« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の13件の記事

大丈夫なのか、ステージアラウンド

本日の『髑髏城の七人~下弦の月』公演中止とのこと。

風に続いて2回目。
特殊な機構な分、リスクもあるだろうが、さすがに立て続けなのはね…。
舞台は一期一会。本日観劇の方、特に遠征で来た人は悔やんでも悔やみきれない。

明日は休演日。何とか頑張って再開して欲しいが、本当に安全第一であって欲しい。
自分もすぐに観劇予定ですが、まぁ都民なので最悪どうにもでなると思ってるが、実際劇場に居たらやり切れ無い。

それに遠征の人と一緒なのです…。

改めてステアラの良さって何なのかと思う。

続きを読む "大丈夫なのか、ステージアラウンド" »

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
世田谷パブリックシアター 一階後方

原作トム・ストッパード
演出小川絵梨子
出演生田斗真、菅田将暉、林遣都、半海一晃、安西慎太郎、田川隼嗣、林田航平、本多遼、章平、長友郁真、松澤一之、立石涼子、小野武彦

ロズギルを見るのは今回で5回目。

続きを読む "『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』" »

『スーパー歌舞伎 ワンピース』4回目

『スーパー歌舞伎 ワンピース』
新橋演舞場 一階前方花道近く

先週観劇。感想が進まないうちに演舞場公演も残り僅かになってしまった。

『ワンピース歌舞伎』、本当に迷いの無い舞台。

舞台から発せるとんでもないパワー。
細かい事はどうでも良い。
面白くて格好良くて、ただただ楽しい。

先日花道近くで見て、衣装の細かさに改めて驚かされた。
「偉大なる世界」を読んだが、色々な試行錯誤があったのですね。
インタビュー等余り読んでなかったので、はじめての話ばかりで興味深い。

サンジの鬘、もう少し髪質がふわふわしている方が綺麗なのにと思ってたら、あの重い前髪にはちゃんと意図があった。

各キャラクターの役者さんの役への作り込みと、衣装が見事にマッチしている。

衣装は劇団☆新感線の竹田団吾さん。
矢絣のメイドちゃんとか、看守の着物とスーツを合わせたような衣装とか、新感線の舞台でも見た造形。

甲冑の上に原作でもおなじみの正義のマントとか、アイデアが面白い。

ルフィの登場場面の衣装、襟元に何色も入っているのは、麦わら一味のイメージカラーとは。
仲間と別れてその色が無くなった衣装のルフィを見ると、改めてこの一味は「疑似家族」だと思う。
初演から、今回の上演時までに原作でサンジくんの出生の話が書かれている事を思うと余計に。

原作を受けてか、サンジくんの名乗りの台詞も変わった。

「美女に弱いが玉に瑕」が無くなったのは残念だが、今の「大恩受けしジジイから教え込まれた足技と 夢を受け継ぐMr.プリンス」は凄くサンジくんらしい。(台詞は間違っていたらごめんなさい)

演出もさらに進化。
基本となる歌舞伎の技法や、猿翁さんがスーパー歌舞伎で作り上げた手法を元に、もっとパワフルで、更にアニメっぽい感も強くなっている。

舞台の使い方が立体的。
シンプルにセリが上がったり、廻り舞台を使ったりするのが、視覚に訴え、とても効果的。

平さんのシャンクスの登場場面とか、ただ廻り舞台に乗って出てくるだけなのに、腰が抜けるほど格好良い。

平さん、体の使い方がとても上手くなった。(上から目線で済みません)
隼人くんも、初演の時より殺陣がキレキレ。

脚本、演出、役者、スタッフ。たくさんの人の知恵と技術と思いが、このとんでもないエンターティメントな舞台を創り上げたのだろう。

観劇が好きという方に、ぜひぜひ見て欲しい舞台だ。

難しい事はどうでも良い。ただ楽しむ!

『髑髏城の七人 Season月』上演時間

月髑髏の上演時間が発表されたのだが、2幕が2時間超え…。

1幕 : 1時間30分
休憩 : 20分
2幕 : 2時間5分
合計 : 3時間55分

花鳥から随分長くなってます。(確か3時間半だった)

風と月のソワレ開演が6時で、仕事帰りに行かれない!と思っていたが、6時開演でないと無理な上演時間ですね。

自分の観劇は上弦下弦とも12月に入ってなのですが、これは体調を十分に整えて観劇に挑まなければ。

ロズギル1994年版

Kimg1826_2

Kimg1825

先日現在上演中の『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を見てきました。懐かしくなって捜索したら、古田&生瀬版1994年上演時のパンフが出てきました。
古田&生瀬版は1994年、1997年、1999年の3回の上演の筈。(間違っていたら済みません)またパンフ探してみます。
ロズギルの台詞が全て関西弁という、この組み合わせならではの試みでした。

さすがに昔過ぎて記憶が薄。

今回の感想はまた別途…。

11月紅葉の旅(裏磐梯)

01

11月頭の連休は裏磐梯の温泉へ。
3月にも行った裏磐梯レイクリゾートに行ってきました。

3月もスキー客が多かったのですが、この時期も紅葉目当てなのか、結構混んでました。

02 03

2日目はホテルの近くの諸橋近代美術館へ。
ダリのコレクションで有名です。

予想以上に充実した美術館でした。
敷地も広く、建物の外観も素敵。
冬場はクローズなので行かれて良かったです。

04 05

帰りは五色沼を見てホテルへ。

3日目は紅葉ツアーに参加。

07 06

08 09

福島県迎賓館~土津神社~達沢不動滝と回りました。

今年はお天気が不安定なので、綺麗に赤くならないそうです。
それでも色づく木々は綺麗でした。

10

でも紅葉は無いけど、達沢不動滝がとても良かった。
勇壮な男滝と優美な女滝 が好対照を見せる滝。
自然の力を感じられました。

写真は男滝。虹が見えました。

今度は春に来たい、裏磐梯。
桜の風景が見たい。

『髑髏城の七人 Season極』発表

劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】天海祐希治 福士誠治 竜星涼 清水くるみ治 三宅弘城 山本亨 梶原善治 古田新太 他

2018年3月17日(土)~5月31日(木)/東京・IHIステージアラウンド東京

http://www.tbs.co.jp/stagearound/shuratenma/

ようやく情報解禁。
天海さんと古田さんで新作髑髏城。

女性のスナイパーって格好良いよね!(ハガレンのホークアイ中尉好き)

福士誠治くんだー。ようやく初新感線。
福士くんエース好きだったので、ワンピースに出ないのは寂しいが。

清水くるみさん、乱鶯良かったから楽しみ。
三宅さん、亨さん、善さんも!

善さん、鳥の二郎衛門、役が小さくなった感じで不満だったので、再登板嬉しい。

どんな作品になるか期待と不安が…。
天海さんの体力、もちろん古田さんの体力も心配要素。

川原さんのお名前がある!原慎一郎さんも出るという事は歌多め?福士くんも歌えるしね。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season極』発表" »

てがみ座『風紋 ~青のはて 2017~』

てがみ座 第14回公演『風紋 ~青のはて 2017~
赤坂RED/THEATER

作:長田育恵
演出:田中圭介
出演:福田温子、箱田暁史、石村みか、岸野健太、佐藤誓、山田百次、瀬戸さおり、実近順次、峰崎亮介、神保有輝美

3度目のてがみ座。長田育恵さんの脚本に惹かれて観劇。

宮沢賢治が主人公の舞台だか、その生涯を辿るといった物語ではなく、ほんの数日間の物語。
それは賢治が死ぬ、数か月前の出来事。

長田さんの脚本は、登場人物全てに優しい視点が注がれていて、主張をしすぎないのが私は好きです。

続きを読む "てがみ座『風紋 ~青のはて 2017~』" »

『髑髏城の七人』追記

花・鳥・風と見て気になった点。

花鳥風というか、ワカの時からずっと気になっていた点。
一度感想にも書いたかもしれない。

以下、好き勝手書いているので、不快な方はスルーでお願いします。

続きを読む "『髑髏城の七人』追記" »

『ロッキー・ホラー・ショー』

『ロッキー・ホラー・ショー』
Zeppブルーシアター六本木 12列下手

脚本・作詞・作曲:リチャード・オブライエン
演出:河原雅彦
訳詞・音楽監督:ROLLY
振付:牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)

古田新太:フランク・フルター
小池徹平:ブラッド
ISSA:リフラフ
ソニン:ジャネット
上木彩矢:マゼンダ
アヴちゃん(女王蜂):コロンビア
吉田メタル:ロッキー
東京ゲゲゲイ(BOW・MARIE・YUYU・MIKU)・戸塚慎・若井龍也・佐藤マリン:ファントムたち
ROLLY:ナレーター
武田真治:エディ&スコット博士

ROLLY(Gt)、武田真治(SAX)、大塚 茜(Key)、
女王蜂【ひばりくん(Gt)、やしちゃん(Ba)、ルリちゃん(Dr)】、ながしまみのり(Key)

初のZeppブルーシアター六本木にして最後の訪問。
駅から遠いのね…。
昼間原宿にいたので、安易に乃木坂で地下鉄下車して歩いたのだが大失敗。
遠いし道判らないし辿り着けないかと思った…。

ようやく到着したZeppブルーシアター六本木は、凄い熱気に溢れていた。

続きを読む " 『ロッキー・ホラー・ショー』" »

『髑髏城の七人』 Season風 感想まとめ

劇団☆新感線 『髑髏城の七人』 Season風
IHIステージアラウンド東京 前方上手

作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
出演 松山ケンイチ / 向井理 / 田中麗奈 / 橋本じゅん / 山内圭哉 / 岸井ゆきの / 生瀬勝久 / 他

9/18、10/28、11/1、ライブビューイングと観劇した風髑髏。
見れば見るほど嵌っていった。

開幕当初は実は物足りなさも感じた。
花、鳥ときて、いい加減見ているこちらも髑髏城の七人という物語に飽きがきているのかとも思ったが、そんな事は無かった。

11/1が最後の観劇、席も一番後方でしたが、何だか物語世界にどっぷりと浸っていた。
一人二役設定の良さを改めて感じる髑髏城だった。
風も生きる力が感じられる結末なのが嬉しい。

以下、11/1の感想というより、風で自分が感じた事ざっくり感想。

続きを読む "『髑髏城の七人』 Season風 感想まとめ" »

11月の観劇予定

もう11月です。一年が経つのは早いです。

野球が終わってしまう…。毎年この時期は寂しい。
贔屓は楽天ですが、一試合でも多く良い試合が見たい!
とりあえず日本シリーズは6戦目も見られる。
内川も筒香も凄いわ…。

今月の観劇予定です。
11月はワンピース歌舞伎強化月間です。

『髑髏城の七人Season風』 IHIステージアラウンド東京
『スーパー歌舞伎 ワンピース』×3回 新橋演舞場
『ロッキー・ホラー・ショー』Zeppブルーシアター六本木
てがみ座『風紋 ~青のはて2017~』 赤坂 RED/THEATE
『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』世田谷パブリックシアター

『アダムス・ファミリー』アマヤドリは行く時間が無さそう。

10月は雨続きで美術館に行く気力を削がれてました。
12月は観劇ラッシュなので、なるべく今月中に色々巡りたい。
しもだて美術館、行ってみたいけど2時間以上かかるのか…。

アルフォンス・ミュシャ展 しもだて美術館(~11/26)
没後150年記念 菊川英山 太田記念美術館(~12/20)
「はいからさんが通る」展 弥生美術館(~12/24)

10月の観劇は以下の通り。
相変わらずスーパー歌舞伎と髑髏城の日々です。
再観劇した『オーランドー』、素晴らしかった…。

『スーパー歌舞伎 ワンピース』×2回 新橋演舞場
『髑髏城の七人Season風』  ライブビューイング
『髑髏城の七人Season風』 IHIステージアラウンド東京
『トロイ戦争は起こらない』 新国立劇場
『ヘドウィグアンドアングリーインチ』 シアターオーブ
『オーランドー』 新国立劇場
『霊験亀山鉾』国立劇場

11月は紅葉・温泉旅も行く予定。

11/1ソワレの贋鉄斎@風髑髏

取り急ぎ本日のじゅんさんの贋鉄斎。

捨之介との本当の名前のやり取りの後。

「5人目の捨之介か」
「4代目と言えば」
贋・捨「猿之助!」
「猿之助さん、頑張れー。ワンピース歌舞伎、頑張れー」
スーパータンバリン持ち出し、捨之介に渡す。
贋・捨「ファーファー、ファーファー(TETOTE熱唱)」

うろ覚えですがこんな感じ。
タンバリン出すの、もう少し早かったかも。

じゅんさん最高だ。
マツケンもシャンシャンしてた。

風、更に良かったです。今日は物語世界にどっぷり浸りました。

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31