« 楽天シーズン終了 | トップページ | 祝!BANANA FISHアニメ化 »

『霊験亀山鉾』

国立劇場十月歌舞伎公演『霊験亀山鉾
国立劇場 大劇場

作:四世鶴屋南北
監修:奈河彰輔
補綴:国立劇場文芸研究会

出演:片岡仁左衛門、中村歌六、中村又五郎、中村錦之助
片岡孝太郎、中村歌昇、中村橋之助、中村梅花、片岡松之助
上村吉弥、坂東彌十郎、中村雀右衛門、片岡秀太郎 ほか

台風の中、国立劇場へ。
仁左衛門さん出て来た時の客席の沸き方が凄い。

古典の復活狂言。国立劇場ならではの通し狂言。
以前上演したものは未見。
新作歌舞伎も面白いけど、古典の復活はまた違った味わい。

今回はイヤホンガイドを借りて、万全の態勢で挑みました。

美しくかつ残虐な物語だが、もっと南北らしいこってりさがあると思ったら、意外に薄味。
登場人物の造形、物語における役割はしっかりしているので、もう少し脚本を煮詰めて欲しい所。
やや構成が弱いというか…。
特に序幕が筋を追うだけになっているのが残念。

それでも仁左衛門さんの悪の二役の格好良さを、ただ楽しむだけでも見応えがある。
殺人の限りを尽く水右衛門。
棺桶が割れて登場する場面は、舞台美術との調和もあり退廃的で美しい。

よく考えると水右衛門、余り強くない。
毒を飲ませてだまし討ちとか、落とし穴掘ってだまし討ちとか、悉く卑怯。

錦之助さんの白塗りの源之丞、実にハマり役。
又五郎さんの実直さも良い。

でもでも仁左さまに尽きる。
登場した時の圧倒的に華、客席の湧きっぷり。

本当に仁左さま、格好良かったです。

« 楽天シーズン終了 | トップページ | 祝!BANANA FISHアニメ化 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『霊験亀山鉾』:

« 楽天シーズン終了 | トップページ | 祝!BANANA FISHアニメ化 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31