我でほぼ若手公演になったが)
みな頑張っているとは思うが、花鳥と同じチケット代なのは納得出来なかったです。済みません。

上弦は今回のみ。
下弦は2月に再観劇します。

【追記】
上弦の月、捨之介と蘭兵衛の関係性は上弦が凄く好きなので、もう一回見たくなってきた。
ライブビューイング、当たるかな。

« ミュージカル『メンフィス』 12/7 マチネ | トップページ | ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『髑髏城の七人』Season月~上弦の月:

« ミュージカル『メンフィス』 12/7 マチネ | トップページ | ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31