« ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ | トップページ | どうかしている »

太陽のかわりに音楽を。

オールナイトニッポン50周年記念舞台
『太陽のかわりに音楽を。 』 博品館劇場

君が踊り 僕が歌うとき 新しい時代の夜が生まれる。
太陽の代わりに音楽を、青空の代わりに夢を。
フレッシュな夜明けをリードする オールナイトニッポン

演出:ノゾエ征爾
脚本:正岡謙一郎
企画:小西マサテル

出演:
別所哲也
宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)
高田翔(ジャニーズJr.)
小松利昌 西原亜希 
成清正紀(KAKUTA) 川上友里(はえぎわ)
蒼乃菜月


別所さん出てるからの軽い気持ちで観劇。
開演前、客席の平均年齢が余りに若くて居たたまれなくなるが、老いも若きもほっこりと幸せな気持ちで帰れる舞台だった。

日本人なら誰もが知ってる、オールナイトニッポン。
この芝居はその創世記、丁度50年前の物語。

youtubeで人気の音楽大好きな若者トロイ。だがラジオのパーソナリティの仕事は乗り気では無い。
そんな彼が50年前のラジオ局に行ってしまい…という内容。

50年前はまさにオールナイトニッポンの創世記。
別所さん演じる糸居五郎は深夜に洋楽をかけまくる。
当時は時間の計算をするのに算盤使ってるとか色々新鮮。
リスナーはハガキを出したのよ。お金もかかるのよね。
そっとレコードを扱う、五郎とトロイの手の動きが素敵。

今テレビでも昭和のドラマが色々放送されている。
再来年の大河は東京オリンピックが題材。
この芝居もたった50年前が舞台だけど、今見ると別の世界みたいだ。
昭和を扱った題材がもっと増えると良いな。

東海林のり子さん、旧姓青羽のり子さんも登場。当時はニッポン放送のアナウンサー。
東海林のりこさん、若い人知ってるかな。

ジャニーズJr.の2人、可愛いし頑張ってる。
名前も顔も覚えたので、今後テレビで見たら注目しよう。

終演後の挨拶でもほんわかした雰囲気で、チームワークの良さを感じた。

« ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ | トップページ | どうかしている »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽のかわりに音楽を。:

« ミュージカル『メンフィス』 12/11 ソワレ | トップページ | どうかしている »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31